「科捜研の女19」 第26話 ネタバレ感想~異動詐欺。土門復帰!内藤剛志を嫌いになりそうw

スポンサーリンク

「待ち人、来る」

あらすじはコチラ→

浜内詩帆(高田里穂)はDV夫から逃げて神社でかくまって貰っていた。
宮司の妻・深守教子(平井三智栄)の妻は詩帆と間違えられて殺されたのか?
DV夫・通彦(山根和馬)はトラックドライバーで、Nシステムを調べると神社から歩いて40分のパーキングに駐車していたことがわかる。
さらに詩帆の部屋から盗聴器も発見された。
ご遺体を調べていた風丘(若村麻由美)によると、当初後から襲撃されたと思われていたが、前方から襲われたことがわかった。
人違いで殺害された可能性は少なくなった。
盗聴器から被害者の指紋が見つかった。

犯人は浜内詩帆

詩帆のDV被害自作自演だった。
ネット調査会社に依頼をしていたのも詩帆の自作自演。
していたわけではない

バイトしていた時から宮司が自分に気があるのは知っていた。
でもって不倫関係に。
そんな二人に不信感を抱いた被害者は盗聴器を詩帆の部屋に仕掛けた。

堀切(中村俊介)は最初から志保を怪しんでいた。
DV被害者なら人前に出るの極力避けるはず。
なのに大勢の参拝者の前で御朱印を書いたり、動画に撮られたり。
もちろん神社のHPに脅迫コメントを書いたのも志保。

事件のあった日、ドライブインまで夫を呼び出した。
夫のアリバイを無くし、証拠となる品物を手に入れた。
その後、宮司の妻を殺害。
夫のタオルを脇に置いた。
そして飛び降り自殺に見せかけ殺そうとしたところを現行犯逮捕。
詩帆の手袋からは夫のトラックのエンジンオイルと被害者の血痕が出てきた。

夫を別れたかったし、宮司を手に入れたかった。
夫も宮司妻も殺してしまえば、一石二鳥だと笑う詩帆。

ここで問題。
詩帆の車にGPS発信器を取り付けたのは中村俊介。
最初から怪しんでいたので取り付けた。
そのおかげで、夫は助かった。

これが問題になり広域サイバー捜査係は解散。
中村俊介も刑事ではなく、サイバー係に逆戻り。
蒲原も捜査一課に逆戻り。
ってことでいろんな人事がかさなって、土門、捜査一課に復帰!!!


ちょっと待てぃ!!

早すぎる!
早すぎるやろ復帰!!!!
どうなっとんねん。
冬の間は休めば?土門さん。

中村俊介も刑事ではなくなっちゃってさ。
だからゲスト扱いだったのね。
中村俊介は最近悪い役ばかりなので、今回は良い役だねぇって思っていたのに。
ってか、最近「アウト×デラックス」などのバラエティで男尊女卑キャラなので、前ほどありがたみがないんだけどね(苦笑)

警察学校に移動した土門。
教官ってことは、キムタクみたいなことやってたんでしょ?←違うやろ
生徒も気の毒よね。
単に、内藤剛志スケジュールの都合で数回お休みしただけやんね。

で、おみくじで「凶」を引いたマリコ。
”待ち人来る”って、土門のことを待っていたのね。

もう二度と土門の卒業詐欺はやめて。
異動詐欺は止めて!
内藤武志は詐欺しかしない!!←警視庁・捜査一課長(8)

事件の方はそこそこ面白かったのになぁ。
美人な犯人だったねぇ。
バイト時代、宮司が自分に興味を持っていたからって、あんなおっさんのとこに逃げ込むかね?
あんな美人ならもっとお金持ちを取り込めそうだけど。
バイト時代に付き合っていて忘れられないならともかく。
金目当てみたいに言っていたけれど、金・・・持ってんのかな?

