「ミラー・ツインズ」第2話ネタバレ感想~黒幕は高橋克典か石黒賢か?

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→


寺山マル/ミラー・ツインズ
20年前、誘拐されたユウゴ(浅川大治/少年時代)。
犯人グループの一人、吉崎(奥野瑛太)はに連れ込まれた廃屋にいたのは、は吉崎の養女・エリ(矢崎由紗)だった。
エリは倉科カナ。

身代金を手に入れた犯人グループ。
二人は逃げだそうとしたが、吉崎に見つかる。
暴行を受ける二人。
ユウゴは、手にしたガラスで吉崎の首の動脈を刺す。
まさかの一撃で吉崎、死亡。
二人は教会に逃げ込む。
+++++
とうとう圭吾(藤ヶ谷太輔/二役)に逮捕状がでた。
圭吾の自宅から被害者のDNAが着いたハンカチが発見された。
そのハンカチには圭吾の指紋もあった。

偽装工作をしたユウゴと里美(倉科カナ)。
「罪を着せただけで充分でしょう?」
と里美に諭された勇吾はいらだつ。

「罪を着せたのではない!」
アイツが誘拐されていたら俺と同じことをした。
俺と同じ運命だった。
当然のことをしただけだと言う。

20年前の誘拐の日。
勇吾が誘拐されたのを見ていた圭吾。
その場から逃げ出してしまった。

そして逮捕状が出た圭吾は警察(渡辺大)からも逃げ出した。



勇吾の怒りは果てしない。
誘拐されている現場を目撃していた圭吾が助けてくれなかったことが許せないのか?
しかし大人3人の犯人を相手に、圭吾に何ができたのか?
それとも来週、真面目で親からも愛されていた圭吾の闇が描かれるのか?

圭吾にもっと非が無いと、ユウゴには同情できないなぁ・・・。
復讐相手が違うでしょ?
ま、犯人グループを殺しているのでそれも復讐の一環だろうけど、なぜ圭吾を憎むのか?
誘拐犯に洗脳されて、圭吾に恨みを持っていたのかと思っていたら、あっさり誘拐犯からは逃げ出しているんだもんなぁ。
どうやって圭吾への復讐の火を燃やし続けていたのか・・・。
それ、知りたいッス。

古典的なストーリーだから、突っ込んじゃいけないのかもしれないが、ユウゴとエリが逃げ込んだ教会の人はなぜ警察や役所に通報しないのか。
二人は偽名を使っていたけれど、ユウゴは当時身代金を奪われた事件なんだし、顔写真も出回っているだろうからすぐに親元に帰されそうだけどなぁ。
公開捜査になっていたと思うわ・・。

2話を見た限り、WOWOWまで続くほど大した伏線もないし、持つんだろうか?
誘拐犯は3人グループだったから、あと一人が黒幕。
で、ここまでで黒幕が出来そうな人物は高橋克典か石黒賢くらいか。
その当たりを引き延ばしてこねくりまわすのかしら?←言葉が悪いなw
高橋克典か石黒賢なら・・・高橋克典かな。
そっちの方がインパクトがある。
圭吾もめっちゃ信頼しているようだしね。

倉科カナの子供時代が、「半分、青い」のスズメでしたね。
矢崎由紗ちゃんのお芝居は安心するw

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッとしていただけると嬉しいデス。

主題歌:嘘とカメレオン「ルイユの螺旋」

感想はコチラ
「ミラー・ツインズ」 第1話 ネタバレ感想~双子と二股
「ミラー・ツインズ」 第3話 ネタバレ感想~砂糖ではなくシュガーって唐突。
キャスト
葛城圭吾
葛城勇吾・・・・藤ヶ谷 太輔
白石里美・・・・倉科 カナ
赤城克彦・・・・渡辺 大
久能詩織・・・・武田 梨奈
尾見門丞・・・・温水 洋一
野宮清美・・・・村上 知子(森三中)
皆川さつき・・・櫻井 淳子
葛城春江・・・・中村 久美
葛城栄一・・・・佐戸井 けん太
久能源一郎・・・石黒 賢
皆川耕作・・・・高橋 克典ほか

コメント