「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」 第2話 ネタバレ感想~カルティエ、チョロい

スポンサーリンク

「平凡女子が鬼上司の雑用係!?」

あらすじはコチラ→

鈴木奈未 (上白石萌音)はけん玉チャンピオンだと嘘をついてしまったため、けん玉好きの人気漫画家・荒染右京(花江夏樹)の交渉役を命じられてしまった。
もちろん上手くいくわけもなく追い込まれてしまった。
奈未は編集長(菜々緒)にも責任があると言い返す奈未だが、「人並み」で良いといって嘘をついた。
その始末ができないんだから奈未に責任があると言われてしまう。←え?嘘を見抜いていたなら大事なクライアントとの交渉役につけるのは相手の漫画家に失礼じゃんね。

奈未は潤之介 (玉森裕太) にもう恋人のフリはできないと申し出た。
「つき合ってたのは嘘だけど別れるのは本当みたいで寂しい。」
などと言われて揺れる。
奈未は一生懸命けん玉の練習をして漫画家に会いに行く←ホレ、忙しい漫画家さん二度手間
ずいぶん練習をしたことを悟られたもののなんとか形にはなった。
そして漫画家先生の作品が好きだと伝える奈未。
脇役のキャラまで素敵で、とっても感動したと。


漫画家先生は奈未に心を動かされ仕事を引き受けてくれることになった。←奈未がファンになってくれたのが嬉しかったんだと。
編集長は奈未にパーティに同行するように命令。
編集長のスピーチの途中、奈未はまたけん玉をさせられる。
失敗してしまいその場から飛び出す奈未。
しかしけん玉には漫画家先生のイラストがあり、しかもカルティエのお偉いさんはその漫画家先生の大ファンだった。
結果、6000万円の広告料が手に入った。←チョロいなぁ

んでもって偶然、潤之介を会った奈未。
思わせぶりな潤之介は
「俺のこと好き?」
などと言い出す。



恋に発展しそうな子にこんなこと頼めないじゃん
つき合ってたのは嘘だけど別れるのは本当みたいで寂しい。
俺のこと好き?

なんなの玉森裕太は。
ドS医師・佐藤健よりタチが悪いよね。
無自覚に人を傷つける人って、周りの人間は辛いわ。
本人はよかれと思っているんだろうねぇ。
一見、優しい振る舞いに感じるけど。
最低やで、こういう男は。
振り回されるだけやで。

で・・・菜々緒編集長のやっていることって、ただのパワハラだと思うんだけど違うの?
雑用係って言ってもさ、やらんで良いことのほうが多そう。
例えば朝のコーヒーね。
時間外労働だよね。
他には・・・ま・・・なんか嫌い(爆)←身も蓋もない

それにしてもチョロい。
以前、同じこの枠で武井咲とタッキーのドラマ「せいせいするほど、愛してる」ではティファニーが提供してましたねぇ。
ティファニーにとってマイナス効果なんじゃないかと思ってましたけど、今回のカルティエもチョロすぎて(苦笑)
まだ広告とれた理由がよく分からない!!
あのスピーチで広告が取れるなんてありえんやろ。
って、ま、ドラマですけど。
そのうち、玉森くんがタッキーみたいにエアギターしだしたら最高だけど。

今日の見所は坂道を転がるレモンだったなぁ
ひっさしぶりに見た。
いや・・・最近、何かのバラエティで見たような気もする。
大喜利のお題やったかな?
まぁ、いいや。
しっかりドラマで見たのは久しぶり。

このドラマ・・・仕事も恋愛も薄っぺらいけどこれで良いの?
お仕事。。。あんまりちゃんと描けないなら、恋つづのように恋愛にシフトしたほうが良いと思うよ。
菜々緒の名前が二番目なので、恋愛より仕事がメインなんだろうけど、それじゃ持たないような気がする。

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌: Kis-My-Ft2「Luv Bias」

感想はコチラ
「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」 第1話 ネタバレ感想~レスリー・キーと冨永愛が出てきた時点で最終回で良し
キャスト
鈴木奈未(上白石萌音)
宝来麗子(菜々緒)
潤之介(玉森裕太)
中沢涼太(間宮祥太朗)
宇賀神慎一(ユースケ・サンタマリア)
和田和美(秋山ゆずき)
和泉遥(久保田紗友)
尾芦一太(亜生/ミキ)
加賀栞(太田夢莉)
半田進(なだぎ武)
高橋麻美(高橋メアリージュン)
鈴木義郎(橋爪淳)
鈴木真未(宮崎美子)
鈴木多未(山之内すず)
蓮見理緒(倉科カナ)
香織(高橋ひとみ)
日置健也(犬飼貴丈)

コメント