『未解決の女 警視庁文書捜査官』第4話 ネタバレ感想 ~八百長将棋殺人事件

スポンサーリンク

Season2『将棋編』

原作はコチラ


麻見和史『警視庁文書捜査官』

あらすじはコチラ→
将棋駒作りに専念する職人・桜木正村(小野武彦)の工房で働く一番弟子・桜木歩(永井大)は、実は、西川だった!
西川(永井大)は17年前の暴力団員を殺害し逃げていた。

「千駄ヶ谷の虎」が起こした殺人事件の真相。
西川(永井大)と「居飛車のプリンス」こと佐田貴雄(足立理)の対局。
二人は親友でライバルだった。
その二人の後援会長だった外食チェーンの経営者・山井英俊(長谷川初範)
長谷川初範はまず永井大に八百長を持ち掛けた。
しかし永井大は断った。
そこで長谷川初範は佐田に八百長を持ち掛けた。
永井大と佐田は同じ女性に惚れいていた。
しかしその女性のお腹には永井大の子供がいた。
「だから身を引け!」←乱暴な・・・
結局、佐田は対局で負けようとした。
それに気づいた永井大は長谷川初範にも佐田にも腹を立てた。
自ら反則手をうち対局は終了。
その後、暴力団員と揉めて殺害。
整形し逃げて小野武彦の工房で働く。


13年前、工房にやってきた佐田。
その時から佐田と永井大の文通が始まる。
手紙将棋をしていた二人。
17年前の対局の続きをしていた。
娘・彩子(久保田紗友)の本当の父は永井大だった。
母を亡くした彩子(久保田紗友)は命日に墓参りをする。
年に一度、遠くから永井大が娘・彩子(久保田紗友)を見守れるように配慮していた佐田。
そんな時、長谷川初範はまた佐田に八百長を持ち掛けた。
苦しんだ佐田は2003年の対局での八百長も暴露して引退するつもりだと永井大に伝えた。
その直後、佐田は殺された。
犯人を捜す決意をした永井大は、その時盗まれた駒とそっくりの駒をオークションに出品。
案の定真犯人がコンタクトをとってきた。
佐田殺害の犯人は長谷川初範
長谷川初範は永井大が西川だと気づく
「山井さんやっぱりあんただったのか」
「西川か。お前生きてたのか。
そもそもお前が八百長を断ったことが全てのはじまりだ
俺もお前も人を殺す羽目になった。」
「佐田を殺しやがって」

彩子(久保田紗友)の父親は佐田だけだと言う永井大。
彩子(久保田紗友)「もちろん。」と言うが、それでも
「あなたは死なないで。そしてまたいつか会おうね。お父さん」
と永井大に言うのだった。



バカな長谷川初範。
自分の年齢を考えたら永井大に勝てるはずもないのに、階段の上で結果をふっかけて殺されるって当然じゃないか!

先週に続き、切ないお話でしたが・・・。
長谷川初範がいなければ誰も死なずに済んだのにね。
なんなん八百長って。
そのときに告発すれば良かったのに・・・。

最初から訳ありな永井大。
すぐに西川だな!って思っちゃった。
でも佐田殺害が長谷川初範ってのはちょっと意外。
長谷川初範みたいな迂闊で裏社会との関係も調べたらすぐわかる人間が捜査線上に上がってこなかったのは警察の怠慢だよなぁ。

育ての父は殺されて、実の父は殺人犯。
しかも信用していたはずの父の講演会会長が父を殺した犯人だった。
久保田紗友ちゃん・・・前途多難な人生。
これでグレないなんてありえないくらいしんどい人生。
しかし大人になったなぁ。
白いワンピースとひまわり畑が美しかったわ。
久保田さん、ちょっと武井咲さんに似てきた。
最近、わりと悪い子ちゃんの役が多かったので、こういう役は珍しい。

波瑠さん。
夏バテなんでしょうかめっちゃ細くない?
柔道・・・無理じゃない(爆)
ほんで・・・前々から思っていたけれど、波瑠と松下奈緒の走り方は面白い。
杏ちゃんも!
運動神経があまり良くないから刑事役をやっても走らない方が良い三大女優!←tarotaro調べ

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『未解決の女 警視庁文書捜査官 』第1話 ネタバレ感想~燃えゆく宮川一朗太
『未解決の女 警視庁文書捜査官』 第2話 ネタバレ感想 ~野間口徹さんですもの!
『未解決の女 警視庁文書捜査官』 第3話 ネタバレ感想 ~先生のことが好きでした!
『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話 ネタバレ感想 ~やっぱり矢野聖人と磯村勇斗は似てる
『未解決の女 警視庁文書捜査官』 第6話 ネタバレ感想~なんで4分拡大?4分だけ?
『未解決の女 警視庁文書捜査官』 最終話(第7話) ネタバレ感想 ~竜雷太は続編で解決してくれる?
いきものがかり『きらきらにひかる』
キャスト
矢代朋(波瑠)
古賀清成(沢村 一樹)
岡部守(工藤 阿須加)
桑部一郎(山内圭哉)
多部和樹(飯島寛騎)
宗像利夫(皆川猿時)
国木田哲夫(谷原章介)
財津喜延(高田 純次)
草加慎司(遠藤 憲一)
鳴海理沙(鈴木 京香)

ゲスト
桜木歩(永井大)
佐田彩子(久保田紗友)
桜木正村(小野武彦)


第1シリーズの感想はコチラ
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第1話 ネタバレ 感想~元気いっぱいの波瑠刑事
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第2話 ネタバレ 感想~バッドエンド過ぎる
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第3話 ネタバレ 感想~枯れても吉田栄作
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第4話 ネタバレ 感想~殺人ではないのに隠すから・・・。
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第5話 ネタバレ 感想~モスキートペアンってブラックなの?
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第6話 感想~沢村一樹の目力もかなりなもんです。
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第7話 ネタバレ 感想~波瑠、撃たれる!
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 最終回(第8話)ネタバレ 感想~トリガーフレーズって言いたい。

コメント