「科捜研の女19」 第20話ネタバレ感想~西尾さんが痩せた!ワラワネバー!!!

スポンサーリンク

「納豆菌の女VS乳酸菌の女」

あらすじはコチラ→

殺害現場で焼き上がっていた食パン。
食パンからは納豆菌が検出された。
しかしもっとヒヨリタケというキノコの菌も検出された。

犯人はベーカリーオサナイのパン職人、照屋。
照屋は殺害当日、竹富山にパンに使える食材を探しに行っていた。
ベーカリーオサナイの2号店は、照屋に任せると言われていたのに・・・。
あの日、2号店を後妻・長内花野(大路恵美)に「マダム・ヨーグルト」の店にすると言う。
照屋が持ち込んだヒヨリタケには土がついていた。・
「雑菌を持ち込むなってあれだけ言ってんのに。
まだまだだな。」
キレる照屋。
「花野さんはたった6年。
俺は18年だ!」
長内を押し倒すと、製パン台で頭を打ち絶命する。
罪を大路恵美にかぶせるために納豆菌をわざとつけて即パンを焼いた照屋。

納豆を持ち込んだのは大路恵美だったが、持ち去ったのは前妻の登矢奈津(西尾まり)。
大路恵美を庇ったのだ。
西尾さんは実子の翔と会っていた。
納豆教室にも翔は来ていた。
納豆を美味しそうに食べる翔は、
「ママと食べたい!」
と言っていた。

西尾さんは東京に一人で帰ることにした。


最後、エエ話風w
簡単に諦められるもんでしょうか?
継母が良い人だからとて、身を引くことができるもんでしょうか?
ホントのことを翔が知ったとき・・・また揉めそうだし。
養育費のこともあるし・・・、
翔は西尾さんと一緒のほうが良いんじゃないかなぁって思ったりして。
夫が亡くなっている大路恵美はシンママとしてやっていけるんだろうか。

しかし納豆菌よ、しぶとい上に空を飛んだりするのねw
んでもって、納豆は百回叩き付けんのねw

パン職人の照屋。
そりゃ、腹も立つやろて。
だけど18年も修行するようなお店なのかね?
ある程度会得したら、他にうつれよ~。
もしくは自分で店を出すとか。
長内さんだって辞めてほしかったのでは??

来週は西村まさ彦がゲスト!!
「キソウ」みたいね。
面白いだろうなw

気になる「科捜研の女」の感想はコチラ→
気になる「科捜研の女」season17~の感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

「ここにある光」番匠谷紗衣
キャスト
榊マリコ・・・沢口靖子
土門薫・・・・内藤剛志
風丘早月・・・若村麻由美
宇佐見裕也・・風間トオル
藤倉甚一・・・金田明夫
日野和正・・・斉藤 暁
橋口呂太・・・渡部 秀
涌田亜美・・・山本ひかる
佐伯志信・・・西田 健
蒲原勇樹・・・石井一彰

ゲスト:西尾まり、大路恵美、斉藤陽一郎、小川剛生ほか

コメント