「この声をきみに」最終回 ネタバレ 感想~全編ラブ・ストーリー

スポンサーリンク

ドラマ10「この声をきみに」最終回(第8話)「美しくひびきよく」

「京子先生が好きだ!」

って気になるとこで終わって2週空いた。

今日が最終回なら、やっぱり詰めて見たかったよねぇ。
もう気になって気になって!!

あらすじはコチラ→

孝(竹野内豊)の恋の告白も届かず、京子先生(麻生久美子)の朗読教室をやめる決意は固かった。
発表会が近づく中、竹野内豊たちは「京子先生引き留め大作戦G」を思いつく。
そんなある日、息子の龍太郎から手紙が届く。
そして妻・奈緒(ミムラ)と再会。
竹野内豊は素直に妻に「ありがとう」と言う。
他の誰かに「愛している」と言われたのは初めてだった。
「ありがとう。」

妻は再就職できずに困っていた。
養育費を貰えることに感謝した。これから自立を目指し大学生になるという。

+++++++

教室では泰代(片桐はいり)が発表会に読む本について悩んでいた。
片思いのヨガ教室の先生を、会場に誘ってしまったのだw

+++++++

発表会。
さまざまな朗読を見せるみなさん。
この表現力は素人じゃない。←俳優ってすごいわ!
特に片桐はいりの
「愛さないの?愛せないの? 」
はすごかったなぁ。

そして竹野内豊は自分の卒業文集を朗読する!!
父親も娘と息子もいる前で。
オトナになってからの仲間の前で卒業文集を読めるなんて、メンタル強い!!!

フィナーレは柴田恭兵と京子先生の朗読。
柴田恭兵も素敵なんだよ~。
奥さんを亡くしたエピソードは気になったけれど、終始一貫、みんなを見守っている姿にキュン!だわw

その日の夜、杉本哲太は航海に出た。
ものすっっごく仲良くなっているたけのうっちーとてった!!
なんか、このオッサン二人もかわいいなぁ。

京子先生引き留め大作戦Gは失敗。
京子先生はとりあえず実家に帰ると言う。

++++++

そして春。
大学で抗議をしている竹野内をこっそり見る京子先生。
生徒たちからは
「しゃべりがうまくなった」
と評価されている竹野内教授。

初めて出会った日、「良い声の人だなぁ」と思ったという京子先生。

「この声を君に」

と今日こ先生の耳元で囁く竹野内豊の声にしびれる!!

何言ってんだ~と自分に突っ込む竹野内豊にもしびれる!!!




オッサンだって成長できるんだ~!!

初回からは想像できないほど、成長した竹野内豊。
元妻とも笑顔で「さよなら」できたし、子どもとも会えそうだし。
京子先生と

「どこの本屋に行く?」

なんてデートが出来るようになる!!
あんなに人の気持ちがわからない男だったのにさ、あんなキレイな先生と本屋デートできるなんて。

で、やっぱり竹野内豊がかっこよすぎる!!
竹野内豊に
「信じてみませんか 人生を」
なんて言われたらもう・・・死んでしまうなw

こんなにも声も見た目も良い男がダメ男を演じる。
ダメ男なのに愛しい。

これ、これ、これ、これが朝ドラに足りないんだよ!!

声優の子はオーディションに落ちた
はいりはヨガの先生(パックン)と相思相愛。
河合くんはコンビニを継ぐ・・・
春には哲太も帰ってくる。

竹野内豊と京子先生もまだまだこれから。
なんせ竹野内豊が
「僕たちの物語は始まったばかりだ。 」
ってナレーションしてんだから。

コレは・・・続編への期待が高まる!

京子先生は本名もわかんないしさ。
知りたいしさw

毎週金曜の夜、ワタシも朗読会を楽しめた。
先生もメンバーも素敵な人ばかりだった。
流れる楽曲、素敵なセット、おしゃれなカフェ。
NHKだから撮れたドラマって感じがします。

このドラマを見たら「朗読教室」に行きたいって思っちゃうよねぇ。
でも竹野内豊もいないし、京子センセみたいなかわいい先生もいないことは認識してくださいw←みんなわかっとるわ!
そしてあんな立派な会場で発表会も・・・ないよねw
でもでもでもでも、楽しそう。
もう一度、ワタシもこの朗読教室に通ったつもりになりたい!
だから、ぜひ、続編をお願いします。

来週のドラマは内山理名主演。
舘ひろしが父親役?
柴田恭兵から舘ひろしへのバトンが渡るのか。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

JUJU「いいわけ」

感想はコチラ
「この声をきみに」第1話 ネタバレ 感想~天井の低い家に住む竹野内豊 
「この声をきみに」第3話 ネタバレ 感想~朗読に癒されすぎて寝落ちしそう 
「この声をきみに」第4話 ネタバレ 感想~くじらの潮吹きが想像できたら、くじらも動く!
「この声をきみに」第5話 ネタバレ 感想~大人のラブシーンは色っぽい
「この声をきみに」第6話 ネタバレ 感想~おじさんの傘はかたくなな心
「この声をきみに」第7話 ネタバレ 感想~天ぷらそば朗読のシズル感出演
穂波孝…竹野内豊
江崎京子…麻生久美子
穂波奈緒…ミムラ
穂波定男…平泉成
八坂淳子…仁科亜季子
東原正規…松岡充

朗読教室『灯火親』の人々
佐久良宗親…柴田恭兵
福島邦夫…杉本哲太
磯崎泰代…片桐はいり
柏原喜巳子…堀内敬子
稲葉実鈴…大原櫻子
河合雄一…戸塚祥太
熊川絵里…趣里

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ふみっこ より:

    tarotaroさんこんにちは。
    なかなか録画見れなくて今頃コメしてすみません。

    この金曜10時NHKドラマの枠、すごくいいですよね。今回もとてもよかったです。特別竹野内豊ファンではないのですが、ぐっときました。老害っぽかった平泉成との関係もよくなってきたし。
    今の竹野内豊状態だったら、ミムラも離婚しなかったかもな、なんて。すっごく変わったから。

    続編あるといいなあって思います。杉本哲太だって半年後に帰ってくるんでしょ?あの朗読教室をのぞき見したいです。

    • tarotaro より:

      ふみっこさん、書き込みありがとうございます。

      金曜10時のNHKドラマ良いですね(と言いつつ次作は検討中w)。
      竹野内豊、ダンディ(死語)ですよねぇ。
      朗読すると、全ての人たちとの関係がうまくいくなら、ワタシもやりたいw
      最終回の竹野内豊だったら、離婚おなかったでしょうねぇ。
      でも京子先生がいなかったら、あの竹野内豊にはならないので、運命ですかねえ・・・。
      続編に期待できる最後でしたね。
      NHKの掲示板も続編希望の書き込みが多かったですよ~。
      船長姿の杉本哲太も見たかった気がしますね。
      朗読教室、行ってみたいですw
      ワタシも朗読してみたい~♪