「dele/ディーリー」第3話 ネタバレ感想~あなたに出会えた事の心からの喜び

スポンサーリンク

原作はコチラ

dele/本多孝好
あらすじはコチラ→

写真館を営む老人・浦田文雄(高橋源一郎)は公安のS(=スパイ)だった。
監視していたのは、同じ街の住人で理容室を営む江角幸子(余貴美子)。
余貴美子は若い頃、学生運動をしていた過激派・後藤の彼女だった。
写真館さんが遺したデータで、一年に一度、指名手配されている後藤と会っていたことがわかった。

依頼人の写真館が自殺した一週間後。
いつもなら駅で密会する二人だが、今回は公園。
5本の赤いバラとデータを持って、余貴美子のもとへ行く菅田将暉。
過激派は逮捕された。
通報したのは、余貴美子。
余貴美子は、写真館に監視されていたことを知っていた。



バラは、本数によって花言葉が違うらしい。
「あなたに出会えた事の心からの喜び」
ロマンティックな山田孝之。
珍しく、この案件にのめり込んでいたのは、何でだったんだろう。
花言葉・・・。
ドラマでは明かしてくれなかったので、視聴者が検索。
サーバーが重かったよ!!

盗聴していたデータ。
お客さんとの会話に混ざっていた
「栄養のあるもの食べないとダメよ・・・」
なんて言葉は、写真館さんに話していたのかも。
そして監視を打ち切られた写真館さんは、生きる望みを失ってしまったのか・・・。
悲しい恋だわね。

余貴美子さんは、監視されていたのではなく、見守ってもらっていたと感じていたのかも。
理容室のお客さんになってくれたことのなかった写真館さん。
最後のヘアカットはどんな時間だったのだろう。
写真館さんが自殺したことで、余貴美子さんは後藤を警察に売り、止まった時間を動かした。



今日は、最初から最後まで画が美しかった。
カメラワークも最高!!
あの港町のロケーションは過去そのものだった。
余貴美子が経営していた理容室は何かのドラマか映画で見たような気がする。
思い出せず・・・。

余貴美子さんの色気ってなんなんざんしょ。
ラストカットの美しい顔。
昔から色っぽい人でしたけど、もう還暦なのにあの雰囲気、存在感。
朝ドラの医者を演じている場合ではない(苦笑)
淡々と進んでいく物語。
情報がきちんと入っている。
説明セリフは全くないけれど、映像で裏付けてくれる。
ナガラ見は絶対出来ないねぇ。

あれだけの仕事をしても3万円の報酬なのねぇ、公安のSって。
写真館さんは公安にきちんと報告していなかったのかな。
あのデータを見ていると、公安だって気づきそうだけど。

小橋賢児は写真だけだった?
「ちゅらさん」の義兄弟が同じ画面に!ってちょっと期待していたんだけどw

今週も楽しかったです。



にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「dele/ディーリー」第1話 ネタバレ感想~デジタル遺留捜査
「dele/ディーリー」第2話 ネタバレ感想~遺したい自分だけを遺す復讐
キャスト
坂上圭司………山田孝之
真柴祐太郎……菅田将暉
坂上舞…………麻生久美子

ゲスト
江角 幸子(61)………余 貴美子
浦田 文雄(67)………高橋 源一郎

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加