『なつぞら』第14回 感想~レンタル乳牛は有りか無しか。

スポンサーリンク

第14回(第3週)「なつよ、これが青春だ」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

なつ(広瀬すず)は、学校帰りに山田天陽(吉沢亮)の家に立ち寄り、互いをスケッチする。
天陽の兄は、東京の芸術大学進学したが、天陽は十勝で絵を描くことを選んだ。
なつはずっと十勝にいたい・・・と言う気持ちもありつつ、東京の兄のことも思う。
「兄ちゃんはわたしを捨てたのかもしれない。」

そんななつに天陽と天陽パパはは、農協に勤める剛男のの支援を受けて乳牛を飼い始めたことを報告。
乳牛はよく乳もでる。
そのうち、仔牛を産んで、それがメス牛であれば、レンタルしていた乳牛は農協に返すらしい。
牛の飼料をわけてあげようと、家に戻ったなつは、泰樹に報告。

しかし泰樹は
「その牛は俺とは関係ない。
その牛の世話をすることは許さない。」

となつに言う。

照男曰く
「じいちゃんは農協とうまくいっていない。」
らしい。

その夜、農協から戻った剛男は、泰樹に農協のレンタル乳牛に賛同して貰えるように説得しなければならなかった。
泰樹と剛男の間には不穏な雰囲気が流れる夕食。



じいいちゃんVS農協(剛男)

天陽くんの嬉しそうな顔を見ていると、農協のやり方に問題があるとは思わないけれど、じいちゃんの意見も聞かねばわからんな。
天陽の家は柴田家ほど大きくもないし、乳牛を放牧もできないだろう。
その上、エサも自分ちで作れないとなれば、農協から購入することになるのかな。
肥料も農協から購入・・・ってことでしょうか。
天陽の家は、兄ちゃんを東京の芸大に進学させられるほどの豪農になったってこと?
あれ?天陽君は中卒!?
健気すぎ。
そして冒頭のふたりの
「やっていくか!」
「うんやる!」

ってセリフ。
違和感。
ちょっと狙いすぎではないでしょうか。

そんな天陽曰く、なつの絵は躍動感があり今にも動き出しそう。
ってことでアニメーションか~。
なつが東京に行くきっかけが、スズメの「漫画家になる!」ってのとちょっとかぶっちゃうんだよねぇ。
ちょっとだけ心配。

人の心をかき回す夕見子。
言っていることは幼少時から変わらないのに、ちょっと腹が立つな。
小さいときは小さいだけで可愛いからかな。
小さいだけで可愛いのに夕見子はかなりの美人だったしね。
成長すると、普通の女の子になったのに、妹にいちゃもんつける姿は、イラッとするよね。
夕見子の性格は一貫しているんだけど・・・イライラっとするよね~。
しかも明美ちゃんは「べっぴんさん」でも可愛かったし、ユースケの娘役も可愛かったからな~。
いじめるなよ!って思っちゃうよ。

明日は、泰樹と剛男のバトル!
今まではっきりと泰樹に楯突くことができなかった婿養子。
きちんと自分の気持ちや、農協の考えを伝えることができるのか!?

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「まんぷく」感想はコチラ→

主題歌:スピッツ「優しいあの子」

キャスト
奥原なつ・・・・広瀬すず(幼少期:粟野咲莉)
奥原咲太郎・・・岡田将生(幼少期:渡邉蒼)
奥原千遥・・・・田中乃愛
柴田泰樹・・・・草刈正雄
柴田富士子・・・松嶋菜々子
柴田剛男・・・・藤木直人
柴田照男・・・・清原翔(幼少期:岡島遼太郎)
柴田夕見子・・・福地桃子(幼少期:荒川梨杏)
柴田明美・・・・平尾菜々花(幼少期:吉田萌果)
戸村悠吉・・・・小林隆
戸村菊介・・・・音尾琢真
小畑雪之助・・・安田顕
小畑とよ・・・・高畑淳子
小畑妙子・・・・仙道敦子
小畑雪次郎・・・山田裕貴(幼少期:吉成翔太郎)
山田天陽・・・・吉沢亮(幼少期:荒井雄斗)
山田正治・・・・戸次重幸
山田タミ・・・・小林綾子
山田陽平・・・・犬飼貴丈(幼少期:市村涼風)
居村良子・・・・富田望生
倉田隆一・・・・柄本佑
阿川弥市郎・・・中原丈雄
阿川砂良・・・・北乃きい

語り・・・・内村光良

コメント