「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」 第2話 ネタバレ 感想~気分は悲しい最終回

スポンサーリンク

第2話 「26年目の事実」

あらすじはコチラ→
第1シーズン

26年前に深山(松本潤)は、親・大介(首藤康之)が逮捕された殺人事件の被害者・美里の妹・美由紀(野々すみ花)から連絡を受けて、故郷の金沢を訪れていた。
野々すみ花が松潤に渡したのは見覚えのない水晶の遺留品。
それは被害者のものでもなく、松潤・父のものでもなかった。
そうだとすると、現場に第三者がいたという新たな証拠なのか?

金沢地方検察庁には、シーズン1で松潤が担当した事件の検察官だった丸川貴久(青木崇高)が赴任していた。
青木崇高は松潤に協力をする。

一方、舞子(木村文乃)は、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)から事件の調査に加わることになり金沢へ向かう。
そして、家族で休暇中だった佐田(香川照之)も、斑目の策略で金沢に向かうことになる。
++++++
水晶の遺留品はある神社の縁結びのお守りだった。
傘についた指紋は、松潤の父親と被害者だけだと言うが、傘には第一発見者の警察官の指紋がついていた。
しかし素手で触ったということで、除外されていた。
被害者は誰かに付きまとわれていた。
付きまとっていた人間が犯人だ。

コンビニの前で被害者を降ろしたのに、コンビニには入っていない。
客はいなかった。
しかし巡回中の警察官がいた。

あのときコンビニの店長は警察官を除外していた。
入山記録を調べると、そこには第一発見者警察官、小倉学の名前があった。

被害者につきまとっていたのは警察官・小倉学


同じ派出所に努めていた三宅は小倉のことを起訴されてから怪しむようになった。
三宅は知っていた。
小倉が傘に触ったことも、小倉が被害者に行為を持っていたことも、縁結びのお守りを持っていたことも。
傘には小倉の指紋が二箇所もついていたのは怪しい。

そのことを上司に報告した。
しかし上司は再調査してくれなかった。
上司が取り合ってくれないので、奥田瑛二に報告した。

「検察は刑を決めるわけではない。
決めるのは裁判官だ。」

と取り合ってくれなかった。

真犯人・小倉は指紋という証拠が除外された警察官だったからこそ、現場に松潤父と被害者しかいないという状況を作り出した。

被害者は交際を迫る警察官がいたから、コンビニに入れなかった。
コンビニから立ち去る被害者を追いかける真犯人(警察官)を振り切り逃げようとしたが、捕まってしまう。
傘で必死に抵抗した。
カッとなった小倉は思わず被害者を殺した。

遺体発見現場で争ったときに傘を触ったことを思い出し、発見時に素手でわざと傘を触った。
しかし逆の手で触り、同僚の三宅警察官に疑われることとなった。

「しかし小倉はすでに亡くなっている
三年前にチベットの山から滑落した。」

と奥田瑛二

「あなた小倉さんのことを調べていたんですね。
どうしてですか?」

答えられない奥田瑛二。
立ち去る松潤。

「検察官は最後に裁くのは裁判官だと言う。
裁判官は検察があげてきた証拠だと言う。
弁護士にも打算的になることがある。
裁判とは一体誰のためにあるんでしょうか。」
香川照之が言う。

その後、青木崇高に
「今回の件で出世できなかったら、申仕分けない」
という松潤。
青木崇高は自分の意思でやったことだからと言う。
今回の件で、謝罪をする裁判官も検察官もいないだろうが、せめてもの償いにと頭を下げる。

奥田瑛二は辞職した。


最後の香川さんのセリフで泣きそうになり、青木崇高の謝罪でホロリ。
ホント、松潤父はなんだったんだ。
真犯人の警察官に良心はなかったのか!

最後に被害者遺族の誤解が解けたのはせめてもの救いだけど、やっぱり悲しいわ・・・。
よく第一発見者を疑えというが、その第一発見者が警察官だったら、もうどうしようもない。
被害者の女の子が、「警察官に付きまとわれている」と妹に伝えていたらなぁ。
誰かに伝えていたらなぁ。
警察官がストーカーだなんて、怖かっただろうなぁ。

被害者も、被害者遺族も、冤罪だった松潤父も松潤一家も救われない。
せめて再審請求はできないものか?
松潤の父の汚名だけでも晴らせないものか。

松潤父の事件は、警察官、検察官、裁判官、弁護士・・・全員最悪だったよねぇ。
そもそも犯人の警察官も。
証拠も握りつぶす検察官も。
疑問を持たなかった裁判官。
そして松潤父の冤罪を調べなかった弁護士。
冤罪はこうして作られるのね。

ラスボスだったはずの奥田瑛二があっさり辞職。
シーズン1でも今回のキャラでもちょっと考えられないことだけど、今回は「VS鶴瓶」にするために退場してもらうのね。

シーズン1は弁護士vs検察
シーズン2は弁護士vs裁判官

だから、松潤父の事件を第二話にもってきたのか~。
気分は最終回やわ~!!!

