「黒革の手帖~拐帯行~」ネタバレ感想~なんでもアリな松本清張作品の映像化

スポンサーリンク

松本清張『拐帯行』(危険な斜面)

あらすじはコチラ→公式サイト

森村隆志(毎熊克哉)を煽って神代グループCEO・神代周吾(渡部篤郎)への復讐をそそのかす原口元子(武井咲)
渡部篤郎の愛人・桜沢美香(中村ゆりか)をだまくらかし地面師詐欺を働く。
税金対策のための3億円をだまし取った。
すでに渡部篤郎の会社の不正の弱味を握っていたため渡部篤郎はどうすることもできなかった。
『アルテローズ』を去る準備をしているところに橋田常雄(高嶋政伸)がやってきた。
武井咲の金を横取りし、おそいかかる高嶋政伸。
そこに森村隆志(毎熊克哉)がやってきて高嶋政伸を襲う。
二人は店から逃げる。
「死んだかな。」
死んでなくても傷害罪。私も共犯だと武井咲。
「君は何もしていない」
と森村隆志(毎熊克哉)。
高嶋政伸とは金銭トラブルもあるからまた捕まると武井咲。

死を覚悟して行きついた静かな旅館。
新聞には高嶋政伸の殺人事件の記事があった。
死のうと思う森村隆志(毎熊克哉)。
まだ警察は何も掴んでいない。
今は自由だ。
死ぬなんていつでもできると励ます武井咲。



旅館では佐藤良樹(風間杜夫)とその妻・逸美(岡まゆみ)に出会う。
意気投合した二組は夕飯をともにする。
しかし逸美(岡まゆみ)の複雑な表情に気づく武井咲。
その日の夜、老夫婦をみて両親を思い出す森村(毎熊)に、両親との良い思い出がないと身の上話をする武井咲。
5歳のときに借金苦で自殺した父。
首をつっているのを発見したのは自分自身だった。
二人は体を重ねる。

翌朝、刑事が旅館に聞き込みにやってきた。
逃げる二人。
書けだした先は断崖絶壁。
一緒に死のうと手を差し出す森村
「私は死なない。」
「また刑務所に戻るのか?
死ぬよりそっちがマシだってなんで思える?」
「父の死に顔を見た時、死んだら負けだって思えた。
私は絶対にあの人みたいにならない。」
父は金に負けたが自分は買ってやると思った。
何度捕まって刑務所に入ったって、最後には勝つ
「あなたは負けても良いの?」
橋田(高橋政伸)や神代(渡部篤郎)のようなくだらない男に踏みにじられてこのままで良いのか。



意を決して旅館に帰る二人。
警察が連行していたのは風間杜夫夫妻だった。
橋田(高嶋政伸)を殺害したのは風間杜夫だった。
風間杜夫は高嶋政伸に息子の裏口入学を斡旋して貰った。
しかし入学したのは同姓同名の別人だった。
息子は引きこもりになり暴力を振るう。
なんとか金を返して欲しいと高嶋政伸に訴えるが取り合って貰えない。
あの日、高嶋政伸を尾行していた。
『アルテローズ』から出てきた高嶋政伸を殴り殺した。
死のうと思った風間杜夫だが妻と高級旅館に泊まり、武井咲と森村を見て生きる勇気を貰ったと供述。

森村(毎熊)は10坪ほどの店舗を探していた。
小さな喫茶店を開くと言う。
その頃、武井咲は高嶋政伸の棺に花を添えていた。
やってきた神代(渡部篤郎)
「よく顔が出せますね。」
「神代さん、私に出資しませんか?
今度銀座に店を出すんです。」
大笑いする神代



ワタシの記憶より何倍も美しくなって帰ってきた武井咲ちゃん。
このドラマが終わって妊娠結婚したんだっけ。
見た目と役が合ってきたように思います。
米倉涼子の悪女は体育会系だけど、武井咲ちゃんの悪女は儚げなのよねぇ。
しかし3億で銀座に店か。
ってか、「拐帯行」とは全然違うよね(苦笑)
逃避行するのは地面師詐欺をしたからかと思えば殺人ですよ。
しかも犯人が風間杜夫だなんて、なんて豪華な!!
こんなまとまりかたある?
風間杜夫・・・殺人に裏口入学かぁ。
同情できねー(苦笑)
しかもビール瓶で殴っただけで相手は絶命。
その前に毎熊さんが殴ってたからねぇ。
マリコだったら
「2回殴られてるわ!」
と気づくはず。
致命傷は風間杜夫かもしれないが、その前に誰かに殴られていることを突き止められないなんて!!!
金沢だからだぞ!
京都だったらそうは行かなかったからなw



