「婚姻届に判を捺しただけですが」 第1話 ネタバレ 感想~不毛な恋の隠れみの・・でも好きになるんでしょ?

スポンサーリンク

「お一人様最高女子がカタブツ男子と偽装結婚」

原作:有生青春「婚姻届に判を捺しただけですが」

あらすじはコチラ→

百瀬柊(坂口健太郎)が結婚したい理由は好きな人がいるから
「その人とずっと好きなままいるために結婚したい」
この思いを好きな人に気づかれて避けられたり気を使わせたり嫌われたりしたくない・
そんな恋を忘れろと外野から干渉もされたくない
「とにかく 全て 僕が既婚者であれば 解決するんです」
「要するに百瀬さんは 結婚を不毛な恋の隠れみのにしたいと?」
「”不毛な恋の隠れみの”か。実に ドンピシャなキャッチコピーです」
明葉に結婚したら500万貸すと申し出る百瀬だが、一度は断った明葉。
しかしどうして金が必要になり、やけくそで結婚を決めた明葉。
別に死ぬわけじゃない
婚姻届に判を捺して役所に出すだけ
お金を返したら別れてもらえばいい
本当の夫婦になるわけじゃない!
「私の人生500万で百瀬さんに貸します」
「お金を貸すのは構いませんが、仮に返してもらっても戸籍にバツが残りますよ
大加戸さんが言ったんですよ
偽装結婚をしてくれるような都合のいい相手なんか現れるわけないって」
「そうですけど」
「分かりました
その逆プロポーズ
お受けしましょう」



懇意にしてもらってる海外赴任中の社長から帰国するまでの間、家を借りることになった百瀬。
とにかく豪邸!
浮かれる明葉だが、一応金を返せば離婚できるんですよね?と確認。
「そのあとは元妻を忘れられず再婚などしない男として世間を欺く」と答える百瀬。

明葉の様子を見た百瀬は、割とガサツな女だと察知。
共同生活のルールを細かく提示し冊子にまでした。
書くまでもないが・・・
「お互いを好きにならない」
って起きても提示した。

翌朝、大音量の目覚ましで目覚める明葉。
百瀬は朝が弱いのだった。
早くも不満がたまる明葉
ある日、帰宅すると百瀬の家族がいた。
何も聞いてなかった明葉は不審者だと思い込んだ。
百瀬が帰ってくると明葉が百瀬の両親と兄に謝罪していた。
その時、百瀬の大福好きを聞いた明葉。



仕事でその店の前を通り、大福を購入。
百瀬の分も買い皿に入れレンチンしてやると・・・金の皿だったので焦げる・・・。
百瀬は「これは 信用の問題です」と激おこ。
食器類は自分のものを使うっていう約束だった。
「不毛な恋の隠れみのとはいえ僕も もう少し相手を選ぶべきでした」
「そこは反省します」
「こうして 暮らしていく以上今後は最低限
迷惑をかけない生活を心がけてください」
「最低限 迷惑をかけない生活?
それ私のセリフなんですけど」
百瀬の部屋に行き、目覚まし時計を鳴らす。
毎朝鳴り続けるこの目覚ましの方が何百倍も迷惑だ!
それが無理ならと家を出て行く明葉。
そえからずっと会社に泊まり込み。
3日目社長が飲みに連れて行ってやり、不満を聞いて貰う。
「私ダメなんです。人と暮らしていくの」
社長に励まされる。
会社に戻ると百瀬が待っていた。
社長は帰宅。



「大加戸さんにお願いがありまして一つ 妥協していただけませんか?
これから毎朝、大加戸さんが僕を起こしてください
実家にいた時は毎朝、兄が起こしてくれて人の声だとすぐに起きられたんです
大加戸さんが起こしてくれれば、もう目覚ましをかける必要もなくなります」
「お互いの生活に干渉しないんじゃ…」
「ええ ですから妥協のお願いをしたいんです
一緒に暮らしていく以上関わりあっていかなくてはいけないと僕なりに反省しました
今後 できない我慢はせずに言ってください
僕達は本物の夫婦じゃないけど、でも遠慮はいりません。
こんな夫婦だからこそ、お互い 主張をちゃんとして話し合って僕達なりの夫婦になっていきましょう」
明葉の手に電池を握らせる百瀬。
「もうあの目覚ましは 鳴りません」
「分かりました」



