「ブラックペアン」最終回(第10話)ネタバレ 感想~ペアンでないとダメですか?

スポンサーリンク

「さらば渡海!二人の天才の宿命とは…」

原作コチラ

海堂 尊「新装版 ブラックペアン1988」

あらすじはコチラ→

“飯沼達次”が東城医大にいると確信した渡海(二宮和也)。
理事長選前日、佐伯教授(内野聖陽)は倒れたものの応急処置をして、世良(竹内涼真)の目を盗んで東城医大に帰ったニノ。

とうとう飯沼達次のオペをする。
その頃、理事長選も行われていた。
ペアンを取りだそうとしたそのとき、ドクターヘリで内野聖陽がやってきた。
患者のためにペアンを取り外すなという内野聖陽。
「オヤジがすべて失ったこのペアンで、今度はオマエがすべて失うんだよ!」
とニノが言い放つ。

ペアンを取り出すニノ。
しかし、その途端出血が止まらない。
最後の大出血パニック。

昔話を始める内野聖陽。
飯沼達次のオペは内野聖陽が行う。
しかしほかにも緊急搬送があり、てんやわんやの人手不足。
出血の止まらなくなり、仕方なくペアンを置いた。
その後、アフリカに旅立つ。
不在の間、またもや救急搬送された飯沼さんの処置をニノ父が行う。
ペアンを見て驚くが、すぐに意味を理解し、ペアンを残したまま、処置を終えた。
そんなとき黒崎がレントゲンを見てしまい、ニノ父を告発。
反論しなかったニノ父は失脚。
帰国した内野聖陽に手紙が届く。

「何も言わなくても良い。
医者は患者のことだけを考えろ。」

余命幾ばくもないニノ父は、医療過誤を一身に背負ったままこの世を去った。
黙っていたことを責めるニノ。
「言って患者が助かるならそうした。
そうしたら誰がこの患者を治すのだ。
自分の腕を過信する医者にこの患者は治せない。」

今回は特殊なカーボン製のペアンを使い、閉胸した内野聖陽。
今度のペアンはレントゲンにも写らないし、焼いたら灰になるらしい。


で、倒れる内野聖陽。←内野さんの倒れる表情が面白い。

大動脈解離らしい。
ニノがオペに参加しないので、危篤状態になる内野聖陽。
「患者のことだけを考えろ。」
その言葉でオペ室に戻ってきたニノ。
電気ショックを与えて、戻ってきた内野聖陽。

理事長選は黒崎が代理。
そして加藤浩次が援護射撃。
僅差で内野聖陽が勝つ。

術後、目を覚ました内野聖陽は、罪滅ぼしでニノを東城大に入れたと言う。
内野聖陽を恨むことで成長するニノ。
「ワタシはオマエの望むとおり死んでも良かったのだ。」

「そのままでいい。
普通でいい。
医者は患者のコトだけを考えろ。
救え。
ただ人を救え。
俺の尊敬する
尊敬する医者の言葉です。」
頭を下げるニノ。

東城大を出て行こうとするニノを止める竹内涼真。
わかったよと言いつつ・・・。
「じゃあな。
オマエは良い医者になれ」

と東城大を去るニノ。

理事長になった内野は構造改革を行い、あっさり辞職。
後進の育成をしている。
猿之助はまだ理事長の椅子を狙い「インパクトファクター」と言いまくっている。
孝太郎は内野聖陽と猿之助のエエとこ取りをして、内野のブレーンに。
ニノがほかの医者の尻拭いをして脅し取ったお金は医療過誤で苦しむ人の手に渡っているらしい。




黒崎のせいやったんかい!!
あいつが告発しなければ良かったんやないかいw
たいした腕もないくせになんで出世できたんだ。

大体、ニノがペアンを取りだそうとしているのに、「ダメダメ」言っているだけ。
ちゃんと理由を言えば良いのに。
ペアンを抜いたらどうなるか知っているなら、何で理由を言わないのか。
早く言えよ!HGかよ!