で、渡部篤郎に出資して貰ったら・・・帳消しよね。地面師詐欺。
一番トクしたのは毎熊さん。
冴えない死にたがりな陰気な男。
あんなとびきりの美人に協力してもらって、詐欺をしてどさくさに紛れていちゃこらして、で10坪の店を借りられるくらいのお金は貰った。
ってか・・・命も貰った!
あの男・・・まったく魅力がなかったよ(苦笑)
超美人を道連れにしようとしたんだよ。
それだけで罪。

しかし松本清張先生はどう思っているでしょうねぇ。
まったく別のお話をくっつけられちゃって。
映像化には寛容だったとどこかで読んだことがありますが・・・。
ま、ここまで来たらなんとも思わないか(爆)
松本清張って言ったら、竹中直人を思い出すんですが。
こんな有名な作家で自叙伝もあるのに、映像化されていないような気がする。
松本清張を知りたいなぁ。
でも竹中直人が演じたら、笑っちゃうかなw

で、ドラマ。
この終わり方だと続編が出来ちゃうよねw
どの作品と合わせますかね?



にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
主題歌「聖域」福山雅治

連続ドラマの感想はコチラ
「黒革の手帖」第1話 ネタバレ 感想~オスカーは派遣好き! 
「黒革の手帖」第2話 ネタバレ 感想~水商売と銀座で女が豹変する。
「黒革の手帖」 第3話 ネタバレ 感想~滝藤さんの逆恨みと尽くす女高畑さん 
「黒革の手帖」 第4話 ネタバレ 感想~元子ママは生娘か?
「黒革の手帖」第5話 ネタバレ 感想~来週は被害者全員大集合!!
「黒革の手帖」第6話 ネタバレ 感想~全く色気のないキスシーン
「黒革の手帖」 第7話 ネタバレ 感想~スタントでも階段落ちで流産するのはいろいろ気になる。
「黒革の手帖」 第8話(最終話) ネタバレ 感想~高嶋政伸が全部もっていった。 
キャスト

原口元子(武井咲)
森村隆志(毎熊克哉)
神代周吾(渡部篤郎)
板橋レイナ(安達祐実)麻純
桜沢美香(中村ゆりか)
山田波子(仲里依紗)
橋田常雄(高嶋政伸)
中岡市子(高畑淳子)
佐藤良樹(風間杜夫)
神代真寿美(横山めぐみ)

コメント

  1. 翔丸 より:

    最終回で警察が踏み込む前に終わらせて、その後逮捕されたか逃げ延びたかは
    視聴者の想像に任せる終わり方が好きだったのにきっちり逮捕されて収監されたとは…。
    今のご時世悪女が逃げ果せる話は作れないのでしょうかね…。

    個人的にはこの続編、必要か?と思いました。1クール連ドラでやるならともかく
    単発SPで皆のその後を書くだけとか…。松本清張の別の作品を
    無理やりくっ付けてまで蛇足を見せる必要が、果たしてあるのか?と。

    人気次第で連ドラで続編やるのなら
    むしろ高嶋政伸を殺してしまったのは失敗だと思いますし。
    あれで逆に続編作る気ないな…と感じてしまいました。

    • tarotarotarotaro より:

      翔丸さん、コメントありがとうございます。

      ワタシも収監されたんだ~って思いました。
      せっかく出所したのに地面師詐欺すんのかぁともw
      でも最後は神代に金儲けをもちかけてましたねぇ。
      まぁ、2回も逮捕されたらシャレになんないし、武井咲もそんな脚本なら断ったでしょうし。
      正月だし、あまり深く考えずに武井咲の美しさを堪能しろってことだったんですかね。
      無理矢理社会派作品にしなかったことは評価できると思いますw

  2. なお より:

    やっと見ました。武井咲ただただ美しいーこの役ははまり役に思えます。米倉涼子版も嫌いではないですが、こっちのほうが好きです。風間杜夫がただの旅行者なわけないと思いましたが、殺しちゃいましたね。。

    相手役の男性しばらくジャルジャルの後藤だと思って見ていました(^-^;

    連ドラ希望です(^-^;

    • tarotarotarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      武井咲ちゃん、色っぽくなって帰ってきましたねぇ、
      米倉涼子は色気があんまりないですよねぇ。
      どっちかってーと体育会系ですよねぇ。
      相手役さん、そこまで上手だと思わないんですが、最近よく見ます・・・。
      なのにスッと名前が出てこず、自分の老いを感じましたw