宮司の奥さん可哀想だなぁ。
んでもって、他のスタッフも不倫に気づいていたなら、最初に離せば良かったのに。

ま、そんな事より土門が帰ってきちゃうのが・・・もう。
こんなに詐欺ばっかりされたんじゃ、土門が嫌いになります。

気になる「科捜研の女」の感想はコチラ→
気になる「科捜研の女」season17~の感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

「ここにある光」番匠谷紗衣
キャスト
榊マリコ・・・沢口靖子
土門薫・・・・内藤剛志
風丘早月・・・若村麻由美
宇佐見裕也・・風間トオル
藤倉甚一・・・金田明夫
日野和正・・・斉藤 暁
橋口呂太・・・渡部 秀
涌田亜美・・・山本ひかる
佐伯志信・・・西田 健
蒲原勇樹・・・石井一彰

ゲスト:升毅
中村俊介

高田里穂
山根和馬
本山力
中川浩三
内藤邦秋
平井三智栄
ほか

コメント

  1. saki より:

    かなり遅くなっちゃいましたが、あけましておめでとうございます。
    カキコミできないほど忙しい昨年でしたが、
    好きなことをできないと、ストレスたまる~!
    ってなわけで今年はスピードを緩め、こちらにもちょくちょくまたお邪魔したいと思いますので、本年もよろしくお願いいたします。

    ドラマもあんまり見られてないのですが、
    相棒枠とマリコ枠は見逃せない…
    が、しかし!
    本当に内藤さんご都合の内容にはなあ…今回は戸田山さんだったけど、戸田山さんも失笑されてるのではないでしょうか。

    犯人は死語にもなりそうな悪女でしたよね~。
    こういう「全然知らない人がいっぱい」の中での犯人はおもろい。
    しかし動機は不明。宮司もたいしてイケメンでもないし、この寺に収まったからといって何ら得もなさそう。

    スレチですが相棒も最近迷走具合が甚だしいですよね。
    監督さんくらいは有名な方だったのに、もはや新人脚本家や監督さんの腕だめし場所になっている?
    まあ上層部のいろいろだとか、警察内部のうんちゃらかんちゃらよりはわかりやすいし、半径数キロのところで起こっている点ではいいのですが。

    年末に「これは経費で落ちません」の一挙放送がやっていて、一気見してしまいました。
    ジャニーズだということで敬遠していたのが恥ずかしい。
    ものすごく面白かったし、仕事を一生懸命やるって素晴らしいな~と、シンプルに感動してしまいました。

    今期は録画しつつ「アライブ」はもう2回終わってしまったし、ケイジとケンジはこちらでも好評っぽいので、見てみようかなと思います。

    • tarotaro tarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。

      あけましておめでとうございます。
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。
      お忙しそうで何よりですw
      ワタシも昨年からパートにでましたが・・・・忙しいわけではないです。
      でも、ま、ちょっとお金が入るのは嬉しいw

      内藤さん、新刑事ドラマがあるんですよ。
      日曜の二時間ドラマ枠で。
      土門も十津川も一課長もあるのにまた刑事!?って驚きました。
      そんなこんなで科捜研をお休みだったんでしょうか。

      犯人、もっと金持ち狙えよ!
      って思いますよね。
      二人殺そうとしたのに、寺の宮司の妻じゃ、割に合わない。
      宮司の妻って檀家さんといろいろありそうだし。
      バカな女ってことですかね。

      相棒は面白く見られる回とそうでない回の差が激しいですね。
      青木の受難なんて、青木が拉致されただけでそこまで受難だったとは思えないです。
      上層部のことは一切合切片付けて、ついでに青木と衣笠も片付けて・・・って無理ですかね?

      「これは経費で落ちません」
      めっちゃ好きでした~~~!!!
      多部ちゃんが可愛くて可愛くて。
      ジャニーズは・・・力不足の点もありましたが、多部ちゃんが可愛くて可愛くて。←大切なことなので2度言うw
      昨シーズンは「G線上のあなたと私」と「俺の話は長い」も良かったです。

      今シーズン。
      「アライブ」もなかなか良いです。
      落ち着いたドラマで、BGMの秀逸。
      一方「ケイジとケンジ」はバカバカしくて楽しいです。
      昨シーズンは豊作でしたが、今シーズンはイマイチかもしれません。