『なつぞら』第147回 感想~千遥、離婚を決意。

スポンサーリンク

第147回(第25週)「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

なつ(広瀬すず)は、去り際に父親の手紙を千遥い渡す。
千遥は手紙を読んで思わず涙するのだった。
次の日曜日「大草原の少女ソラ」を見ている柴田家や千遥たち。
牛の乳搾りのシーンでは、千夏(粟野咲莉)も優(増田光桜)も乳搾りをしたいと言いだす。
千遥は乳搾りをしたことを思い出す。

なつは目玉焼きを作るシーンにこだわった。
色、匂い、全てにこだわったそのシーンは視聴者にも大反響で、たくさんのファンレターがきた。
その頃、料理屋では千遥の姑(浅茅陽子)がやってきた。
夫はも帰ってこないと思うという千遥。
そして「お話があります。」と・・。

場面変わって、千遥と千夏(粟野咲莉)が、再びマコプロダクションを訪ねてきた。


こだわったシーンが即反響!!
時間が無いんです。
もう10日もないんです。
目玉焼きって良い匂いする?
とか
わざわざ目玉焼きのことをファンレターに書く?
とか
もう10日もないんです。だから仕方ないのよ。

ハイジのチーズは美味しそうだったしねぇ。
ハイジは・・・ホント食べるものが全て美味しそうだった。
当時、黒パンではなく白パンが高級ってのだけはわからなかった。
ワタシは黒パンの方が柔らかく美味しいと思っていたので。
アニメでも黒のほうが美味しそうに見えた(爆)

そういうこだわりがアニメにはある。
それはわかる。
だからこそ、そこにスポットを当てるドラマかと思っていたんですよね。
アニメ作りのターンはやはり面白い。
「たまごが美味しそうに見えない。」
色も関係する!モモッチ。
匂いにつられた下山夫婦が匂いを嗅ぐ。
それだ!においも表現!
ってことでたまご描写完成。
そういうの・・・もっと一杯見たかったなぁ。
そしてそれら全ての手柄がなつのものにならなければ・・・今日のようにチームプレーがあれば。

さて千遥は離婚したい。
でも姑は息子の店だと言っていたので、揉めそう。
放蕩息子なんですかねぇ。
この姑がおしんの”清”みたいな姑に豹変したらややこしい。
最初は店も千夏も取り上げられそうになるけど、咲太郎となつがなんとかしてくれるでしょう。
それがヒロインの最後の仕事かな~。

今日笑ったのは、あんなに愛想の良かった板前さんが、咲太郎やなつらのことを「変な人たち」だと言いきったことかなw

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「なつぞら」感想はコチラ→

主題歌:スピッツ「優しいあの子」

キャスト
奥原なつ・・・・広瀬すず(幼少期:粟野咲莉)
奥原咲太郎・・・岡田将生(幼少期:渡邉蒼)
奥原千遥・・・・清原果耶(幼少期:田中乃愛)
柴田泰樹・・・・草刈正雄
柴田富士子・・・松嶋菜々子
柴田剛男・・・・藤木直人
柴田照男・・・・清原翔(幼少期:岡島遼太郎)
柴田夕見子・・・福地桃子(幼少期:荒川梨杏)
柴田明美・・・・鳴海唯(幼少期:平尾菜々花)
小畑雪之助・・・安田顕
小畑とよ・・・・高畑淳子
小畑妙子・・・・仙道敦子
小畑雪次郎・・・山田裕貴(幼少期:吉成翔太郎)
山田天陽・・・・吉沢亮(幼少期:荒井雄斗)
山田陽平・・・・犬飼貴丈(幼少期:市村涼風)
佐々岡信哉・・・工藤阿須加(子供時代:三谷麟太郎)
大沢麻子・・・・貫地谷しほり
坂場一久・・・・中川大志
神地航也・・・・染谷将太
三村茜・・・・・渡辺麻友
森田桃代・・・・伊原六花
下山克己・・・・川島明(麒麟)
井戸原昇・・・・小手伸也
露木重彦・・・・木下ほうか
大杉満・・・・・角野卓造
亀山蘭子・・・・鈴木杏樹
前島光子・・・・比嘉愛未
茂木一貞・・・・リリー・フランキー
煙カスミ・・・・戸田恵子
仲努・・・・・・井浦新
岸川亜矢美・・・山口智子
語り・・・・内村光良

コメント

  1. 千早太夫 より:

    確かに、事情を知らない人から見たら、間違いなく「変な人」ですよね。

    一見の客5人がいきなり女将さんに自己紹介したり、身の上話をしたり、小料理屋なのに天丼を注文して泣きながら食べたり。
    それに対して女将さんは、見ようによっては引いてるようにも見えるし。
    一歩間違えれば、まるでLIFEです(笑)。

    ところで、たろたろさんは「おしん」も御覧になっているようですが、今回初見ですか?今は佐賀編でしょうか。
    私はリアタイでも今回のも見てはいないのですが、当時社会現象になったのは良く覚えています。

    佐賀編当時、佐賀に嫁入りが決まっていた女性が、おしんを見た父親の猛反対で破談になったとか、佐賀県の関係者がNHKに押し掛けて「佐賀にあんなひどい女性はいないッ」と抗議したとか、そんな具合でした。

    いずれも今では考えられません。
    良くも悪くもテレビの影響力が絶大な時代でしたね。

    • tarotaro tarotaro より:

      千早太夫さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      あんな団体でカウンターを占領するのも変でしたね。
      板前さんは間違ってはいないですね。

      「おしん」は見たり見なかったりです。
      初めて見る回もあれば、見たことがあるような話もあります。
      ウィキペディアを読んでしまったので、だいたいのストーリーがわかっていたので、佐賀編はほぼラストシーンしか見ていないです。
      今週、やっとこさ佐賀から東京に戻ったのではないでしょうか。
      「おしん」シンドロームでしたっけ。
      あの視聴率だと社会現象になりますよねぇ。
      今日は・・・おっしょさんの家にいましたから。