「警視庁・捜査一課長 2020」 第11話 ネタバレ感想~姜暢雄さん、これだけ?

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

殺された移動販売のベーカリーを営む椋木淳史(若林久弥)は、5年前に傷害致死事件を起こした鷺沢麻知子(朝比奈彩)の裁判の証人だった。
椋木は鷺沢の不利になる証言をしていた。
犯人は椋木が移動販売車のスピーカーから流していた大音量の音楽をめぐって、トラブルを起こしてい鴨志田。
鴨志田は何度も騒音の注意し、法律違反であることも指摘するが、椋木は意に介さない。
それどころか、バカにされたと感じてしまう。
「司法試験合格のために法律を勉強している。」
「じゃ、あ司法浪人か。
向いてないんじゃないの?」←確かに向いていない

そんな時、鷺沢(朝比奈彩)とすれ違う。
裁判を傍聴するのが趣味の鴨志田が一番最初に傍聴した裁判が鷺沢の傷害致死事件だった。
傍聴記録を読み、すぐに事件の全貌が掴めた。
そこで思いついた殺人計画。
殺害前椋木のあんパンを盗む。
その映像が被害者とは違う移動販売者のドライブレコーダーに録画されていた。



盗んだあんパンを持って走り出し、鷺沢(朝比奈彩)に体当たり。
落としたあんパンを鷺沢が拾い上げ、あんパンに鷺沢の指紋をつけた。
殺害時のアリバイを主張するが、非常階段から自転車置き場の屋根に乗り移れば防犯カメラに映らず犯行に及ぶことができる。
椋木を殺害し、あんパンをばらまき、その中に鷺沢の指紋がついたあんパンおいた。

事件は解決するが、鷺沢は息子と会おうとしない。
一課長は鷺沢が働く飲食店に元夫・鳩村直道(姜暢雄)、息子・晴己(森崎海來)と姑を招待した。
何も知らない息子は大好きなオムライスを食べる。
調理場から涙ながらに息子の様子を見ていた鷺沢。



犯人・・・いくら最初に傍聴した裁判だからって、証人の顔と名前まで覚えていたのか。
朝比奈彩は美人だから覚えているのはわかるけど。
こんなヤツが司法試験に合格しなくてよかったよ。

ってか、朝比奈彩ってヤンキーに見える?
綺麗なモデルさんにしか見えないけど。
5年前っていえば、息子もまだ1,2才。
手癖が悪いとか言い出すあのおばはんはどうなんだ?
それに・・・あれで殺意があるって認定されちゃうとなぁ。
姜暢雄がただの元夫。
なんの見せ場もなくてちょっと戸惑う。
春風ひとみさんもおばあちゃんの役かぁ。
美人さんだと意地悪そうに見えるなぁ。

ゲストの役名は全て鳥にちなんだ名前だったので、笹川刑事部長も鳥になったのかしら?
今シーズンは特にエンディングに無理矢理エエ話に持って行くねぇ。
何でだろう?

警視庁・捜査一課長の他の記事はコチラ→
にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。



主題歌はコチラ

GLIM SPANKY『Singin’ Now』

キャスト
大岩純一・・・内藤剛志
武藤広樹・・・矢野浩二
天笠一馬・・・鈴木裕樹
奥野親道・・・塙宣之(ナイツ)
大岩小春・・・床嶋佳子
小山田大介・・金田明夫
平井真琴・・・斉藤由貴
笹川健志・・・本田博太郎
ゲスト
朝比奈彩 若林久弥 少路勇介 姜暢雄 春風ひとみ 宮澤佑 丸山礼 森崎海來 ほか

コメント

  1. 菜っぱ より:

    いつもドラマのモヤモヤ部分をすっきりさせていただき、ありがとうございます(笑)
    込み入ってなさそうなのに、博太郎の助言とか、ナイツの女子力とかの小ネタに気を取られ、「あれなんだっけか」がちょいちょい発生してしまい、油断大敵ドラマです。

    姜暢雄でしたか、いや~~ドラマ中はまったくひっかかりもしませんでした、あのイケメンが・・・何だか嬉しいです😃。

    • tarotarotarotaro より:

      菜っぱさん、コメントありがとうございます。

      そうそう、博太郎のコスプレとかナイツの雑学とか、ビビの太りっぷりとかで事件のことを忘れてしまいますよね。
      結構、単純な事件なのにw
      姜暢雄、売れっ子だったのに。
      研音を辞めたのがよくなかったんですかね?