「科捜研の女 season17」 第5話 ネタバレ 感想~先週より気の長い殺人計画

スポンサーリンク

「科捜研の女 season17」 第5話 [マリコvs疑惑のリケ女!]

マリコもリケジョだよねぇ。
リケジョ対決なら年の功でマリコが勝ちそうw
あらすじはコチラ→

芸人・桑原バグ(牧田哲也)と恋人の黒川智花が公園の展望台でデートしていると、芸人のファンの女に・有村葉子(吉村泉)に刺された。
パニック状態に陥った女は、刺したナイフを抜き、展望台から自ら身を投げたらしい。
と、ここまでは通報者・黒川智花の証言。

証言どおり、葉子は展望台から飛び降りた可能性が高い。
恋人の芸人は刺傷後にナイフを抜かれ大量出血したためのショック死と判明。
ただ、両腕の上腕外側に残された皮下出血が何によるものか不明。
展望台にあったなぜか防犯カメラは録画されていなかった。

黒川智花は貧しい家に生まれたが、裕福な男と同姓し、大学の学費を払ってもらった。
彼が事故で死んだあとは、恩師である大学教授と出会い就職。
教授にテレビ出演をさせ、有名にさせる。
そこで芸人と知り合う。
自分が上のステージに行くために、男を利用。
今度は弁護士の男に目をつけ、アメリカの研究室に就職できることになった。

犯人は黒川智花

葉子は芸人のストーカーファンだった。
そこに目をつけた黒川智花は、ブログで展望台が癒やしの場所であること、その日展望台に行くような書き込みをしていた。
計画通り、葉子はナイフを持ってあらわれ、二人に向かってきた。
黒川智花は芸人を内出血がのこるほど抱きしめ、いい具合にナイフが刺さるようにした。
そして救急車を呼ぼうとした葉子を突き落とした。

8ヶ月前から殺人計画を立てていた黒川智花。
アジアコウモリガの卵を防犯カメラ付近に置き、孵化させ防犯カメラのケーブルを切った。
アジアコウモリガのDNAを調べた結果、国内で生息するものではなく、黒川智花の研究室にある外来種のものだと思うと追い詰めるマリコ。

黒川智花は、ペラペラと話し出す。
葉子を殺したことも、芸人のナイフを抜いたのも認めた。
ロイコクロリディウムになれないから。
ここではないどこかに行きたい。

誰かの力を借りることに決めた。
そしてようやくここまでこれた。

「アジアコウモリガを返して、この研究室には毒アリがいて、刺されたら死ぬよ?」
とマリコを脅す。
「留守中に勝手に人の研究室に入ってきてダンボールを倒したなんて、かわいそう・・・。
ワタシはスプレーしているから大丈夫w」←え?

良いタイミングで土門さんが登場。
しかし毒アリは嘘八百。
マリコは最初からお見通しだった。



マリコ以外のリケジョは馬鹿なの?
ハッタリ脅しをかけるほど切羽詰まっていたくせに、なんでペラペラと喋っちゃうのよ?

芸人一人を殺すために8ヶ月もかけるなんてさ。
別に普通に別れればいいだけなのに、なんで殺した?
大学生の頃、同棲していた男も、大学教授もほんまに事故で死んだのかしらねぇ?
こんな気の長い殺人計画をする女なんだから、ひょっとしたら殺しているかもしれないなぁ。
しっかし、なんでこの女の言いなりになるのかしら???
そりゃ、芸人は黒川智花の助言で売れたんだから言うコト聞いちゃうかなぁ。
元相方のザブングルの加藤は「悔しいです!」って言わされていたけれど、売れてしまったんだからしょうがないよねぇ。
芸人の芸名は虫関係の事件だったから「バグ」だったのかしら?

