「ミス・ジコチョー」第3話 ネタバレ感想~千葉哲也さんとか東とかアンゴラ村長とか

スポンサーリンク

天才・天ノ教授の調査ファイル~「真奈子、逃げ出す」

あらすじはコチラ→

エアコンのメンテナンスが火災の原因。
エアコンに錠剤でクリーニングを施す。
実験開始!

エアコンメーカーは基盤部分から発火しないように出来ている。
しかし発火したエアコン会社は、基盤部分にガードがなかった。
「失敗が起こることを前提にコストをかけられるか。」
自信満々のメーカーの開発部長・黒島(千葉哲也)。

エアコンのコーティングは新素材。
この新素材に自信満々の黒崎。
しかしがひび割れていた。
油性の付着物は一時的にそのひび割れを隠していた。
皮肉にも頻繁にクリーニングをしたことでひび割れから水分が入っていた。
それを1年、2年と続けていたら・・・発火。
野津田(堀井新太)が指摘したのは正しかったのだ。
へなへなと腰を抜かす黒島。

「失敗をゼロにはできません。」
失敗を非難したことが失敗。
なにより・・・
「最大の失敗は、野津田くんを手放したことです。」

唯一死亡したバンドメンバーのルナ。
彼女の死は自分のせいだとせめるメンバー。
しかしルナは楽屋にスマホを取りに行っていた。
その中には、バンドメンバーと一緒に作った曲が入っていた。


千葉哲也さんのギャフンタイム。
そのまんま東に見えた。
モラハラタイムは東に見えなかったのに。
なぜだ!?
千葉哲也さんを見たのは「ペテロの葬列」が初めてだったのですが、その時の印象が強烈すぎて、見る度に怖いんですけど(苦笑)
今回も、モラハラな部長がホントにえげつなく見えてきて。
いや、本来ならそこまでえげつなくなかったのかもしれないが、「ペテロの葬列」の井出パワーがすげぇ。

今回は刑事ドラマみたいなテイストでしたなぁ。
刑事ドラマのテイストもベタっちゃベタかもしれないけど、へなへなする千葉さんを見られたのは楽しかった。

エアコンの出火とバンドメンバーの死。
これは取り合わせとしてあまり良くなかったかも。
ギャフンタイムを楽しんだものの、終盤でバンドメンバーの死の真相を改めて解明していた野津田くん。
そうだった。
事件解決はスッキリしたけれど、人が死んでたんだった。
なのに実験のシーンはコミカルだったなぁとかw
犠牲者は一人だけど、夢を持った若い女の子だったんだと思うと、「120度突破!!」とか言ってる場合じゃなかったなw

で、そのバンドのドラムがアンゴラ村長がいたのね。
クレジットは本名の佐藤歩実でした。
セリフはなかったし、縄跳びもしなかったけど。←そりゃそうだ。

松雪泰子さんは最近の役のなかでは一番好きかも~!!
女版ガリレオ?
似合ってるわ~。
見た目も理系っぽいのよね~。


   
      

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:[ALEXANDROS]「あまりにも素敵な夜だから」

その他の感想はコチラ
「ミス・ジコチョー」第1話 ネタバレ感想~ヒューマンエラーだけってことはないよね?
「ミス・ジコチョー」第2話 ネタバレ感想~ワタシ、失敗しちゃった!がクセになりそう。
「ミス・ジコチョー」第4話 ネタバレ感想~オペ中に炎上!
「ミス・ジコチョー」第5話 ネタバレ感想~解決編!1話におさまったような気がする。
「ミス・ジコチョー」 第6話 ネタバレ感想~水橋研二は水橋研二なのだ。
「ミス・ジコチョー」第7話 ネタバレ感想~「半分、青い」は邪魔しない。
「ミス・ジコチョー」 第8話 ネタバレ感想~稲川淳二かと思ったら宇崎竜童だった件。
「ミス・ジコチョー」 最終回(第10話) ネタバレ感想~ノリノリ余貴美子サンタ!

キャスト
天ノ真奈子…松雪泰子
野津田燈…堀井新太
辻留志保…須藤理彩
西峰郁美…高橋メアリージュン
南雲喜里子…余貴美子
ゲスト
千葉哲也(第3回)

コメント