「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第9話 ネタバレ感想~座間に拒否される千晶先生

スポンサーリンク

「それぞれの矜持」


『ディア・ペイシェント』南杏子

あらすじはコチラ→

千晶(貫地谷しほり)は実家の診療所を継ぐことを決意。
ガードマン・平田満に相談すると、平田満も父の介護で警察を辞めようとしたことがあったと話す。
平田満父は好きな仕事辞めて貰わなくて良かったと話していたと言う。

座間(田中哲司)が練炭で母親と心中するのでは無いかと思った千晶(貫地谷しほり)は、座間の家を訪れる。
家の中から座間母のうめき声が聞こえ、思わず中に入る千晶。
そこはゴミ屋敷だった。
水を欲しがる座間母に水をやる。
ゴミにつまずきこけた先には練炭がある。
そこに座間が帰ってきた。

座間が仕事を辞め、母親の介護をしていることは大変な決意だったこと。
座間の助けになることがしたいと言う千晶だが
「貧乏人だって誇りってあるんだよ!
高いところにいるやつにはわからないだろう
そういう同情や憐れみで傷つく人間がいるってことが」
「憐れみ哀れみ。。なんて」
「もう・・帰ってくれ。」
うつむく座間の目から涙があふれて止まらない
出ていく千晶。
”私はわかっていなかった
座間さんの置かれている状況が
座間さんが社会という枠組みからこぼれおちそうになっていたこと”


重たいわ~。
座間を救えるのかどうか。
だけど・・・座間を救いたいと思うかね?
スゴいなぁ、千晶先生は。
病院では殺傷事件も起きちゃって、大変なことに。
あの病院が建て直せるとは思えなくなってきたよ。
升毅は嫌な事務長だと思ったんだけど・・・そうでもないの?
でも医者への言葉遣いが見下しているように感じた。
それに座間の行為は行き過ぎているし、病院内部の事について知りすぎているのに放置。
アレは法的処置をするべきだったし、升毅怪しいって思っていたけれど・・・。
そうでもなかったなぁ。

座間に通じている人間は沼田晋也(浜野謙太)くらいしかいないよねぇ。
座間とは話もしているみたいだし。



うちの親も年寄りだからイロイロ考えさせられる。
病院なんて3ヵ月おきに出ていかなくちゃいけないし、どうやって次の場所を探すのかも大変。
家で見とるってどうするの?
昼間はデイサービスを使ったとしても夜中は?
友人の娘さんは夜の自宅介護のバイトをしている。
もちろん看護師さんで、1番2万円ちょっとの小遣い稼ぎ。
吸引をしないといけない患者さんらしい。
でもそのお金を払えるのはお金持ちさんだけよね。
家で親を介護するというのは肉体的にも精神的にも何より金銭的にもキツい。
結局地獄の沙汰も金次第。
老後も金次第。

座間のしていることは犯罪だけど、ホント、もうこぼれ落ちて自殺ってことになりかねないなぁ。
精神科を受診しないといけないと思うが・・・これも金次第なのかなぁ。

来週、最終回です!
着地点、気になります。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌: 宮本浩次「P.S. I love you」

その他の感想はコチラ
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」 第1話 ネタバレ感想~2月に撮影開始でも・・・
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第2話 ネタバレ感想~ひたすら田中哲司が怖い。
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第3話 ネタバレ感想~トランスジェンダー役の戸塚純貴がリアル
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」 第4話 ネタバレ感想~院内裁判が怖い
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」 第5話 ネタバレ感想~介護士の暴言
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第6話 ネタバレ感想~ワンオペ育児に夫の不倫
「~絆のカルテ~」 第7話 ネタバレ感想~陽子先生の死
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第8話 ネタバレ感想~訴訟取り下げ。もう誰も死なないで。
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」最終回(第10話) ネタバレ感想~月3万円と治療費でモンスターペイシェントに
キャスト
真野千晶・・貫地谷しほり
浜口陽子・・内田有紀
座間敦司・・田中哲司
金田直樹・・浅香航大
真野万里・・高梨臨
沼田晋也・・浜野謙太
吉良大輔・・永井大
浅沼知恵子・鷲尾真知子
高峰修治・・升毅
西園寺光隆・竜雷太
佐々井宗一郎・石黒賢
真野佑子・・朝加真由美
蓮見勇夫・・平田満
真野徹・・・伊武雅刀
笠松将,小川紗良

ゲスト:中島ひろ子,

コメント

  1. masa より:

    こんばんは。
    もう亡くなりましたが、従姉が寝たきりの叔父の自宅介護をしてました。
    3時間置きにオムツ交換と体位変換が必要だったそうで、ホームヘルパーさんとも契約してましたが、入れる時間には限りがあるので大半は従姉と叔母でカバーしてました。
    当時は叔母なんてまともに睡眠も取ってなかったそうです(夜中でも時間が来たらオムツ交換やらしないとなので)

    自分もヘルパーの資格を持ってたので、自宅介護のバイトという形で定期的に手伝いに行ってました。
    自分はバイトという立場なのでまだよかったですが、家族として自分の親に同じことが出来るかと言われると・・無理です(笑)
    絶対に体が持ちません。
    当時から従姉も叔母もすごいなぁと思ってました。

    • tarotaro tarotaro より:

      masaさん、コメントありがとうございます。

      家で死ぬって大変ですよね。
      解剖しないといけないこともあるでしょうし。
      介護をするほうも大変ですが、介護をされるほうも大変。
      家族よりプロにみてほしいと思います。
      とにかく老後、どこかの施設にはいれるだけのお金は貯めないとだめだろうなと思いますが。
      ピンピンコロリで逝きたいです。