『カムカムエヴリバディ』 第103回 ネタバレ 感想~10年経ったって思えないのよ

スポンサーリンク

 第22週 「2001 – 2003」

あらすじはコチラ→

ハリウッド映画「サムライ・ベースボール」の日本人出演者オーディション前日。
アクション監督のアシスタントとして五十嵐と再会するひなた
東京でお父さんの会社を継いだと思っていたひなたにアメリカ行きのいきさつを話す五十嵐
父の会社は上手くいっていて、覚えることは多かったが、とてもつまらなかった
朝は虚無蔵の木刀で素振り、夜はジョーに貰ったトミー北沢のCDを聞いていた
音楽には興味がないが、アメリカで録音したCDを聞いているうちに、自分のことが馬鹿に思え、2年で会社を辞めてアメリカに渡った。
家族は反対し、ほぼ勘当同然だった。
ハリウッドは太秦以上に厳しい。
それでもアジア人で殺陣ができることは武器になると思った。
ここでやってきたことは役に立った。
どんなこともいとわずやっていたら、監督に気に入られた。
そんな五十嵐をかっこ良い!と思うひなた。



オーディション当日
ヒラカワが甥っ子のジョージ(ハリー杉山)と一緒にやってきた。
ジョージは侍映画と野球が好きだというジョージはアシスタントのような者だとひなたに紹介
ジョージがひなたの流ちょうな英語を聞いて感心していると、ヒラカワはジョージに「自分の若い頃を思い出す」と語る。

五十嵐は虚無蔵に会いに行く
「鍛錬を怠らなかった証だ」
五十嵐の頭をなでる虚無蔵。
オーディションは受けないという虚無蔵になぜ?と聞く五十嵐
「拙者は時代劇が栄えてくれればそれで良いのだ。」
と言って立ち去る虚無蔵。

オーディションは五十嵐が殺陣をつけ始まる。
ひなたは五十嵐が眩しい。

その夜、ホテルでヒラカワはどこかに電話をかけていた。
ジョージに岡山へ行くように勧められる。
しかしヒラカワは岡山に行くつもりは無いらしい



五十嵐の人生って、イージーモード!
太秦で真面目にやっていたのにくすぶり続け…父の会社に入って2年。
実質アメリカで7年くらいでハリウッドの監督に気に入られるのか。
殺陣と死体役で…。
言語もネイティブではないのに。
花開く才能なのか。
ピース綾部にもチャンスあるかも(爆)
それに父の会社を兄の部下となって支えるのがアホらしくなったって、五十嵐。
これはこれで勇ちゃんへの冒涜やw

アニーとジョージの会話。
これでアニーが安子じゃなかったなら、なんなんやろ。
やすこ→あんこ→アニー!?バンザーイ!!
ちょっと無理くりやけど、アニーは安子なのか。
でもヒラカワだからなぁ。
なぜにヒラカワ…
それに安子だとしても…安子が電話をかけても電話にすら出ないってヤツは誰なのか。
まさかきぬちゃん?

今日は「芋たこなんきん」が面白かったですわよ。
いきなり國村隼さんも出てきて。
初回は見ていなかったと思っていたけれど、私、見てましたわw
これは、ほぼほぼ見ていたのかもしれん!!←覚えておきなさいよ?

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「おかえりモネ」感想はコチラ→

主題歌:「アルデバラン」AI

キャスト
雉真安子(上白石萌音)
大月るい(深津絵里)
大月ひなた(川栄李奈)
大月錠一郎(オダギリジョー)
大月桃太郎(青木柚/幼少期:野﨑春)
野田一子(市川実日子)
野田一恵(三浦透子)
藤井小夜子(新川優愛)
赤西吉右衛門(堀部圭亮)
赤西清子(松原智恵子)
赤西吉之丞(徳永ゆうき)
美咲すみれ(安達祐実)
桃山団五郎(尾上菊之助)
五十嵐文四郎(本郷奏多)
伴虚無蔵(松重豊)
榊原(平埜生成)
サンタ黒須(濱田岳)
武藤蘭丸(青木崇高)
語り(城田優)

コメント

  1. ミートゥ より:

    「○年経ちました」ってナレーションでしか言わないしひなたも全然変わらないので、時間経過がどんどん勝手に進んでく感じw みてるこちらはただただ「あぁ、そうなのね」と(苦笑)

    確かに文ちゃんイージーモードですねぇ。綾部に爆笑いたしましたw

    ネット見てたら、カムカム信者さん達は「アニー平川が安子なんてそんな簡単な脚本な訳無い!!」って方が多いみたいですが、

    私も、安子=あんこ=アニーかと思ってました(爆)
    平川は、カムカムのラジオの平川さんから安子が勝手にとったのかと。

    そうなると、ロバートさんとは無かった、ってことなんですかねぇ。
    それはそれでまぁいいんですが、落とし所はどこに持ってくんだろ。

    るいと和解して、親子3代ようやく会えました、ってなるんだろうけど。

    それでも、安子編の最後の怒涛の違和感が払拭出来るのか?
    は、期待薄だと思ってます…

    • tarotarotarotaro より:

      ミートゥさん、コメントありがとうございます。

      時間経過がわかりづらいですよね。
      ひなたの私服は高校時代から変わっていないし、34才には見えないですよ(17才にも見えなかったけど)
      文ちゃんがハリウッドの仕事に就けるなら、綾部だってイケそう。
      文ちゃんより日本で経験も積んでるしw

      平川さんからヒラカワをとったはわかるんですが、城田優が出ると聞いたのでてっきりロバートと結婚したと思っていたんですよね。
      だけどヒラカワ。
      でも甥っ子は外国人
      ヒラカワはビジネスネームなんですかね。

      安子の疑問は謎です。
      ロバートとひっついたとしてもひっついていないにしても・・・ねぇ。
      やっぱり3人のヒロインがいるなら半年では無理ですね。

  2. 千代子 より:

    おはようございます。アニーが安子で確定なんでしょうね。雰囲気が激変したので何か受け入れ難いです😅若い頃の雰囲気を残して欲しかったです。
    安子編は楽しみに見ていたので残念ですね。

    • tarotarotarotaro より:

      千代子さん、コメントありがとうございます。

      安子がアニーですよねぇ。
      安子の性格なら岡山に行かなくても、誰かに拒否されても、そっとるいの消息くらいは調べてそうなのに。
      何もしらずにひなたと再会かな。
      ひなた・・・算太にも偶然会うし。
      たちばなの再生はできなかったけど、なぜかエンタメ業界に進む兄妹