偽装結婚の理由が借金だから。ばあちゃんのために借金するって展開。
そうただきっかけがばあちゃんのための借金。
これがね。ちょっと気になっちゃって(苦笑)
いいじゃん、ばあちゃんなんて遅かれ早かれ死ぬんだし。
孫に肩代わりして欲しいなんて思ってないよ。
独り善がりだよ!って一応、ツッコミを入れておく。
ま、これがないと偽装結婚しないので仕方ないんですけどね。

坂口健太郎演じる百瀬が菅波に見えちゃって、ついつい他のドラマを考えたりしちゃった。
これは覚悟していたこととは言え、菅波・・・あと数回しかないのになんで出てこないんだよ~。
コロナ禍になっちゃうよ!って思ってしまって(爆)

「不毛な恋の隠れ蓑にしたい」のキャッチコピーにするあたり変な人の百瀬。
百瀬はクセがある人なのか・・・と思っていたら、初回からかなり妥協しちゃったw
細かい性格できちんとしていて・・・朝起きられない。
朝は兄に起こして貰っていたので、妥協して明葉に起こして欲しい。
これってお金で解決できない?
明葉は起きたくないんだよね。
目覚ましが不快なのはその時間に起きたくないからだよねぇ。
なのに起こすってことは・・・かなりの借りを作ることになると思うんだけどな。
大福効果で下手に出ることにしたのかしら。




兄貴の嫁が好きってのも、ありがち、
偽装結婚に兄嫁好き。
ヒロインがズボラ・・・めっちゃ既視感はあるものの・・・倉科カナさんの登場で少し浮上。
坂口健太郎の兄が前野朋哉なのも倉科カナの夫が前野朋哉なのあり得ないけど。
倉科カナさんは「カインとアベル」でもそんな役だったなぁ。
今回は、揺れ動かなさそうだけどw

しかしとてつもなくデカい家だなぁ。
ズボラ女子があの家の掃除はかなり負担なのでは?
あの階段も無駄に幅広いし、あの手の手すりはすぐに誇りがかぶるし。
ライトにシーリングファンに・・・。
月に一度はプロの手を借りたいくらいの広さだ。
あんな綺麗な家で猫飼っても良いのかよ。
家も坂口健太郎付いてくるなんて、猫アレルギーだけど羨ましいよ。←死ぬぞ
すごいご褒美だな。

ヒロインの清野菜名さん。
結婚なんてどうでも良い!って言いながら、帰ったら生田斗真がいるんだよなぁって思っちゃうわねw
清野さんはラブコメのイメージがあまりないので新境地が開けるか。
清野さんのドラマ・・・最後まで完走できたら「トットちゃん」ぶりかもw
「今日から俺は!」「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」「神様のカルテ」・・・全部脱落してしまったので。←べつに清野さんのせいではございません。
今回は完走したいと思っております。
清野さんってちょっと阿川佐和子さんに似てるよね~。
ショートカットが似合いそう。


にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「婚姻届に判を捺しただけですが」 第2話 ネタバレ 感想~ヒロインの暴走についていけない。
「婚姻届に判を捺しただけですが」 第3話 ネタバレ 感想~兄嫁があざとすぎる!
「婚姻届に判を捺しただけですが」 第4話 ネタバレ 感想~坂口健太郎、キャラ変しすぎ
「婚姻届に判を捺しただけですが」 第5話 ネタバレ 感想~兄夫妻の離婚騒動を見せられただけです
「婚姻届に判を捺しただけですが」 第6話 ネタバレ 感想~互いにキスをしただけですが

キャスト
大加戸明葉(清野菜名)
百瀬柊(坂口健太郎)
百瀬美晴(倉科カナ)
牧原唯斗(高杉真宙)
百瀬旭(前野朋哉)
小杉深雪(中川翔子)
坂原証(笠原秀幸)
藤井ひかり(小林涼子)
井上陸(森永悠希)
田村彩乃(長見玲亜)
麻宮祥子(深川麻衣)
舛田康弘(岡田圭右)
大加戸初恵(木野花)
森田聡(田辺誠一)

コメント