『白日の鴉2』ネタバレ感想~要潤の無駄遣い

スポンサーリンク


福澤徹三『晩夏の向日葵 弁護人 五味陣介』

あらすじはコチラ→

立花康平(佐藤寛太)が受け子に誘われた女・町田ミカコ(堀田茜)が殺害された。
佐藤寛太は堀田茜がキャバクラの店長・荒山(小野ゆたか)に殺害されたところを目撃していたが、スタンガンで気を失ったあと頭部を殴られた。
目が覚めると、手に凶器のナイフを握らされていた。
ってことで佐藤寛太は確保された。
現場に落ちていたライターからキャバクラ店長の指紋が検出される。
しかしキャバクラ店長は堀田茜に盗まれたとぼけ、犯行当日は店にいたとアリバイを供述。
事件現場で近くで勝手に聞き込みをしていた新田真人(伊藤淳史)は釣り客に事件当時のことを聞くと、紺色の車が駐車されており、車のナンバーまで覚えていた!←え?
車は店長・荒山のもの。
差し押さえした車から堀田茜の髪の毛が見つかる。
黒服はすんなりゲロ。
続いて店長も堀田茜にオレオレ詐欺の件で脅され、門脇(谷田歩)という貴金属ディーラーに殺害を命令されたと観念してゲロ。
スマホに店長と門脇の会話を録音されたというがスマホの録音データは門脇を追い込めるような証拠にはならなかった。


堀田茜と高校時代の友人だった伊藤淳史の恋人・森光理奈(福田沙紀)が堀田茜のマンションに行きたいと言う。
マンションに行ってみると、叔母が片付けをしていた。
堀田茜は母が毒親だったため高校を中退して働いていた。
それでも福田沙紀と同じ看護師になることを夢見ていた。
堀田茜のデスクからSDカードを発見。←え?
その中には門脇とキャバクラ店長の会話が録音されていた。
伊藤淳史は録音されていたスマホの着信音が門脇のものだと覚えていた。
しかも門脇が乗った車のナンバーを覚えていた!←みんなそんなに車のナンバー覚える?他府県ナンバー狩り?←え?
門脇は逮捕。
しかし金主にはたどりつかない!

五味陣介(寺尾聰)は門脇と接見。
このままいくと懲役30年になるぞ~と囁くと・・・。
金主は龍野真一(要潤)だとゲロ。

要潤は佐藤寛太の父親を自殺に追いやった人物だった。
脱サラしてアパート経営をしていた佐藤寛太の父親は、アパートをタチの悪い男らに乗っ取られる。
それを助けたのが要潤。
しかし本当の狙いは財産を根こそぎ奪うことだった。
口車にのって、融資をして貰ったら・・・雪だるま式に増え、最後には自殺。
そんな話を知ってしまった佐藤寛太は、要潤に復讐するとバイト先を飛び出した。
伊藤淳史は佐藤寛太の父親が自殺したところに居合わせていた。
いつも月命日には花を供えていた伊藤淳史。
きっと佐藤寛太は父の自殺場所にいると直感。
伊藤淳史と寺尾聰とで佐藤寛太の殺意を止めた。



寺尾聰は要潤を逮捕するための作を考えた。
オレオレ詐欺手法で要潤を呼び出す。
呼び出したのは山田と名乗った佐藤寛太。
要潤が経営するレストランで翌日、対峙。
「2年前あんたに騙されて自殺した立花健作の息子だ。」
しらを切る要潤。
そのうち騙されるほうが悪いとかペラペラしゃべり出す要潤。
「君がそう思い込んでいるのだとしたら、役にも立たねぇ連中が物っている金。
俺が使っているだだ。
俺のほうが社会の役に立つ。
君や君の父親よりもね。」

そこに寺尾聰と伊藤淳史が現れた。
今の会話を撮影したと見せるが
「こんなもん証拠にならない。」
と要潤。
伊藤淳史は3年前、佐藤寛太の父親のアパートに住み着いたヤカラたちを見つけ出し、要潤の会社から金で雇われたと白状した。。
佐藤寛太の父親と要潤をつないだ人物は違法な融資だったと白状。
全員、裁判で証言すると言い出す。←え?
自殺に追い込んだおばあさんの土地は20億。
インドネシアにいる孫に近づこうという魂胆だな。
と言われると、またまたペラペラしゃべり出す要潤。
詐欺をした自分を正当化。
オヤジから受け継いだ会社を大きくしたと、的外れなことを言い出す。
寺尾聰はそんな要潤に
「腹黒いただの鴉だ!」
と一刀両断!

要潤はレストランの外にでるが巡査たちが行く手を阻む。
刑事もやってきて要潤を連行しようとする。
すると今更逃走しようとする要潤。
公務執行妨害で現行犯逮捕!

佐藤寛太は懲役二年。
執行猶予四年。

前作と同じく、ほんと都合良く進んだ。
前作ほどのスッキリ感もなく。
なんでだろう。
え?え?マジで?と次々に事件が!

要潤の黒幕にちょっとワクワクしていたのに。
自分の犯行をペラペラしゃべり出して、今更逃げても仕方ない場面で警官を突き飛ばして逃走しようとする2時間ドラマの定番犯人をやるなんて。
2サステンプレ犯人が要潤!!
勿体ない。
勿体ない。
キャストはめっちゃ良いのに勿体ない。




前作同様スッキリミステリーだった。
そう結末だけはスッキリなミステリー!
だけど肝心なところがねぇ。
3年前の佐藤寛太の父親の事件。
アパートで迷惑行為した人間も見つけ出して白状させ、父親と要潤とつないだ人物も見つけ出す。
そんな時間、あったっけ?
巡査と弁護士がそんなことできんのに、捜査一課は要潤の会社が黒幕だとわかってもなかなか証拠を見つけ出せない。
なのにさぁ。交番勤務の警察官とヨボヨボの弁護士がどうやって???

今回はちょっとやり過ぎたんじゃないかなぁ。
つまらないわけでもない。
だけど。だけどさぁ(爆)
昨今、テレ朝は原作を改悪しすぎなんじゃないかね。
でもなぁ。
こんな時代に2時間ドラマを作ってくれるだけでもありがたい。
しかもキャストは豪華。
あぁ、2時間ドラマに飢えている視聴者の弱味につけ込んでくるなぁ(爆)

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。
感想はコチラ
「白日の鴉」 ネタバレ 感想~松潤より先に有罪率99.9%の壁に挑み解決!!
『白日の鴉2』ネタバレ感想~要潤の無駄遣い
キャスト
新田真人・・伊藤淳史
龍野真一・・要 潤
森光理奈・・福田沙紀
立花康平・・佐藤寛太
町田ミカコ・堀田 茜
石亀清・・・斉藤 暁
松坂志乃・・森口瑤子
五味陣介・・寺尾 聰

コメント

  1. なお より:

    こんばんは
    こんな感じのドラマでしたっけ?もう最初のはすっかり忘れてしまいました。佐藤寛太?最近元気な感じの役が多かったので最初気付きませんでした。
    最後急にあれよあれよと証拠が出てきてびっくりしました笑っ

    次回のは鶴ちゃんがやっていたものと同じですかね

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      前回も最後、まくし立てるように証拠がでてきて終了しました。
      自殺を他殺と見抜けず、他殺を自殺と見抜けず。
      マリコがいたら、発狂しそうな展開でしたねw

      次回は懐かしいですね。
      船越さん、テレ東でも十津川警部をやるようなので、やっと戻ってきた感がありますね。