「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」 最終話~幸男と神楽に甘いのはテルミーワイ

スポンサーリンク

第9話「絶望の向こう側」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

アレクサンドル・デュマ(仏)「モンテ・クリスト伯」(1841年)

留美(稲森いずみ)は入間(高橋克典)に、息子・安堂完治(葉山奨之)を助けてもらおうと思っていた。
完治は留美が母と知って動揺←近親相●だからな。
入間は生まれてきてくれてうれしかったなどと、優しい言葉を口にして、二人の信頼を得るが、完治を警棒で殴り、土に埋める。
2度も息子を殺す鬼畜・入間。
そして2度も掘り返す土屋(三浦誠己)←土屋は土を掘るから土屋なの?

翌日、留美は入間が完治を助けなかったことを悟る。
絶望する留美に真海が書類を託す。
寺門類殺人事件の記者会見に乗り込み、安堂完治の母であると告白する留美。
そして完治の父は入間公平であること。
DNAの鑑定書を証拠をマスコミに公にした。

生まれてすぐ赤ん坊を遺棄したこと。
昨日、再び入間が息子を殴り殺そうし、遺体遺棄をしようとしていたこと。
それでも息子が生きていると言う。



逃げ出す入間は家に帰宅。
後妻・エリナ(山口紗弥加)はすでに毒を飲んでいた。
入間に先妻、娘を毒殺したことを知られ、息子をおいて出ていけと言われていたからだ。

父・貞吉(伊武雅刀)の部屋には真海がいた。
父を守るために暖(ディーン)を陥れたのか、自分の保身のためにやったのかと問われる入間。
エリナの遺体を見て、入間はまた遺体を埋めようとしていた。




真海(ディーンフジオカ)がすみれ(山本美月)にプロポーズしているとも知らない幸男(大倉忠義)。
真海の家に不法侵入して勝手に晩酌をはじめていた。

入間への復讐が終わり、すみれ、幸男、神楽(新井浩文)を最後の晩餐にご招待。
暖がすみれにプロポーズをしたビデオを流す。

すっかり忘れていたという神楽。
忘れたかったという幸男。
すべてを捨てて真海と結婚すれば復讐を辞めると言われ、真海と結婚するというすみれ。←暖とではなく真海とね!

これで私の計画はすべて終わりです。
お引き取りください。

すごすごと出て行く男二人と幸男に連れられ出て行くすみれ。
火をつける暖。

入間、幸男、神楽は逮捕された。
真海は行方不明。

ラストシーンは海辺にいる真海と愛梨。



神楽と幸男への復讐が手ぬるいままなのはテルミーワイ?

なんでハッピーエンドじゃないの?
「華麗なる」復讐なのに、中途半端~。

ミランは無事で、信一郎とハッピー・・・。
でも、父は廃人で犯罪者、義母が母を殺していた・・。
コレってハッピー?

保身の男・入間は医療刑務所に入ったのは・・・まぁまぁ。
コイツは叩けば埃がでそうだし、息子を二度も殺人未遂しているわけだし。
社会的にも葬れたしねぇ。

でも幸男と神楽は?
神楽、ピンピンしているやん。
逮捕されても、別に殺人をしたわけでもないので、すぐ出所するじゃん。
そもそも、二人は何の罪なんだ?
神楽は賄賂?幸男は??

幸男も神楽も生きているのに寺門だけ死んだ。
しかも二度も父親に殺されそうになった息子が犯人。
かわいそう過ぎるやん!!!!!

原作はスッキリ復讐できたはずなのに。
「シグナル」は原作通りで、「モンテクリスト伯」はなぜ原作を変えたんだろう。
まぁ・・・。
真海とエデが一緒に生きていくのは原作通りだけどさ。

神楽や幸男より不幸になった復讐とは関係のない人間がいる。
留美がいくら感謝したと言っていても、近親相●。←稲森さんの演技だから納得しちゃうけれど、普通ディーンに感謝できないぞ。

なんか、なんかちょっとだけモヤモヤ。
生き地獄を味合わせたいところなのに、神楽も幸男もたくましく生きて行きそう。
全然反省していないだろう。
借金をしてもヤミ金に脅されても、「生きているだけで丸儲け」根性でたくましく生きそう・・。
残念だなぁ。
神楽も幸男ももっと不幸でないと。



すみれに「真海さんと結婚します。」と言われたときのディーンの顔も切なかったね。
「暖」ではなく、「真海」と結婚。
もうそこに愛情はない。
ちょっと切ない。

山口紗弥加の演技が上手すぎて怖かった。
壊れて死ぬ演技・・・。←入間夫妻は顔芸がすごかったw
プチトマトには毒でも塗ってあるのかと思ったよ。
稲森いずみも・・この二人甲乙つけがたいほどの助演だ!

