「税務調査官 窓際太郎の事件簿33」ネタバレ 感想~こちらのツバキさんは有能

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

太郎(小林稔侍)は森村(北村総一朗)に盛岡で厚労省の職員・三枝(蒼井晶)が遺体で発見された事件を調べるように言われた。
三枝は死ぬ直前まで大物政治家・田丸善次郎(小松政夫)と盛岡にある筒井病院との癒着を探っていた。
田丸は、全国の医療機関・製薬会社などから多額のリベートを受け取っている疑いがあったのだ。
田丸が5日後に厚労大臣に就任するまでに解決しなければいけないミッション!

盛岡で調査を始めた太郎は、10年前に急病で世話になっていた筒井病院の評判が芳しくないことを知る。
院長の筒井大輔(三浦浩一)は“金の亡者”と呼ばれ、その妻・志保(床嶋佳子)ともギクシャク。
息子・紘一(大下源一郎)と娘・美里(水沢エレナ)の心も父親から離れていた。
そんなと三浦浩一が屋上から転落死する。
警察は自殺として処理するが、殺人だと睨む太郎。

犯人は樫村事務局長。
もちろん黒幕は小松の親分さん。

三浦浩一は患者のためを思って、樫村に言われるがまま設備投資した。
それに伴う認可などは小松の親分さんに不正認可してもらっていた。
三浦浩一も不正を働いていたが、媒した樫村は私腹を肥やしていた。


相変わらず書類の不正探しを椿さんに任せっぱなしで、ふんぞり返っている太郎。←同じ「つばき」でも朝ドラと違って使える「つばき」さん!!
今回は、筒井病院の息子と娘にも手伝わせていたのに、ずっと椅子でふんぞり返る(爆)
ま、ご老体やからね、しゃーないね。
稔侍は、腰痛でもあったのか、今回も立ち回りはなかったわね。
仕方ない。

床嶋佳子さんにもちょっとイライラしちゃったわ~。
三浦浩一にも同情できず(苦笑)
患者のことを思っていたとしても、アホみたいな設備投資をする医者ってねぇ。
「医者バカ」って思えるくらい患者に尽くしていたのならともかく、患者にまで「金の亡者」なんて言われるようになっている医者に同情できねぇ。不正にも関わっていたし。娘のことを心配していたとしてもね。

小松の親分さんが悪徳政治家ってのも意外。
なんとなく微笑ましいというか、コントっぽかったような気がした。
まだまだ若々しいねぇ!滑舌も良いねぇ。

先日、野村昭子さんが「徹子の部屋」にご出演されていたのをたまたま拝見しました。
とてもお元気そうに徹子と話していて、すごく可愛らしかったw
「もう迷惑になるからお芝居はしないの。
セリフが覚えらんないの。」
とおっしゃっておりました。
窓辺も終わりかなぁと思っていたんですが、こうしてこのドラマにはご出演されていたので、一安心。
小林稔侍さんが元気なうちに、窓際太郎はワタシのいっけいに継いでもらってはどうか?
なんて思うけれど、まだまだ無理か。いっけいにもぜひ、主役を!!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。
『税務調査官 窓際太郎の事件簿』シリーズ

月曜ゴールデン『税務調査官 窓際太郎の事件簿27』ネタバレ感想~二日連続、稔侍を見る勇気。

月曜名作劇場「税務調査官 窓際太郎の事件簿30」 感想~ドキッ!老人だらけの2時間ドラマ!! 
月曜名作劇場「税務調査官 窓際太郎の事件簿31」 ネタバレ 感想~稔侍のフラダンス~♪ 
月曜名作劇場「税務調査官 窓際太郎の事件簿32」 ネタバレ 感想~野村昭子さんが慰安旅行中で寂しい。
キャスト
窓辺太郎:小林稔侍

椿 薫:麻生祐未

島崎春男:渡辺いっけい
矢田秋男:出川哲朗
北島冬美:小林千晴
窓辺トメ:野村昭子
酒井初男:近藤芳正
森村真一郎:北村総一朗

筒井志保:床嶋佳子
筒井美里:水沢エレナ
筒井大輔:三浦浩一
筒井紘一:大下源一郎
コハル:山木コハル
シオリ:犬塚しおり
ユウカ:髙村優香
有川文正:クリス松村
そば屋店主:新沼謙治
田丸善次郎:小松政夫

コメント

  1. 信濃のコロンボファン より:

    ドラマの出だしが今までに見たことのない展開でした、厚労省の職員が警察官のように捜査するなど現実にあるのでしょうか?この案件は警察の二課あるいは検察庁が捜査するのが正しいと思いますが、どうなんでしょうか。

    あと私の勘違いかもしれませんが、小松の1番の秘書というか護衛というか、黒ずくめの男がいましたが最後のシーンに登場しなかったような気がしました、逃げたんでしょうか。

    • tarotaro tarotaro より:

      信濃のコロンボファンさん、コメントありがとうございます。

      そもそも窓際さんが平社員でウラ社員なんですから、なんでもありなんろうと思って見ていますw
      あの秘書もうだつの上がらない見た目の窓際になぜロックオンしたのかわからないですw

  2. saki より:

    こんばんはー。

    コマツの親分が悪者なんだよねー、ってわかってたんで、またまた寝落ちてました。

    盛岡なんてそこそこ都会なのに、あんなことが許されるとは(苦笑)。

    このシリーズも高齢化が進んでますよね。
    いい加減窓辺さんが若いお嬢さんから手紙をもらい、ちょっと勘違いしちゃう流れはどうかなーと。

    だんだん「おかあちゃーん」っていうのも「本人おじいさんやん」って言いたくなりますw。

    最近めっきりサスペンスがあれなんで、昼間の再放送を見てるのですが、床嶋さん続きだったんで「またかよー」って思っちゃいました。私都合ですが(笑)。

    最近は高林鮎子シリーズやってて、面白いなぁーと思いつつ、防犯カメラがどこでもある今、トリックも難しいなぁと感じました。

    • tarotaro tarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます~♪

      コマツの親分さん、大悪党は珍しいですよねぇ。
      もっとほっこりした役で見たいな~。
      大臣になるとか言いながら、結構、暇そうでしたねw
      伊東四朗さんもいいけれど、小松の親分のほうが滑舌が良いので聞きやすいですね。

      このシリーズの高齢化は半端ないですよね。
      小林稔侍の娘と出川哲朗が若手なんですから(苦笑)
      今回、気づいたのですが、稔侍の娘の耳って特徴ありますね。
      そうそう、窓際さんと水沢エレナだと親子ではなく、孫娘ですよねぇ。
      勘違いするなんて気持ち悪いです(爆)
      床嶋佳子さんはウラの月9にも出ているので、ワタシも「またかよー」って思っちゃいましたw
      高林鮎子シリーズ大好きでした!
      丹波哲郎とあゆっぺのシーンはあゆっぺが笑いをこらえているのがわかるのが、面白かったですw
      鉄道トリックも難しいですよね。
      ワタシもBSの再放送を時々見て言います~。