『未解決の女 警視庁文書捜査官』 第3話 ネタバレ感想 ~先生のことが好きでした!

スポンサーリンク

Season2『高校体育教師殺害編』

原作はコチラ



麻見和史『警視庁文書捜査官』

あらすじはコチラ→

3年前に殺害された名物コーチ・片山彰(谷田歩)は同僚教師をいじめていた。
校長のお気に入りの片山には口を出せなかった。
当時は箝口令が敷かれ悪い噂はでなかった。
いじめられていた教師によると殺された朝、シュレッダーに血の痕跡があったとか。
ただの赤いインクかもしれないとそのままにしておいた。

片山の母は要介護状態。
母はかなりゴージャスが介護施設に入っていて3000万円はかかると言う。
キャッシュで金を支払った片山。
殺された参議院議員の公設秘書・上原望(沢井美優)も当時1000万円を手に入れている

片山に金を支払ったのは唐木田玲一(伊藤健太郎)の父で代議士の善行(冨家規政)。
当時の秘書・大野多恵(黒坂真美)と不倫をしており、バッチリゲス写真を撮られていた。
脅されて5000万円支払ったと言う。
写真の入手ルートは上原だと確信。
片山と上原は共謀して善行(冨家規政)を恐喝していたのだ。

上原多恵を殺害したのは元秘書の大野多恵。
不倫写真から秘書としての色はなく水商売をしていた大野多恵。
しかしひょんなことから上原と片山が3年前から知り合いだったことに気づく。
上原の家におしかけた大野が追求すると自分もはめられた。
金なら支払うと言い出す。
その会話を録音していた大野は、代議士の善行(冨家規政)の妻・西尾まりに報告し、自分と同じ目に合わせる!と言うともみ合いになる。
んでもって殺す。


片山コーチが亡くなった翌日。
「自業自得。」
国語教師・藤沢さおり(高梨臨)は授業で「自業自得」という言葉を国語辞典クイズでだした。
なぜそんな日に「自業自得」という言葉を扱ったのか。
それまでは利用していた国語辞典の第六版からクイズをだしていたのに、その日だけ第五版から出題されている。
片山コーチの血液が第六版の国語辞典に付着してしまいシュレッダーで処分。
だから第五版を利用するしかなかったのではないか。
「片山先生を殺したのはあなたですか?」
「そうです。」
片山が大嫌いだった高梨臨。
生徒にも若い先生にも横暴で。
だから鉄アレイで殴った。
そのとき、辞書に血がついた。
スラスラと自供する高梨臨。
不審に思う波瑠と鈴木京香。
その話を聞いていた伊藤健太郎。




「バカだな先生。
先生ありがとう。
どうして先生って僕よりずっと年上なのにどこか子供みたいなとこあるんですね。
片山コーチを殺したのは僕です。
あれから先生と一緒に入れた3年間は僕の宝物です。」
当時、父親を恐喝したことを知ってしまった伊藤健太郎は、コーチを責めた。
悪びれない片山は動画を見せる。
伊藤健太郎と高梨臨先生が二人きりで談笑している。
サンドイッチを頬張る伊藤健太郎、口元についたパン(?)をとってやる高梨臨先生。
その手を握る伊藤健太郎。
振り払い授業があるからとその場はそれで終わる。
それだけの動画だが・・・。
「朝練のあとなにやってんだよ。
驚いたなお堅い先生だと思っていたのに、まさか生徒に手を出す淫乱教師だったとはな。」
カッとなった伊藤健太郎は鉄アレイで片山コーチを撲殺。
高梨臨先生の教科部屋で泣き崩れる伊藤健太郎。
抱きしめる高梨臨。
血だらけの伊藤健太郎の手が高梨臨の国語辞典に触れてしまった。

