「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」最終回(第10話) ネタバレ感想~月3万円と治療費でモンスターペイシェントに

スポンサーリンク

「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第10話 ネタバレ感想~「私の願い」


『ディア・ペイシェント』南杏子

あらすじはコチラ→
佐々井院長(石黒賢)のもとで改革が進む病院だがそこへまた座間(田中哲司)が現れた。
なぜか座間はロビーで歌っている。
そして「やっと終わる」と呟(つぶや)いて去っていこうとした。
追いかける千晶。そこへ認知症の患者・浅沼知恵子(鷲尾真知子)が運転する車が暴走して突っ込んできた。
その瞬間、座間は千晶を突き飛ばす。
千晶は難を逃れるが、座間は意識不明となる。
一方病院内部に座間を操っている者がいる疑いが出てくる

座間は院内のだれかに操られていた・
犯人は・・・沼田(浜野謙太)

沼田は大原中央病院に勤めていたが、子供が生まれて物入りで、大原中央病院のお金に手をつけた。
30万の着服が上司にばれた。
首西ない変わりに佐々井記念病院転職し、評判を下げて、患者を大原中央病院に呼び込めと命令された。
沼田は金に困っている座間を見つけ、佐々井記念病院に嫌がらせをして追い込めば報酬を支払うと持ち掛けた。
なぜ千晶(貫地谷しほり)に嫌がらせをさせたのかと聞くと
「あなたなら患者がごねても投げ出さないからです。」
30万はすぐに返金するつもりだった。
家族写真を見つめ子供のためにお金が必要だと繰り返す沼田。
「将来これを知ったら、お子さんはどう思うでしょう
あなたは自分のために罪を犯したんです。」
沼田が時折励ましてくれるのに救われていた千晶。
「罪を償ってください。
お子さんのためにも。」
沼田は偽計業務妨害で逮捕された。
しかし大原中央病院は認めない。
証拠もない。沼田の暴走だということになってしまった。


千晶は帰省。
母の優しさにふれ、家族の優しさにふれ、やっぱりもう少し病院で働くこととなった。
妹は看護大学に進学するらしい。

座間の意識が回復。
座間は千晶に謝罪する。
「僕も共犯です。」←もちろん!
千晶の怯える姿を見て、介護のストレスを発散しているところもあった。
あの頃は母親の飲み込みが弱く食うに食えない状態だった。
好物のお刺身なら食えるかと思ったが、買う金がない。
役所で相談していたが口論になった。
役所には母を施設に預けて働くように言われたが母は嫌がるし、自分も生活保護を受けるのがいやだった。
そのやりとりを見ていた沼田が
「月に3万でどうですか」
とモンスターペイシェントになるように依頼。
座間の糖尿病、狭心症などの治療費の面倒も見てくれる。
そして始まった問題行為。
母の介護をしていない自分が座間に意見をするのはおこがましいが
「自分の心を守って下さい。」
とアドバイス。



大原記念病院の責任者・・・出てきてくれよ。
モヤモヤする。
沼田を操っていた証拠もなく、沼田だけが逮捕っておかしいよねぇ。
30万の金を横領するヤツが沼田に月3万円。
治療費の面倒まで見るって・・・できないよね?
絶対に大原中央病院の人間が関わっているよね。
証拠がないなんて。。。、
どのみち大した罪にはならないだろうけど・・。

でもさ、やっぱり座間のやっていることは犯罪だし、もっともっと初期の段階で止めてあげるべきだった。座間のためにも。
その点、升毅のやり方には疑問だわ。
放置するなんてあり得ないし。
升毅が何も言わないってわかったら。。。そりゃ沼田は大暴れするよね。
きっと・・・離婚されてしまう沼田。
自業自得だけど。

認知症の認知症の患者・浅沼知恵子(鷲尾真知子)の歯科医の息子・夙川アトムは母の自己を知って号泣。
急に母にやさしくなってきた・・・。
千晶の妹も急に優しくなった。。。

時間、足りなかったよねぇ。
エンディングの宮本浩次「P.S.I LOVE YOU」が聞こえてきた瞬間さとりました。
最終回は皆さん聞き分けがよくなるってこと・・・ありがちですが。
このドラマ不思議でした。
すっごく面白いと感じるときもあれば、医者として踏み込みすぎ・・・と思うときも。
それでも<a href=”https://dramataro.com/dramareview/unsung009/” target=”_blank”>「アンサング・シンデレラ」</a>よりは、グッときたりして。なんでだろう。
やっぱり田中哲司さんの芝居かなぁ。
最期、改心していたけれど・・。
もう働くこともできないし、母を預けることもできないんじゃないかと思っちゃって。
いくら千晶先生でもさ・・・。

余談ですが、エンディングテーマ。
宮本さんらしくて良い歌なんですが、最初「P.S.I LOVE YOU」と見た時、ピンクサファイアだと思ったねん(爆)
そんなことを思う野は1970年代までかな?
全く違う歌で安心しましたけど。

で、千晶先生・・。
優しすぎる。
実家の診療所を継ぐにしもて、「今の患者さん」が気になって帰れないのは当然。
だけど・・・今の患者の治療が終わるまで・・・ってのはいつまでたっても無理だよねぇ。

今、関西では「Dr.コトー」をやっていて、彩香(柴咲コウ)の乳がん手術の前。←堺雅人も格好良い・
朝加真由美さんはリハビリ中。
14年前」作品とは思えない。

さて・・・多少、強引なところもあった。
しかし田中哲司さんのお芝居に救われました。




にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌: 宮本浩次「P.S. I love you」

その他の感想はコチラ
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」 第1話 ネタバレ感想~2月に撮影開始でも・・・
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第2話 ネタバレ感想~ひたすら田中哲司が怖い。
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第3話 ネタバレ感想~トランスジェンダー役の戸塚純貴がリアル
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」 第4話 ネタバレ感想~院内裁判が怖い
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」 第5話 ネタバレ感想~介護士の暴言
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第6話 ネタバレ感想~ワンオペ育児に夫の不倫
「~絆のカルテ~」 第7話 ネタバレ感想~陽子先生の死
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第8話 ネタバレ感想~訴訟取り下げ。もう誰も死なないで。
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第9話 ネタバレ感想~座間に拒否される千晶先生
キャスト
真野千晶・・貫地谷しほり
浜口陽子・・内田有紀
座間敦司・・田中哲司
金田直樹・・浅香航大
真野万里・・高梨臨
沼田晋也・・浜野謙太
吉良大輔・・永井大
浅沼知恵子・鷲尾真知子
高峰修治・・升毅
西園寺光隆・竜雷太
佐々井宗一郎・石黒賢
真野佑子・・朝加真由美
蓮見勇夫・・平田満
真野徹・・・伊武雅刀
笠松将,小川紗良

ゲスト:中島ひろ子,

コメント