「恋する母たち」 第2話 ネタバレ 感想~落語家の不倫は許されるんでしょ?

スポンサーリンク

「部下の壁ドン!与論島の謎」


柴門ふみ『恋する母たち』

あらすじはコチラ→

石渡杏(木村佳乃)
11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)がやってきた。
与論島で杏の夫の慎吾(渋川清彦)出会ったという。
慎吾は斉木の元妻とは別れていた。
そして・・事故で記憶喪失となっていた。
今は結婚して民宿を経営している様子。
息子を誘って与論島に誘うが息子は行かない。
姑からは旅費は出すから与論島に行って欲しいと頼まれた。
林優子(吉田羊)家族と一緒に与論島に行くことになった杏。
そして・・・ガイドをしている元夫と対面。

蒲原まり(仲里依紗)
今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)から温泉に誘われた蒲原まり(仲里依紗)。
まんざらではないまり。
エリート弁護士の夫・繁樹(玉置玲央)の不倫相手・のり子(森田望智)から斉木巧(小泉孝太郎)にたれ込み電話が入る。
のり子はまりと丸太郎の不倫現場を見てしまい、まりの素性を明らかにした。
2日ほど張り込んだだけで、二人のキス写真を撮れた斉木。
斉木から電話をうけた杏は斉木とまりに忠告するが、まりを怒らせてしまう。
まりは丸太郎に別れの電話をするが、「バレなければいい!」と言われ・・・会ってしまうまり。



林優子(吉田羊)
林優子(吉田羊)は部下の赤坂剛(磯村勇)とエレベーターから出たあと、
「林さんの欠点は結婚しているということです。
一杯飲みませんか?」
と誘われた優子。
しかし赤坂はホテルに誘う。
「3時間待ってもタクシーで帰るわ。」
舐められていると思う優子
翌日、休日返上で会社に出勤した優子。
赤坂は同僚の前でわざと停電があった日
「人妻に振られて呆然としてたよ」
と言いだし、優子の様子をうかがう。
そして廊下では壁ドン!
グイグイ優子に迫る。
優子は夏休みに夫の地元・与論島に行くことになっていたが、京都出張で自分だけ一日遅れで与論島に入ることになっていた。
京都出張・・・赤坂とは違う部下と一緒に行くはずだった・・・しかし現れたのは赤坂!


杏とまり。
ママ友と性欲の話しないで(爆)
そして喧嘩!
まぁね。
やっぱり小泉孝太郎だけが会いに行くべきよねぇ。
あの現場に杏にいられたら立場ないわ。
反対されればされるほど盛り上がるんでしょう。
もう丸太郎にメロメロのまり。
丸太郎はダメージ・・・あるか。いやないか。
落語家の不倫はノーダメージだもんね。←桂文枝とか円楽とか
「細心の注意を払って会おう」
って誘った丸太郎。
白昼堂々と外で待ち合わせしてんじゃん!!

絶対に不倫しちゃ行けない状況なのは吉田羊だよね。
でも・・・相手が若くてイケメンとか!!
そりゃさ、古いよ。
エレベーター閉じ込めで恋に落ちるなんて令和なのに!!!!
吉田羊は仲里依紗に
「浮気なんて誰でもする。
だから安心して。」
って妙に冷めた言い方していたけど。。。あれは慰めになるのか?
そんなに親しくない人間に浮気や不倫や性欲の話をするのもおかしいけどさ。
しかしグイグイアプローチの磯村勇斗がもう!!
ちょっとお肌荒れ気味だけどさ。
それでも可愛すぎてさ!
ああ・・・もう磯村君目当てで見るしか無いか。
あの笑顔は凶器。
吉田羊の倫理観を狂わせるよね~!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「恋する母たち」 第1話 ネタバレ 感想~ドキドキ不倫じゃないヤツ。でもベタなヤツ。
「恋する母たち」 第3話 ネタバレ 感想~磯村勇斗が全裸待機!もうガマン出来ない!
「恋する母たち」 第4話 ネタバレ 感想~性欲に支配されている(驚)
「恋する母たち」 第5話 ネタバレ 感想~吉田羊がメスだった
「恋する母たち」 第6話 ネタバレ 感想~孝太郎、面倒臭い男。
「恋する母たち」 第8話 ネタバレ 感想~あっという間にコロナ禍!
「恋する母たち」 第9話(最終回) ネタバレ 感想~ワープしすぎてとうとう2020年。
キャスト
石渡杏(木村佳乃)
林優子(吉田羊)
蒲原まり(仲里依紗)
斉木巧(小泉孝太郎)
赤坂剛(磯村勇斗)
山下のり子(森田望智)
斉木由香(瀧内公美)
林大介(奥平大兼)
蒲原繁秋(宮世琉弥)
石渡研(藤原大祐)
八木尚人(カズマ・スパーキン)
石渡慎吾(渋川清彦)
蒲原繁樹(玉置玲央)
林シゲオ(矢作兼)
石渡綾子(夏樹陽子)
今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)

コメント