「先生、本当に好きでした。」
高梨臨を抱きしめる伊藤健太郎。
目のやり場に困る波瑠と鈴木京香。

伊藤健太郎は本当に上手だ。
ワタシの伊藤健太郎。←え?
ウチの子、やるやろ?←みんな知ってる。
はぁ、ホント、良いお芝居するわ~。
先生の事が好きでした!で何杯でもご飯が食える!
バラエティの伊藤健太郎も好きだけど、もうバラエティに出なくても言いよって思うんだよ。
伊藤健太郎はコーチ殺害の捜査まで手は及ばないと思っていたのか、証拠を渡しすぎてしまったなぁ。
まずコーチね。
最低のコーチね。
だから殺されてしまったとは言わないが、ま、教員には向いていないよね。
でも・・・父親の不倫が原因だからなぁ。
これは西尾まりさんが気の毒だ。
夫は不倫、そのせいで息子は殺人犯だもんなぁ。
やるせないわ。

今回、すごく面白かったんだけど、これは健太郎だからだろうか。
先生と生徒がかばい合って、真犯人は別にいる!っていう2時間ドラマっぽさがなかったのも良かったよ。
でも・・・ま・・・生徒が先生を慕うのは良いとして・・・お気に入り(?)の生徒だけに朝食を作ってくる先生ってちょっと微妙w
ただ、健太郎と高梨臨ちゃんならアリなんだよなぁ。
美男美女って素敵よ。

そしてバディの美人女子。
だけど恋愛に縁遠い。
その自覚もある女子二人。
波瑠と鈴木京香。
ラストはかならず「この二人仲良しよねぇ。」って思っちゃうw
言いよねぇ、年の離れたバディ。
年代が違うけど友達になれるってさ。
「G線上のあなたと私」でも宗だったけれど、波瑠ちゃんって年上にも年下にも仲良く鳴りそうな雰囲気ですわ。

来週は一課長とコラボ?
ワンシーンくらいかな?
博太郎の無茶ぶりありでしょうか。
そこに波瑠ちゃんがいたら・・・ってないかw←噴水の博太郎が忘れられない。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『未解決の女 警視庁文書捜査官 』第1話 ネタバレ感想~燃えゆく宮川一朗太
『未解決の女 警視庁文書捜査官』 第2話 ネタバレ感想 ~野間口徹さんですもの!
『未解決の女 警視庁文書捜査官』第4話 ネタバレ感想 ~八百長将棋殺人事件
『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話 ネタバレ感想 ~やっぱり矢野聖人と磯村勇斗は似てる
『未解決の女 警視庁文書捜査官』 第6話 ネタバレ感想~なんで4分拡大?4分だけ?
『未解決の女 警視庁文書捜査官』 最終話(第7話) ネタバレ感想 ~竜雷太は続編で解決してくれる?
いきものがかり『きらきらにひかる』
キャスト
矢代朋(波瑠)
古賀清成(沢村 一樹)
岡部守(工藤 阿須加)
桑部一郎(山内圭哉)
多部和樹(飯島寛騎)
宗像利夫(皆川猿時)
国木田哲夫(谷原章介)
財津喜延(高田 純次)
草加慎司(遠藤 憲一)
鳴海理沙(鈴木 京香)

ゲスト
藤沢さおり(高梨臨)
唐木田玲一(伊藤健太郎)
唐木田善行(冨家規政)


第1シリーズの感想はコチラ
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第1話 ネタバレ 感想~元気いっぱいの波瑠刑事
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第2話 ネタバレ 感想~バッドエンド過ぎる
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第3話 ネタバレ 感想~枯れても吉田栄作
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第4話 ネタバレ 感想~殺人ではないのに隠すから・・・。
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第5話 ネタバレ 感想~モスキートペアンってブラックなの?
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第6話 感想~沢村一樹の目力もかなりなもんです。
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 第7話 ネタバレ 感想~波瑠、撃たれる!
「未解決の女 警視庁文書捜査官」 最終回(第8話)ネタバレ 感想~トリガーフレーズって言いたい。

コメント

  1. なお より:

    こんばんは
    伊藤健太郎、人気者になってもなお
    こういう役ででも出るんですね。
    私的には相棒をもう一度見たいです。

    エンケンさん忙しいですね

    前シリーズもこんなに登場人物いましたっけ?

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      伊藤健太郎は髪の毛を立たせているよりこういう役のほうが好きです。
      若君様が一番好きです(爆)
      エンケンのシーンは少なくなってますね。
      ってか、レギュラーの人数が多すぎて、薄まっているのか。
      工藤阿須加くんもわりと影薄い気がします!