『なつぞら』第133回 感想~”もう行っちゃうの?”からの”ここにいろよ。”って天陽ダダ漏れ

スポンサーリンク

第133回(第23週)「なつよ、天陽くんにさよならを」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

なつが作画監督を務めた「魔界の番長」が放送開始された。
しかし優は怖くてみることができない。
そんな時、神地(染谷将太)がマコプロに移籍するという。
東洋動画は映画に力を入れておらず、自分もテレビに移動させられる。
それならマコプロに行こうと。

その夜、
「マコさんは魔界の魔王だわ。
東洋動画を破滅させる気じゃないの?」

と坂場にこぼすなつ。
坂場は、「大草原の小さな家」の企画を考えていると本を差し出す。
この作品は、なつの力が必要だと言う。
しかしなつは東洋動画を辞めることはできない。
仲さんを裏切ることはできない。
それにもし東洋動画を辞めるなら、アニメーターを辞める。
少しでも優のそばにいたい。

その頃十勝では、天陽が入退院を繰り返していた。
それでも絵を描いているときは幸せそうな天陽。

「靖枝と結婚して良かったわ。
俺は俺でいられる。」
病院を抜け出してきた天陽に明朝には帰るように言う靖枝。
お茶を置いてアトリエを出ようとした靖枝に
「もう行っちゃうの?
ここにいろよ。」
靖枝を抱きしめる天陽

朝チュン

朝まで絵を描き続けた天陽。
藁の上で眠っている靖枝を見る天陽。
涙を拭いながら靖枝を起こす。
やっとこさ、馬の絵を描き上げた天陽は、フラフラ・・・。


天陽くん。相変わらず美しい。
「もう行っちゃうの?
ここにいろよ。」

コレで許してくださいというメッセージかw
ま、ここんとこずっとモヤモヤしていたから、天陽君のシーンは安心してみられたな。
しかも美しいときたもんだ。
今まで抑え気味にしていたけれど、天陽の色気を出しましたってことね。
受け取りました(爆)

天陽君が死ぬのはわかっていたんだけどさ、この様子ではなつは死に目に会えないな。
ま、それが良いかもね。
靖枝の気持ちを考えたら、なつに泣かれて「同志」だったみたいなことを言われても複雑だしね。

今思えば、天陽の兄のキャラが薄かったな~。
なつを仲さんを引き合わせた人物だし、もっと重要な登場人物だと思っていたんだけど、全然違った。
影が薄い。
幼なじみのなつとランチに行くこともほぼなく・・・。

「大草原の小さな家」

番宣をぶちこんできたのかと思ったわw
表紙は十勝の風景に似ていたし、父ちゃんは泰樹に寄せていた(苦笑)
なつがこれをやらんわけはない。
十勝に行って、東洋動画を辞める決心でもするんでしょう。
十勝に行く理由も「馬が見たい」という優の希望ってのに引っかかるんですよね。
そこで天陽くんの亡骸と対面するのか、どうかですが・・・。

今週、天陽君。
そのうち千遥。
あ・・・そうそう。
かみっちが独身だと強調したのは、なんかの伏線かしら?
残り物同士モモッチと結婚させちゃう?

かみっちの独身をイジるなつ。
これも・・・コメディになってなかったなぁ。
残念。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「なつぞら」感想はコチラ→

主題歌:スピッツ「優しいあの子」

キャスト
奥原なつ・・・・広瀬すず(幼少期:粟野咲莉)
奥原咲太郎・・・岡田将生(幼少期:渡邉蒼)
奥原千遥・・・・清原果耶(幼少期:田中乃愛)
柴田泰樹・・・・草刈正雄
柴田富士子・・・松嶋菜々子
柴田剛男・・・・藤木直人
柴田照男・・・・清原翔(幼少期:岡島遼太郎)
柴田夕見子・・・福地桃子(幼少期:荒川梨杏)
柴田明美・・・・鳴海唯(幼少期:平尾菜々花)
小畑雪之助・・・安田顕
小畑とよ・・・・高畑淳子
小畑妙子・・・・仙道敦子
小畑雪次郎・・・山田裕貴(幼少期:吉成翔太郎)
山田天陽・・・・吉沢亮(幼少期:荒井雄斗)
山田陽平・・・・犬飼貴丈(幼少期:市村涼風)
佐々岡信哉・・・工藤阿須加(子供時代:三谷麟太郎)
大沢麻子・・・・貫地谷しほり
坂場一久・・・・中川大志
神地航也・・・・染谷将太
三村茜・・・・・渡辺麻友
森田桃代・・・・伊原六花
下山克己・・・・川島明(麒麟)
井戸原昇・・・・小手伸也
露木重彦・・・・木下ほうか
大杉満・・・・・角野卓造
亀山蘭子・・・・鈴木杏樹
前島光子・・・・比嘉愛未
茂木一貞・・・・リリー・フランキー
煙カスミ・・・・戸田恵子
仲努・・・・・・井浦新
岸川亜矢美・・・山口智子
語り・・・・内村光良

コメント