ストーカー女がいるからって、あの展望台に来るかどうかわからないし、ナイフを持ってくるなんてわからないしねぇ。
なのに黒川智花の力で男を羽交い締めにして、ストーカー女をちょっと突き飛ばしただけで、胸の高さまである柵から転落させるなんて、凄い怪力だ。
ホンマにリケジョ??
そのわりにペラペラと自白。
捜査令状もなしに研究室から出てきたアジアコウモリガなんて証拠にはならないのに。

でも、ま、いいか。
風間トオルを抱きしめている(羽交い締め?)マリコを見た土門さんが面白かったから。

あ、それから・・・。
「ロイコクロリディウム」ってのは検索しちゃいけないよ!
めっちゃ気持ち悪いから、絶対だよ!!絶対ダメよ!!!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

気になる「科捜研の女」の感想はコチラ→
気になる「科捜研の女」season17~の感想はコチラ→

キャスト
榊 マリコ(さかき・まりこ)……沢口靖子
土門 薫(どもん・かおる)……内藤剛志
風丘早月(かざおか・さつき)……若村麻由美
宇佐見裕也(うさみ・ゆうや)……風間トオル
藤倉甚一(ふじくら・じんいち)……金田明夫
日野和正(ひの・かずまさ)……斉藤 暁
橋口呂太(はしぐち・ろた)……渡部 秀
涌田亜美(わくた・あみ)……山本ひかる
佐伯志信(さえき・しのぶ)……西田 健
蒲原勇樹(かんばら・ゆうき)………石井一彰

ゲスト
黒川智花、牧田哲也、寺井文孝、加藤 歩(ザブングル)、吉村 泉、前川恵美子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ぽんぬふ より:

    tarotaroさん、こんにちは。
    ロイコクロリディウム、「押すなよ押すなよ」効果でもちろん検索しちゃいましたw
    触覚に入り込むって・・・オエッ。カタツムリもかわいそう。
    今回の話は悪い意味でのわらしべ長者みたい。
    でも満足したら別れるだけでいいのに。殺す必要ないですよね~(^^;
    バグ&アントってコンビ名、石井正則のアリtoキリギリスを思い出しましたw
    黒川智花は高みを目指したいというよりロイコクロリディウムのごとく寄生したかっただけ?
    風間トオルを羽交い絞めにしたマリコを見た土門さんが片眉だけクイッって上げてたのが器用で印象的でした(笑)

    • tarotaro より:

      ぽんぬふさん、書き込みありがとうございます。

      ロイコクロリディウム、検索しちゃいましたか!
      気持ち悪かったですよねぇ。アレ。
      アレはちょっとリンク貼れなかったです(爆)

      のし上がるために男を利用するって言うのは理解できても、殺人までするのは理解出来ないですね。
      しかも8ヶ月も前から計画。
      そんなことするくらいなら、すっぱり8ヶ月前に別れたら良いのに。
      相手は芸人。研究者としての自尊心を満足させてもらえる相手だったのでしょうか?

      アリtoキリギリス・・・どっちがアリでどっちがキリギリスかわかりませんが、石井正則しか見ないですねぇ。
      むか~~しは、相方もバーターでチョイ役出演していたのに、コンビ別れしたのでしょうか。
      土門さん・・・・もうちょっとリアクションしてほしかったですねw
      ビジュアル的には、風間トオルと沢口靖子のほうがお似合いw

  2. naraku より:

    ロイコクロリディウム、流行っているんですかね?前回の「刑事ゆがみ」でも、寄生されたカタツムリみたいなマーク(イラスト?)が出てきたし。しかしこの犯人は高みに上がっていくというより暗闇に真っ逆さまでしたね。ケーブル切断に利用された外来種のアジアコウモリガも気の毒でならない。

    最高のリケジョ、マリコさんと土門さんは結ばれるのかしら?

    • tarotaro より:

      narakuさん、書き込みありがとうございます。

      ロイコクロリディウム・・・。
      そういえば「刑事のゆがみ」にも寄生虫が出て来ましたね。
      この犯人は、何人殺したんでしょうね?
      大学に入学できて、研究室でも働けて・・・ここまでは良いんですが、芸人と付き合うってことがなんなのかイマイチ(苦笑)
      たしかに転落しちゃいましたね。
      もう上がることはなあそう。
      マリコさんと土門さんは・・・結ばれてほしくない気もするんですよねぇw
      このままの関係が良いような気がします。

      今日、気がついたのですが、旧ブログのnarakuさんのコメントに返信していませんでした。
      http://tarotato-tarotaro.blog.so-net.ne.jp/2017-10-19-3
      コチラの記事です。
      1ヶ月後に気づくなんて申し訳ありませんm(_ _)m