『半分、青い。』第2回 感想~生まれたよ!

スポンサーリンク

第2回(第1週)「生まれたい!」

あらすじはコチラ→


連続テレビ小説半分、青い。(Part1)

分娩室に入った晴(松雪泰子)だが、赤ちゃんの首にへその緒が巻きつき中々の難産に・・・。
病院では、老舗写真館の和子(原田知世)も出産を迎えようとした。
いよいよ晴が産気づいた時、和子も陣痛が始まる。
晴の赤ちゃんは、女の子。
和子の赤ちゃんは男の子。
ほぼ同時に、二人の赤ちゃんが産まれた。



死体の中にカセットテープが埋め込まれているミステリー小説。
面白そう(爆)

やっと生まれたねぇ。
当時、自然分娩が主流だったよね。
1972年生まれのいとこも、へその緒が首に巻き付いて難産。
結局、「ほとんど青い」状態で生まれ、即、保育器に入れられたそうだ。
3600gの赤ちゃんが保育器に入ってるという目立つ存在にw
その上すぐに回復したのか、産声もうるさく、ひときわ
「あんな元気な子が保育器に入ってんねん」
と言われたそうで。
しかし生まれたときに確かに元気がなく、手もだらんと股間にあり、親指とナニを見間違えた看護師さんが・・・女子なのに「元気な男の子です。」と言われたとか。
出産は十人十色。
だけど、あの時代は、とにかく「自然分娩」優先っていうリアリティはありかなぁと思いました。今なら、すぐ切るでしょうな。
ま、無理して自然分娩しなくても良いと思うんだけど、このドラマの母は「ビキニが着たい!」なんて言っていたからねぇ(苦笑)

原田知世の赤ちゃんが佐藤健になるわけですね。
あんな穏やかそうなお母さんから生まれるには、濃いな顔。←え!
コチラは安産。
安産だからと大変ではないわけない。
で、ここで赤ちゃんが取り違われることもなく、二人の赤ちゃんが出会うというお話。←当然やんw
どっちの赤ちゃんも可愛かった。
サルみたいと言われた赤ちゃんも可愛かったなぁ。
朝から癒やされた。

「半分、青い。」感想はコチラ→
にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。
主題歌はコチラ

星野 源「アイデア」

キャスト
楡野鈴愛+++永野芽郁(幼少期:矢崎由紗)
楡野晴+++++松雪泰子
楡野宇太郎+滝藤賢一
楡野仙吉+++中村雅俊
楡野廉子+++風吹ジュン(語り)
楡野草太+++上村海成(幼少期:志水透哉)
萩尾律+++++佐藤健(幼少期:高村佳偉人)
萩尾和子+++原田知世
萩尾弥一+++谷原章介
西園寺龍之介+++矢本悠馬(幼少期:大竹悠義)
西園寺満+++++++六角精児
西園寺富子+++++広岡由里子
木田原菜生+++奈緒(幼少期:西澤愛菜)
木田原五郎+++高木渉
木田原幸子+++池谷のぶえ

コメント

  1. 千代子 より:

    いとこさんのエピソードは面白いですね~。ドラマに使って欲しいくらいです。
    赤ちゃんにはホントに癒やされました。胎児のCGより本物の赤ちゃんは理屈抜きに良いですね。朝から気分が良いです。

    • tarotarotarotaro より:

      千代子さん、コメントありがとうございます。

      いとこのエピソードは身内の中でも語り継がれておりますw
      そんな彼女ももうそろそろ孫が生まれます~。
      今日も赤ちゃんに癒やされました!!
      明日からは小学生ですね。
      胎児や赤ちゃんから始まる朝ドラも珍しいですが、可愛かったです~。