佐藤勝利は木村文乃のなんなんだろうねぇ。
この件はラストに持ってくるのかなぁ。
手でカエル作ってパクパクしている木村文乃がちょっと・・・。
アレもなんなんだろうか。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はこちら
嵐「Find The Answer」
感想はコチラ
「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」 第1話 ネタバレ 感想~木村文乃がカツラに見えた件
「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」 第3話 ネタバレ 感想~鶴瓶は悪瓶
「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」 第4話 ネタバレ 感想~パラダイスロックを仕掛けたい。
「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」 第5話 ネタバレ 感想~訴因変更にカンバンは!
「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」 第6話 ネタバレ 感想~ぺぇかと思ったらIZAMだった件
「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」 第7話 ネタバレ 感想~香川照之を逮捕したかったのね。
「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」 第8話 ネタバレ 感想~真実はひとつ!
「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」 最終回(第9話)ネタバレ 感想~変態隠しの放火
キャスト
深山大翔(34)・・・松本 潤
佐田篤弘(48)・・・香川照之
尾崎舞子(31)・・・木村文乃
丸川貴久(37)・・・青木崇高
明石達也(41)・・・片桐 仁
藤野宏樹(45)・・・マギー
中塚美麗(36)・・・馬場園梓
落合陽平(28)・・・馬場 徹
佐田由紀子(37)・・映美くらら
坂東健太(45)・・・池田貴史
加奈子(25) ・・・岸井ゆきの
戸川奈津子(42)・・渡辺真起子
志賀 誠ま(47)・・ 藤本隆宏
深山大介 ・・・首藤康之
謎の男 ・・・佐藤勝利
大友修一(61)・・・奥田瑛二
川上憲一郎(57)・・笑福亭鶴瓶
斑目春彦(66)・・・岸部一徳ほか

第1シーズンの感想はコチラ
「99.9-刑事専門弁護士-」 第1話 ネタバレ 感想~事件の真相はありきたり。 
「99.9-刑事専門弁護士-」 第2話 ネタバレ 感想~被害者もクズだけど真犯人もクズだった。
「99.9-刑事専門弁護士-」 第3話 ネタバレ 感想~薄味事件。榮倉奈々ちゃんの舌打ちにイラッ! 
「99.9-刑事専門弁護士-」 第4話 ネタバレ感想~大場久美子をキャスティングするのは良いが、升毅はダメよ
「99.9-刑事専門弁護士-」 第5話 ネタバレ 感想~香川照之の「ちょっと待てよ!」もネタ??
「99.9-刑事専門弁護士-」 第6話 ネタバレ 感想~殺人犯の家族は悲しい。
「99.9-刑事専門弁護士-」 第7話 ネタバレ 感想~高嶋政伸の存在感。 
「99.9-刑事専門弁護士-」 第8話 ネタバレ 感想~夏菜の鼻が気になって話が入って来なかった件 
「99.9-刑事専門弁護士-」 第9話 ネタバレ 感想~育ちの悪い嫁を虐げて自分のクビを締める。
「99.9-刑事専門弁護士-」 最終回 ネタバレ 感想~松潤父の冤罪事件は解決せず。

コメント

  1. より:

    いつも優れた記事、ありがとうございます。
    揚げ足取りのようで気が引けますが
    「付きまとわれていた人間が犯人だ」は「付きまとっていた人間が犯人だ」の誤りですね。

    今シリーズ、深山の裁判官批判が目立ちますが、制作サイドが無理やり「対裁判官」指向にしているように感じます。
    深山の父の冤罪は、検察側の責任が大きいです。それでも、検察の捻じ曲げた起訴や証拠を見抜けなかった裁判官にも責任があります。ただ、この事件の場合、裁判官の責任より、弁護士の怠慢がより罪が重いと思います。

    • tarotaro tarotaro より:

      英さん、コメントありがとうございます。
      本年もよろしくお願いします。

      そしてご指摘ありがとうございます。
      訂正しました。

      このシリーズはどうしても「裁判官」とやり合いたいみたいですよね。
      父親の裁判に関しては、検察が一番悪いと思います。
      弁護士にも問題がありましたね。
      この時は岸部一徳さんはまだ弁護士ではなかったんでしたっけ・・・。
      それでも、岸部一徳さんと知り合いだったならも腕利きの弁護士を消化して貰えば良かったのに・・・。
      なんて思いながら見ていました。