てかさ。
ニノ父もニノにちゃんと話せば良かったのにさ。
内野聖陽だって、ニノにちゃんと話せば良かったのに。

いやいや。
ニノ父は黙って立ち去るのではなく、ちゃんと事実を伝えれば良かったのに。
ペアンを残して、患者の命が救える前例ができたんだから、今後に生かせよ。
積極的に発表すれば助かった命もあるかもしれんのに。

ペアンのことが露呈したってんのに、なんでペアンを取り出す手術をしなかったんだっけ?
なんで放置してたんだっけ?
そもそもあんなでかいペアンが心臓に入るか・・・?

そして今回のオペでもペアンを入れる。
飯沼さんはペアンなしでは死んでしまうのか。
あの時はペアンしかなかったから応急処置としてわかるけれど、今もなおペアンでないとダメな理由がわからん。

父親は患者を一番に考えた。
そして内野も守った。
だけど、息子は父のために・・・。
切ないようでもあるけれど、2サスの殺人動機みたいだなぁ(苦笑)
最後までニノ父の汚名返上はできなかったのはモヤモヤ。

理事長選。
最後まで猿之助と内野聖陽が互角だったのに笑う。
失態ばかりの猿之助が誰に支持されているのだろう。
最後に孝太郎が裏切ったって言っていたけれど、オマエ先週、孝太郎を切ったやないか。
それでもまだ理事長の椅子がほしいのねぇ。

最後にチャッカマンみたいなスナイプが出てきて、良かったね(爆)
タイトルのブラックペアンよりスナイプ、カエサルの話の法が長かったもんなぁ。
ブラックペアンのお話って、2時間もあれば十分な内容だったのでは?

そうそう、猫ちゃん(趣里)が葵わかなに
「出て行きなさい!」
って言い方は右京さん(@相棒)を参考にしたのかもw

結局みんないい人でした・・・。
ブラックペアン以外の話がごちゃごちゃうるさくて、登場人物も無駄に多くて、なんだかなぁ。
後半の内野聖陽さんは月影先生なみに倒れまくるしさ。
短期間で理事長を辞職したっつっても、やっぱり地位と名誉欲があったんじゃないかなぁ。

期待して見ていたわりには医療コントのまま終わった印象。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。
主題歌はこちら

小田和正「この道を」
感想はコチラ
「ブラックペアン」第1話 ネタバレ 感想~ニノも失敗しないので。
「ブラックペアン」第2話 ネタバレ 感想~スナイプとカトパンはお腹いっぱい
「ブラックペアン」第3話 ネタバレ 感想~ひとりでできないもんBy孝太郎
「ブラックペアン」第4話 ネタバレ 感想~ダーウィンがくる!!
「ブラックペアン」第5話 ネタバレ 感想~スナイプからダーウィンに変わっただけ
「ブラックペアン」第6話 ネタバレ 感想~RHマイナスは特殊な血液か?
「ブラックペアン」第7話 ネタバレ 感想~ニノがいなければ孝太郎も名医
「ブラックペアン」第8話 感想~安定の出血パニック!!
「ブラックペアン」第9話 ネタバレ 感想~ニノと孝太郎、初めての共同作業。
キャスト
渡海征司郎…二宮和也
世良雅志……竹内涼真
花房美和……葵わかな
黒崎誠一郎…橋本さとし
藤原真琴……神野三鈴
猫田麻里……趣里
垣谷雄次……内村遥
関川文則……今野浩喜
田口公平……森田甘路
速水晃一……山田悠介
島津塔子……岡崎紗絵
北島達也……松川尚瑠輝
宮元亜由美…水谷果穂
新井美緒……原アンナ
篠原健一……丸一太
福本真人……渋江譲二
守屋信明……志垣太郎
渡海一郎……辻萬長
渡海春江……倍賞美津子
木下香織……加藤綾子
池永英人……加藤浩次
西崎啓介……市川猿之助
高階権太……小泉孝太郎
佐伯清剛……内野聖陽

コメント