『FLY!BOYS,FLY!」ネタバレ感想~ドジでノロマな男子スチュワーデス物語

スポンサーリンク

僕たち、CAはじめました。

あらすじはコチラ→公式サイト

主人公(永瀬廉)はドジでのろまな亀だけど、OJT試験をパス。
1時間も経たずして仲間全員合格。
なんでもそつなくこなす元モデルの早乙女薫(北村匠海)はホスピタリティーに欠如している教官(真飛聖)に指摘される。
ホスピタリティーは成績最下位の主人公から学ぶように言われて困惑。
しかしすぐに自分の足りないところを理解する元モデル(北村匠海)。

そんな時、ヒロイン(黒島結菜)が父親と揉めているところを助ける主人公(永瀬廉)。
ヒロインは母の夢だったパイロットを目指す。
母の夢はパイロットだったが、家業の都合で就職し結婚。
黒島結菜が産まれて、子育てが一段落した33才の時に副操縦士に合格。
しかし、最初のフライトに行く途中で脳出血で帰らぬ人になった。
そのせいで、黒島結菜のパパ(寺脇康文)は娘がパイロットになることを反対している。
成績も振るわず、母の夢も諦めきれない黒島結菜に
「高山(黒島結菜)さんの夢がパイロットになることじゃないなら、そんな飛行機に乗りたくない。」
などと説教してしまう。

落ち込む永瀬廉。
黒島結菜の試験結果が気になる。
黒島結菜、合格。
「パイロットの夢を追いかけているお母さんは楽しそうだった。」
自分がなぜパイロットになりたかったのか、永瀬廉のおかげで思い知ったと言う。


で、黒島結菜の初搭乗。
クルーは同期4人組。

客の中に飛行機が苦手なスモーカーがいて、トイレで喫煙。
トレイから火災。
なんとか火は食い止められるが、煙が充満。
席を移動させる。
しかし飛行機は揺れに揺れる。
動揺する客を前に、主人公・永瀬廉がスピーチ。
美味しい食べ物のお話をして、機長と副機長を信じてくださいっつって、客の不満を別方向に?
無事着陸。
客は穏やかに。
黒島結菜親子も和解。

ピュアだけどポジティブ!
「スチュワーデス物語」のライト版ってか。
ドジでノロマな亀の松本千秋はピュアだったけど、ポジティブとは言えなかったしなぁ。
それにアレ・・・2クールくらいやってったっけ?
ま、いいや。

ドラマの前にクライマックスシーンを見せてくれたw
主要メンバーの座談会的な。

飛行機内で火災が発生するのを知ってしまう。
ってか、主人公たちがきちんとCAになることはモロバレw

初日、主人公・千空(永瀬廉)は遅刻。
ベタ。
フライトシミュレータを体験したい元自衛官の郷田勇一(岐洲匠)につれられて訓練付き合わされちゃうが、ヒロイン高山つばさ(黒島結菜)に警備員に突き出されてしまう。
どちらもお咎めナシ。反省文は書いたのか?

対立する女子グループからやたら目の敵にされる。
途中から・・・消えたけど(苦笑)

永瀬廉の自宅がたまり場になる。
ベタ。

印象的には永瀬廉と北村匠は役を交換したほうがいいんじゃないか?って思ったり。
そもそも、男性がCAで女性がパイロットって設定・・・もう目新しくないから。
そこにゲイ設定の黛正太郎(小越勇輝)が入ったとしても目新しくないから。
しかもその設定を生かしきれていないような。

男子4人組はすぐに仲良くなっちゃうし、トントン拍子でCAになった印象。
2時間しかないからっていうのを抜きにしてもさ。
主人公・・・特に空オタクでもなかったしなぁ。

あんまり期待していなかったんだけどね。
でもさ、黒島結菜ちゃんが出るんだから、見ないわけにはいかないじゃない。
彼女は相変わらず可愛かったけれど、その可愛さを生かせる役でもなかったなぁ。
なんせ2時間で終わらなければいけないので、ツンデレのデレの部分が弱い。

それに・・・2時間しかないので、みんなみんな説明セリフをとにかく放り込んだ。
結果・・・あんまり何も伝わってこない。

しかし黒島ちゃんのお母さん、子育てひと段落してパイロット目指すって設定・・・。
これは目新しいではなく、ただただすげーなっていう。
33歳だとしたら、子育てもひと段落していないような気がする。

機内の客は飛行機嫌いが多すぎる。
最後、火災を起こした客はには損害賠償請求をしたんでしょうかねぇ。

2時間で納めるのは無理だからといって、連ドラにしてほしいわけでもない(苦笑)
すべてのエピソードが「どっかで見た」って内容だったしねぇ。

でもファンの方は満足でしょう。
黒島ちゃんファンとしては物足りないけれど、キムラ緑子さんファンとしてはやや満足かな。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

キャスト
永瀬廉(King & Prince)
北村匠海
黒島結菜
岐洲匠
小越勇輝

大倉孝二
真飛聖
寺脇康文
キムラ緑子

コメント