最初は、愛梨・・・どうだろ?
なんて思っていたけれど、すごく良くなっていった!
今日はとても綺麗だった。
でもやっぱり・・・幸男を助けないでほしかった。
ジャニーズだから最終回まで生き残ったのかなぁ?なんて思ってしまったわ。

エイトはすごい目でディーンを睨んでいた。
エイトが第二のモンテクリスト伯になったりしてね。
伊武雅刀の遺産はどれくらいあるのかなぁ?
それによっては復讐できる???
でもね。
エイトだって妾腹だったら殺されていたかもしれないし、父ちゃんのやったことをすべて知れば復讐なんてできないと思いたい。

最初は苦手ディーンの苦手なお芝居だったけれど、復讐が始まるとカタコトっぽいディーンの台詞回しがすごくハマっていたように思う。
ディーンと東出昌大は役を選ぶがハマると跳ねる!
そんな気がした2018年春ドラマ。

見逃したドラマがあるかも?

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

DEAN FUJIOKA 『Echo』

感想はコチラ
「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」 第1話 ネタバレ 感想~ディーンはディーン
「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」 第2話 ネタバレ 感想~ディーンのカタコト日本語がリアルに変わる
「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」 第3話 ネタバレ 感想~記憶力の良い秘書と記憶力が悪すぎる人々
「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」 第4話 ネタバレ 感想~奇跡の黄色いパーカーが欲しい。
「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」 第5話 ネタバレ 感想~ママと呼ばれた日の殺意。
「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」 第6話 感想~母は強し?
「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」 第7話 ネタバレ 感想~幸男には生き地獄を。
「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」 第8話 ネタバレ 感想~視聴率はあてにならない。
キャスト
柴門暖++++++++ディーン・フジオカ
南条幸男++++++大倉忠義
目黒すみれ++++山本美月
守尾信一朗++++高杉真宙
安堂完治++++++葉山奨之
入間未蘭++++++岸井ゆきの
江田愛梨++++++桜井ユキ
土屋慈++++++++三浦誠己
寺角類++++++++渋川清彦

神楽清++++++++新井浩文
ファリア真海++田中 泯

柴門 恵+++++++風吹ジュン

守尾英一朗++++木下ほうか
入間瑛理奈++++山口紗弥加
入間貞吉++++++伊武雅刀
神楽留美++++++稲森いずみ
入間公平++++++高橋克典

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. なお より:

    昨日は夜中見ました。若い二人のシーンで泣き、すみれに真海さんと結婚しますと言われた時の暖の表情に泣きました。

    探偵の探偵でディーンを好きになりその後の演技があまりにもひどくドラマ見てなかったけど、今回は役に合っていてとてもよかったです。

    色んな人の感想見てみると
    それぞれ解釈が違っていて、なるほどと思うことがあっておもしろいですね(^_^;)
    最終回は消してないのでもう一度見ようと思います。

    夜中に見て寝たら夢にディーン出てきました笑っ

    • tarotaro より:

      なおさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      ワタシは最終回の前の週が一番ドキドキしたかも。
      でも若い二人は自分の手で幸せをつかめそうだし。
      救いはあったのかな。
      すみれと真海のシーンも。

      ただやっぱり印象的だったのは入間家かな。
      高橋克典、山口紗弥加、伊武雅刀。
      もうお腹いっぱいw

      ワタシもディーンは苦手で、多分役を選ぶ俳優であることには代わりないですが、これからも当たり役があるといいですね。
      ディーンの声って西島秀俊の声と似てますね、
      ドラマだと違いがわかるんですが、CMの声だとよく間違えます。