「イノセンス 冤罪弁護士」最終回(第10回) ネタバレ 感想~サイコパスではなかった!

スポンサーリンク

「怒涛の最終話!!狂気の殺人犯vs冤罪弁護士」

あらすじはコチラ→公式サイト

検察は拓(坂口健太郎)の弁護士事務所を家宅捜索する。
武田真治が犯人だと知り、坂口健太郎に協力する秋保(藤木直人)。
そこで拓は今回の連続殺人事件の裁判の証人に、神津一成(武田真治)を要請する。

びっくりするほどすんなり、自供する武田真治。

武田真治の犯行動機は、4浪して大学生になったのに、痴漢冤罪で逮捕され、大学に通えなかった。
本当は無罪だった。
示談金欲しさに女がでっち上げただけだった。
そんなこんなで警察に恨みがあった武田真治。
適当に被害者と加害者を見つけ、証拠品もねつ造。
周到に用意して犯行に及ぶと、驚くほど簡単に警察は引っかかってくれたらしい。


最終回で、真犯人が出てきて自白しない限り冤罪事件は再審されないってことを証明。

前回、武田真治が犯人かも?と思いながらも、実はもっとすご~~い犯人がいるのかと思いきや・・・。
でもそんなことは、「スッキリ」に番宣で出ていた坂口健太郎が言っていたので、知っていたんだけど(苦笑)
真犯人を楽しみに見ることもできなかった。
「法廷ですごい戦いがある!」と宣伝していたんだけど、そこまで凄くはなかったかも。
ハードル、上げないで欲しかったなぁw

川口春奈ちゃんは最終回前に刺されたもののすぐに復帰。
藤木直人はあっさり坂口健太郎に協力。
草刈正雄も責任を感じて謝罪。←お偉いさんだからって、傍聴人の草刈さんがあんなにペラペラ喋っても良いのか。
小市慢太郎は藤木直人の警察批判にぐうの音も出ない。
真犯人はサイコパスと思いきや、警察への復讐。
疑われてもいないのに、坂口くんを刺しに言ったり、自首したり・・・と。

あま~~いドラマだったなぁ。

11年前の犯行現場のタバコ。
よく取っておいたなぁ。

しかし、ま、全部、回収されました!
なので事件に関してモヤモヤはありませんでした。←検事の人材不足にはモヤモヤだったけど。
面白く無かったわけではないんですよ。
ホント。
ベタも良いなと思うんですよ。
なのに、何かが足りない。
そんなドラマでした。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。
主題歌:「白日」King Gnu
参考資料:「冤罪弁護士」今村 核 著(旬報社 刊)
感想はコチラ
「イノセンス 冤罪弁護士」第1回 ネタバレ 感想~とりあえずベタ。
「イノセンス 冤罪弁護士」第2回 ネタバレ 感想~防犯カメラ映像に騙されるな。
「イノセンス 冤罪弁護士」第3回 ネタバレ 感想~ドラマのモヤモヤをKing Gnuの歌声で薄める。
「イノセンス 冤罪弁護士」第4回 ネタバレ 感想~10話中1話は殺人ではなく事故でなければいけない件。
「イノセンス 冤罪弁護士」第5回 ネタバレ 感想~自殺はリベンジにならない!
「イノセンス 冤罪弁護士」第6回 ネタバレ 感想~どうして検察官が一人しかいないのか?
「イノセンス 冤罪弁護士」第7回 ネタバレ 感想~川島海荷ちゃんは高校生にしか見えない
「イノセンス 冤罪弁護士」第8回 ネタバレ 感想~再審請求の壁のリアル
「イノセンス 冤罪弁護士」第9回 ネタバレ 感想~筋肉体操が刺したんだぜ。
出演
黒川拓——–坂口健太郎
和倉楓——–川口春奈
城崎穂香——趣里
指宿林太郎—-小市慢太郎
登別次郎——正名僕蔵
石和徳則——赤楚衛二
鳴子恭輔——中島広稀
別府長治——杉本哲太
湯布院和人—-志賀廣太郎
有馬聡子——市川実日子
黒川真——–草刈正雄(特別出演)
秋保恭一郎—-藤木直人

坂本真 木崎ゆりあ 鈴之助 伊藤梨沙子(他)
ゲスト: 片岡鶴太郎 星野真里 螢雪次朗 酒井美紀(他)

コメント

  1. kashweregreen より:

    いつもお世話になっております!
    グッドワイフの最終回のコメントをしようと思っていたんですけれど、まずは、こちらのドラマからです!
    確かにベタなんですよね!
    最終回の前の回までは坂口君たち弁護士とメンツばかりに拘る不正義な検察の攻防という図式だったのが、最終回ではあっさり坂口パパの草刈さんが法廷で謝罪したり、いきなり出てきたB作さんの協力で当時の所轄の証拠品が出てきたり、そして最終回いちばん美味しいところを持っていくのは筋肉オタク(笑)の武田さんかと思いきや、藤木さんの法廷での、まくし立てるなが台詞と(笑)あまり坂口川口ペアの見せ場がなくて、ご指摘のようになんだか物足りないテイストになってしまいましたよね!
    日テレにしてはマトモなドラマですが、確かにツメの甘いベタドラマかなとも思います。
    小市さんは地味な役柄ですけれど、時間にすると坂口川口ペア以外だと藤木さん並みの助演男優になっておりますね!
    坂口川口ペアは個人的には良いと思いますので、また違った形でやって欲しいと思います!

    • tarotaro tarotaro より:

      kashweregreenさん、おはようございます。
      コメント、ありがとうございます。

      最初から最後までベタでしたね。
      草刈さんの心変わりはなんだったんでしょう?
      あんなに息子の邪魔ばかりしていたのに、最終回だけ見ると別人。
      犯人の自供がでたから尻尾巻いたのか?としか思えなかったです。

      武田真治があっさり真犯人だったのも、なんだか・・・。
      大団円というか尻すぼみというか。
      引っ張ったわりに、風呂敷畳むのがあっさりでした。

      面白く無いわけではないけれど、全ての点でちょこちょこ物足りなさを感じました。
      川口さん、初回はとってもうるさかったけれど、どんどん可愛くなっていたのが救いでした!