「病院の治しかた」 第2話ネタバレ感想~有能な小泉孝太郎

スポンサーリンク

ドクター有原の挑戦~

あらすじはコチラ→

“経営のプロ”として派遣されたのは倉嶋(高橋政伸)。
事務長になった高橋政伸は”人件費の多さ”を指摘した。
年功序列の給与体系ではなく、成果主義に変更する案だった。
有原修平(小泉孝太郎)はまず医者から成果主義を取り入れると言う。
しかし医者からは総スカンを食らう。
しかも教授会からも「医者にランク付けをするのか!」と叱られちゃった!

小泉孝太郎が教授会への説明に向かう間、高嶋政伸に文句を言いにきたドクターたち。
大勢で高嶋政伸に
「我々の要望は事務長に銀行に帰って欲しいということだ!」
どのみち銀行員の事務長には赤字を減らして、銀行での出世しか考えていないはず!
出向が終わればあとのことは関係ないはず
「銀行員は金の勘定だけしてろ。」
と声を上げる。


そこに小泉孝太郎が帰ってきた
「皆さんは勘違いをしている。」
小泉孝太郎は高嶋政伸には「銀行員に何がわかる」と医者に言われると忠告した。
それでも事務長を引き受けてくれたと自分たちと同じ熱意がある。
銀行は病院が黒字になったほうが得に決まっている!と自信満々い言う孝太郎を見て、驚く高嶋政伸。←たぶんマサノブはそこまで情熱を持っていない。
ドクターの説明はなんとか行われた。

今度は看護師への説明!ってとこで、ベテランナース(磯野貴理子とか貴理子とか貴理子とか)が辞表を出した。
引き留めようとする浅野美代子たちだが、小泉孝太郎は引き留めないと言う。
看護師不足は、総務部、薬剤部、医師たちがワンチームで乗り切ることになった。

ある日、高齢者施設からブドウ球菌中毒の患者が運び込まれた。
高嶋政伸は「これが本来の病院の姿か」と驚く。

銀行では米田正光(中村雅俊)副頭取が高嶋政伸に、「再生の可能性」について尋ねていた。

常に起こっているような磯野貴理子のセリフにイラッとしていたので退場は嬉しい。
でもHPには磯野貴理子がでかでかと掲載されているので・・・帰って来るんでしょうか?
光石さんもすでに亡くなっている大和田さんも掲載されているから、どうなんでしょうね。

看護部の負担軽減策に医師が協力的で驚く。
納得したのかなぁ?
難しいところから最初に手をつけると医師から説明したのが功を奏したのか?

判断するのも行動するのも迅速な院長・小泉孝太郎。
上に立つ人にはこれくらいの強引さとこれくらいの判断力が必要。
こういう人の下で働くのはとても頭を使うだろうが、理不尽なことは起こらなさそう。

それでもこの枠、久しぶりに楽しいな~!!
テンポも良いね。
エンディングまでアッという間だ!
しかも演出もクドくない。
これが日曜劇場ならムダにアップが多くて、ムダに煽られて、ムダに延長していたでしょう(爆)

治療シーンはほとんどないので、医療ドラマっぽくはないけれどw←注射シーンはあったよん
医療ドラマというよりは「bizbiz」しているよね。
それにこの枠にしては珍しく、義理人情でどうにかなったりしないのが良い。
ここ最近、人情話ばっかりだったので脱落してたんだよねぇ~(苦笑)

高嶋政伸が裏切り?なんて予告にテロップが出ていたけれど、急に悪魔になったりしないと思うので、来週も楽しみです。



にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「病院の治しかた」 第1話 ネタバレ感想~事件です!高嶋政伸が真面目な善人なんです!
「病院の治しかた」第3話ネタバレ感想~24時間365日をやってみた。
「病院の治しかた」 第5話ネタバレ 感想~小児科医の治し方もやらないと!
「病院の治しかた」 第5話 ネタバレ 感想~富山の薬売り商法
「病院の治しかた」 最終話(第7話)ネタバレ感想~スッキリ解決!ジジィたちが可愛いw
キャスト
有原修平……小泉孝太郎
倉嶋亮介……高嶋政伸
有原志保……小西真奈美
江口智也……稲葉友
三隅律子……磯野貴理子
砂岡武雄……福本伸一
牧原智美……安藤玉恵
安井久司……山崎銀之丞
田端進………角野卓造
有原正太郎…大和田伸也
有原健次郎…光石研
兵藤悦子……浅田美代子
米田正光……中村雅俊

コメント