「花のち晴れ~花男 Next Season~」第10話 ネタバレ 感想~音晴エンドはあるのか?

スポンサーリンク

「最終決戦愛とプライドを賭けた武道大会!F4の西門も」

あらすじはコチラ→
原作

神尾葉子 「花のち晴れ~花男 Next Season~」

あれ?
最終回じゃなかったの?
すっかり最終回だと思って観ていて(ほぼサッカーを観ていたので聴いていたと言うべきか)、30分経っても決闘が始まらないのでどうすんだろう?と思って降りましたW
そっか、まだ来週に続くのか。

決闘は男と男のロマン。
と晴に聞いていたが、メグリンから「音の取り合い」だと聞かされて動揺する音。
「天馬君を応援」すれば、みんなが丸く収まると、イライラするような考え方の音。
これは自己犠牲なのか?
ただただウザいっすわ。

愛莉が視聴者の心情をすべてセリフにしてくれたようだ。
犯罪まがいなことをしていた娘とは思えないね。

西門(松田翔太)の壁ドン。
とか、晴と天馬の上半身裸のサービスショットもあったものの・・・。
晴パパが自分も親父に試されたから、厳しかったから晴にも厳しく!ってのな。
だからって、よそさんの息子を巻き込んで、決闘!って、全然、意味わからんし(苦笑)

1開戦目の柔道は一本背負いで晴の負け。
しかも手を負傷。
3回戦あるっていうのに、桃乃園の生徒はテープを投げ入れて喜ぶ。

音だけが「晴が勝つかも」と思っているって言うけれど、そうかなぁ。
「二人とも負けないでほしい」
って言った音の言葉を、メグリンがエエように解釈しているだけじゃないかねぇ。

序盤はあんなに苦手だった愛莉が一番まともなキャラになっちゃったな。
C5のほかの面々は、名前すら覚えられなくらい陰が薄いな~。

やっぱり恋愛に親が出てくると面白くないわ~。
音はどんどん追い詰められてるよね。
自分の正直な気持ちに気づいたけれど、それを表にはだせないので「天馬君」を応援する。
親を人質に取られているようなもんだしさ。
晴は自分の気持ちに素直になったけど。
こんなに外堀から埋められているのに、音が素直な気持ちに気づき、晴が好きだと言ったところでどうにもなんないわね。

来週は、最終回。
結局、どちらとも付き合わないんじゃないかな。
そんなラストなら炎上しそうだけどな。
ここからどうやっても音晴エンドにはならないような気がする。
周りの人が気を利かせてくれて、くっつくかもしれなんけど。
松潤も反町も出るという噂ですが、

来週はサッカーとかぶらないことを願うW

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです(>ω<)

主題歌

「シンデレラガール」/ King & Prince
イメージソング

「初恋」/ 宇多田ヒカル

感想はコチラ
「花のち晴れ~花男 Next Season~」第1話 ネタバレ 感想~伸びしろに期待
「花のち晴れ~花男 Next Season~」第2話 ネタバレ 感想~タコさんウィンナーでダメ押し。
「花のち晴れ~花男 Next Season~」第3話 ネタバレ 感想~ま~きの!とは言わない。
「花のち晴れ~花男 Next Season~」第4話 ネタバレ 感想~愛莉さん、それ犯罪です。
「花のち晴れ~花男 Next Season~」第5話 ネタバレ 感想~古着コーディネートが邪魔をする
「花のち晴れ~花男 Next Season~」第6話 ネタバレ 感想~天馬くんを好きとは言わない音
「花のち晴れ~花男 Next Season~」第7話 ネタバレ 感想~ブレるヒロイン
「花のち晴れ~花男 Next Season~」第8話 ネタバレ 感想~ゴスペルを呼ぶなら警備員を雇え
「花のち晴れ~花男 Next Season~」第9話 ネタバレ 感想~晴パパ、その展開は虐待。
「花のち晴れ~花男 Next Season~」最終回 ネタバレ 感想~続編はいらない。
キャスト
江戸川音++++++++杉咲 花
神楽木晴++++++++平野紫耀(King & Prince)
馳天馬++++++++++中川大志
平海斗++++++++++濱田龍臣
西留めぐみ++++++飯豊まりえ
真矢愛莉++++++++今田美桜
成宮一茶++++++++鈴木 仁
栄美杉丸++++++++中田圭祐

江戸川誠++++++++反町隆史
メイド頭・タマ++佐々木すみ江
秘書・西田++++++デビット伊東

紺野亜里沙++++++木南晴夏
馳美代子++++++++堀内敬子
馳一馬++++++++++テット・ワダ
小林孝蔵++++++++志賀廣太郎
馳利恵++++++++++高岡早紀
神楽木巌++++++++滝藤賢一
江戸川由紀恵++++菊池桃子

コメント

  1. 千代子 より:

    tarotaroさん、こんにちは。
    冒頭シーンで紺野さんが音にビシッと言ってくれてたので、少しは変わるのかと期待したのですが、結局蓋をしめて天馬君のほうに行ってしまった音。最終回直前にしてはじめの頃とあまり変わらない主人公に不満しかないです。やはりドラマの構成が悪いのか?何なのでしょう?原作読んでないですが、きっと共感出来る主人公に成長していると思います。
    花男2の時は、原作では2つのエピソードを上手く編集していました。ドラマラスト近くでつくしが吹雪で遭難するところなんですけど、道明寺の記憶が戻ったシーンはとても良かったんです。原作ではつくしが投げたボールが頭に当たって記憶が戻ったのですが、上手く遭難のシーンに変えたなって感心してました。 
    最終回は個々に楽しめるシーンもあるかもしれないので、そこに期待します。
    今回、執事さんとても良かったです。とても心が和みました。

    • tarotaro tarotaro より:

      千代子さん、こんばんは。
      コメント、ありがとうございます。

      ヒロイン、フラフラしすぎて、イライラが止まりません。
      振り出しに戻るですよねぇ。
      晴もフラフラしていましたが、もうまっすぐヒロインを見ていると言うのに。
      まさか自分の気持ちに封印するとは。

      ワタシも原作は読んでいないのですが、ツイッターなどを見ていると、全く違うみたいです。
      エピソードが違うというより、キャラクターが違うようです。
      そもそも高岡早紀継母や晴のパパなどはあまり登場していないようなのです。
      学園ドラマに親がバンバンでてくるのはやっぱり違和感でしかないです。。
      脚本家さんのツイッターは炎上しているらしいです。
      今までの作品を見たことがないので、よくわからないのですが、お若いし大抜擢だったのかもしれないですね。
      テレビドラマの脚本は重要ですからねぇ。

      やっぱり前作の評価が高いと比べられますね。
      「花男2」に脚本家さんは宅間孝行(サタケミキオ)さんなんですね。
      役者としてもお忙しそうなので、お願いできなかったのかも?

      もしかして面白くなるかも?って瞬間があったので、残念ですね。
      最終回前って一番面白くないといけない時期なのに・・・。