『特命刑事 カクホの女2』 第2話 ネタバレ感想~我聞と渡辺大は起訴されたのか?

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

水嶋直哉(河相我聞)のアリバイはすぐ崩れた。
料亭には隠しドアがあった。
解職していた添田充(瀬戸将哉)も我聞が長く席を外していたという。
しかし我聞は違う部屋で寝ていたとか・・・。
小山内さんの部屋にあった高級グラスから我聞の指紋が検出され、我聞が逮捕。
殺人を否認する。

我聞のアリバイを崩した店の警備員・山崎(渡辺大)の母親も軽度の認知症の母親が詐欺にあい自殺していた。
我聞の詐欺の被害者だった。
我聞の詐欺グループ被害者の会でしりあった小山内さんと渡辺大。
調べれば調べるほど、合法的に罰するのは難しい我聞。
そこで自分自身の命をかけて人生最大の行動に打って出た。
小山内さんが我聞を脅迫するメールを送ったあとに自殺。
あたかも殺人事件が起こったかのように渡辺大が偽装工作。
セキュリティ記録を書き換え、我聞の指紋がついたグラスを置く。

小山内さんは自分の自殺が疑われるように自殺する当日、百合子(名取裕子)と釣りへいく約束をしていた。
まんまとそれにひっかかった。

渡辺大は独り言として発言。
平気で自殺に追い込む行為を殺人と言って何が悪いんですか?
何十人も殺した殺人鬼ですよ。

あや(麻生祐未)が説得するも調書にもサインをしない渡辺大。
「今ここで、自分が裏切ったら、小山内さんが何のために死んだのかわからない。」
と証言を拒否。

そして殺人の疑いをかけられるより、詐欺罪のほうが良いと、詐欺の仕組みをペラペラ話し出した我聞。
証拠のグラス、捨てるか否か。
我聞はどうなったのか、渡辺大を立件できるのか・・・。
わからない。



アレ?僕蔵の自殺の見立て・・・間違ってなかったw
初回、2回目とも僕蔵は序盤に出てきて、わーわー文句言ってフェイドアウト

「あなたのお母さんは復讐のために生きて欲しくない。」
と渡辺大を説得にかかった麻生祐未さんだけど、ずっしりくるのは名取裕子。
まさに復讐のために生きているんだから。
そしてその名取さんに、我聞の指紋がついた証拠品のグラスを渡して、どうする?
と試す麻生祐未さん。
警察官だった人間がそんなことしないと言うが、エンディングではそのグラスを思わず投げて慌てる。

証拠・・・ちゃんと大切にしなければ。
あれがないとね、いろんな人の人生も代わる。

前作の最終回からずっとなんですけど、なんでこんなにモヤモヤさせる・・・余韻を残すの?
我聞は詐欺で立件できるのか、渡辺大はなんらかの罪に問われたのか、イマイチわからないまま。
我聞・・・立件できると思う?
厚生労働省のお役人も絡んでいるしさ。
そっから認知症患者のデータを手に入れたんだしさ。
どうなんだろうか(苦笑)



コレ、毎回毎回、どうなった?って思わせたいのかもな。
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』の場合は、次の事件がシンクロしちゃってモヤモヤしたけれど、このドラマのモヤモヤとはちょっと違う。

高橋克典の件は最終回まで引っ張るんだろうな。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
『特命刑事 カクホの女2』 第1話 ネタバレ感想~定年した名取裕子、嘱託で復活!
『特命刑事 カクホの女2』 第5話 ネタバレ感想~まず加藤雅也が裏切るんすなぁ。
『特命刑事 カクホの女2』 第6話 ネタバレ感想~裏切り者は誰だ!?まさか・・ワタシの・・?
『特命刑事 カクホの女2』 最終話(第7話) ネタバレ感想 ~カクホしたものの解決せず!!

出演者
北条百合子・・名取裕子
三浦亜矢・・・麻生祐未
城田正樹・・・大東駿介
浜口洋二・・・正名僕蔵
黒木達也・・・小野塚勇人
磯貝宏行・・・生島勇輝
平純樹・・・・渡辺碧斗
森本武史・・・加藤満
芹沢隼・・・・長谷川初範
如月光太郎・・高橋克典(特別出演)
竹宮圭介・・・加藤雅也
ゲスト
山崎孝志・・・渡辺大
水嶋直哉・・・河相我聞
植木正弘・・・おかやまはじめ
小山内寛治・・坂口進也
添田充・・・・瀬戸将哉

コメント