『まんぷく』第60回 感想~やっと釈放!長かったよ、ママン。

スポンサーリンク

第60回(第10週)「私は武士の娘の娘!」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

福ちゃんから萬平さんたちをいたわる手紙が届きみんな号泣。
すると留置所で「赤とんぼ」の大合唱が始まる。
チャーリータナカも一緒に歌う。

大阪経済界の重鎮・三田村さんも進駐軍に直談判して後押しする。
ところが、進駐軍から、無実の証拠がない限り軍事裁判にかけると最後通告。
萬平さんは「構わない」と覚悟を決めます。
「その代わり、世良さんと社員は全員釈放して欲しい。」

その後、泉大津で待つ福ちゃんの元に再び進駐軍が現れた。
もう一度手榴弾を海に投げる訓練。
すると魚が浮かび上がる。

釈放決定。




や~~~~~~~っと終わった!!
今週は尺稼ぎの一週間だったな。
日本の憲兵に捕まったときはとても苦しかったが、これが終われば二人が結婚すると希望を持っていたし、加地谷というヒールが捕まる瞬間も見たかった。

しかし今週は・・・。
進駐軍の意味ありげな哀愁もあまりカタルシスを感じず・・・。
MONKEY MAJIKメンバーを起用したから、それなりの役でないとアカンかったのかなぁ。
岡崎体育の日系人進駐軍にスポットを当てて、動き回ってくれるとか・・・・どちらかにスポットを当てたほうが良かったかも。
「言うほどまずくない」
ダネイホンを食べたというチャーリー。
チャーリーは自分のアイデンティティーに悩んでいるのかしらねぇ。

しかしチャーリーも妻が死んだ(多分)進駐軍のエピソードも中途半端になった気がする。
それとも・・・脱税容疑がかかって逮捕された時に、またこの進駐軍が出てくるフラグなのか???



萬平さんが小さいときに憧れた傘屋さん。
「傘屋は良いぞ。
雨が降れば傘が売れて嬉しい。
晴れれば青空が見えて嬉しい。」

そんな風に自分の仕事が好きでありたい。
これは進駐軍への嫌味か?
いやいやメイ進駐軍は、好きでやってそうだけどねw

塩軍団たちは
「母ちゃんに会いたい!」
と言っていたが、盆と正月くらいはママンに会っているのかしら?
九州の方言を話す塩メンもいるし、他の方言を話す塩メンもいる。
・・・関西弁が下手なだけで、他の地方出身に聞こえているのかもしれんが。
会えるときにママンには会って欲しいねぇ。

さて来週。
いよいよ東京進出決定。
神部さんは東京支社に行くっぽい。
タカちゃん、寂しいなぁ。

そして・・ダネイホンの偽物が現れたり、意固地な萬平の性格炸裂!!
ダネイホンの広告には、萬平さんが登場?
福ちゃんはナレーション。
来週は、ドタバタと楽しそう!!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「まんぷく」感想はコチラ→

主題歌

DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」

キャスト
立花福子……安藤サクラ
立花萬平……長谷川博己
今井鈴………松坂慶子
今井咲………内田有紀
香田克子……松下奈緒
小野塚真一…大谷亮平
香田忠彦……要潤
香田タカ……岸井ゆきの
鹿野敏子……松井玲奈
池上ハナ……呉城久美
牧恵…………橋本マナミ
牧善之助……浜野謙太
神部茂………瀬戸康史
野呂幸吉……藤山扇治郎
世良勝夫……桐谷健太
野呂幸吉……藤山扇治郎
世良勝夫……桐谷健太
加地谷圭介…片岡愛之助
三田村亮蔵…橋爪功

語り…………芦田愛菜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加