「刑事ゼロ」第6話 ネタバレ感想~整形+記憶喪失なミステリー

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

犯人と思われる女(森口瑤子)の正体は被害者・校長・須藤公彦(阪田マサノブ)が半年前まで勤めていた学校に通っていた息子の保護者だった。
息子は自殺していた。
森口瑤子はイジメを疑い調べることにした。

医者だった森口瑤子は、顔を変え記者や弁護士など名前を変えて生徒に近づく。
ある日、イジメをしていた男子生徒が見つかる。
「きちんと謝罪をしたい」
と言っていた生徒たちだが、須藤に口止めされていた。



須藤に殺意を抱く森口瑤子。
息子は2度殺された
1度目はイジメを苦にした自殺。
2度目は存在を黙殺された時。
須藤も二度殺したい・・・。

しかし森口瑤子は須藤を殺せなかった。
そして投身自殺するほどに人生に絶望。
だから・・・記憶を失った。
肉体的にも精神的にも傷ついたから記憶を失った。

犯人は関口成美(舞羽美海)
須藤校長に不倫関係を強要されていた・・・。
・・・痴情のもつれ

森口瑤子は全ての記憶を取り戻した。
そして卒業文集に掲載されるはずだった息子の作文の生原稿を手に入れた!
「お母さんのような医者になりたい。」
仕事続きで、子育てをおろそかにしてきたと後悔していた森口瑤子だが、息子は母の姿を見て成長していた。




イジメ生徒と母親・・・アカンやろ。
須藤校長に口止めされたからって、声を上げれば良かったのに。
本当に反省しているなら、イジメ加害者の母親たちもきちんとそれなりのアクションを起こすべきだ。

そして真犯人の学年主任・関口先生。
空き巣犯も関口先生で、それをネタに不倫を強要されていたの?
ってか、先生が空き巣する???
それとも「子育て」に融通を利かせてやるから関係を強要・・・?
みんながゲスの須藤先生を「良い先生」って言っていたのは、学園に傷がつくから・・?だけ?
須藤先生、悪かったよね(苦笑)



最初から関口先生が犯人だと思っていたから驚きはなかったけれど、ミステリーの王道って感じのストーリーでしたな。
あんなに簡単に記憶喪失になるか?
とか
医者ってやっぱり頭がいいから、プロ並みの捜査ができるんか?
とかいろいろ疑問はあったけれど、このシリーズ、安定感凄いわ~。
整形に記憶喪失にイジメ・・・てんこ盛り過ぎたけど、よくまとまっていたと思う。

瀧本美織から沢村一樹へ“ハッピー・バレンタイン”サプライズは大成功
現場も楽しそうだしなぁ。
瀧本美織ちゃん、かわいがられてそうだね~。
まぁ、可愛いだろうな~。
だいすけお兄さん以外、50オーバーな現場だもんねw

で、沢村一樹・・・ちょっとずつ記憶が戻ってきたような・・・。
そろそろ折り返し地点だもんなぁ。
シリーズ化出来そうな最終回なら良いのになぁ。

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

THE YELLOW MONKEY「I don’t know」

感想はコチラ
「刑事ゼロ」第1話 ネタバレ感想~稔侍が60才の光源氏だった件
「刑事ゼロ」第2話 ネタバレ感想~ビフォー時矢とアフター時矢。どっちがお好き?
「刑事ゼロ」第3話 ネタバレ感想~“超絶逆回転誘拐事件”って超絶!?
「刑事ゼロ」第4話 ネタバレ感想~キョートマンセブン登場。草彅剛主演の「スペシャリスト」の続編あり!?
「刑事ゼロ」第5話 ネタバレ感想~福井から京都まで流れる川ってあるんだろうか?
キャスト
時矢暦彦…沢村一樹
佐相智佳…瀧本美織
福知市郎…寺島進
内海念也…横山だいすけ
背川葉奈…猫背椿
根本留夫…渡辺いっけい
奥畑記子…財前直見
生田目守雄…武田鉄矢

ゲスト
真崎薫…森口瑤子
須藤公彦…阪田マサノブ
関口成美…舞羽美海

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. より:

    ご無沙汰していますが、毎回、記事を「なるほど」と感心、共感して読んでいます。

    今回もほぼ同意ですが、学年主任と空き巣の関係については、空き巣被害を警察に届けると、防犯カメラを調べられて、ふたりの関係が発覚してしまうので、被害届を出さなかったといういきさつでした。(空き巣と同日ではないのですが、その前後の日なので、映像が残っていて、発覚する可能性が大)

    あと、自分の名前も住所も職業も覚えていないのに、地図を見て地名と道路だけ思い出すというのは、都合が良かったかなと思いました。(医学知識も少し思い出していましたが)

    • tarotaro より:

      英さん、お久しぶりです。。
      コメント、ありがとうございます。

      なるほど、自宅で不倫をしていたと言うことなんですね。
      てっきり妻帯者かと思っていたので、自宅不倫とは・・・。
      すっかりその部分を見逃していたようです。
      ありがとうございます!
      スッキリしました。

      主人公の記憶喪失はまだ納得できますよね。
      主人公は昔の事件のことも覚えていないみたいだし。
      しかし森口瑤子さんの記憶喪失は、あまりにも都合が良すぎて。

      年がバレますが、昔、若人あきら(現・我修院 達也)が行方不明担ったとき、「シマ性健忘症」という病名を聞いたような気がするんですが、そんな感じの記憶喪失だったんですかねぇ。
      「忘れることは怖いんですよ。」
      と我修院 達也に改名してから言っていたのを覚えています。
      ・・・なんか、どうでも良いですね。すみませんw