「ブラックペアン」第9話 ネタバレ 感想~ニノと孝太郎、初めての共同作業。

スポンサーリンク

「20分拡大!渡海が秘密に迫る!」

原作コチラ

海堂 尊「新装版 ブラックペアン1988」

あらすじはコチラ→

高階(小泉孝太郎)は、西崎教授(市川猿之助)にバッサリ切られる。
切羽詰まった黒崎(橋本さとし)は小泉孝太郎に佐伯教授(内野聖陽)執刀を依頼。
市川猿之助のコトが嫌になった孝太郎は依頼を受ける。←切られてから気づくってさ・・・。

ニノの父はイイヌマタツジの簡単な心臓手術を行ったが、ペアンを置き忘れていた。
ニノ父は、東城医大を除籍される。
上昇志向が高かったが、教授の座は内野聖陽に奪われた。

で、内野聖陽の手術。
これだけ一致団結しているのに難しい。
ニノなら成功間違いなしの手術が、東城大が一致団結しても難しい・・・?

カエサルの論文を見せてほしいと加藤浩次編集長を訪ねる竹内涼真。←カトパンとともに。
論文は見せられないと言われるが、食い下がる。
内野聖陽のカルテを見せて助けてほしいと言う。←カルテって持ち出してもエエの??
土下座して頼む竹内涼真に、激おこだった加藤浩次編集長が豹変。
論文を探してくれるという。←チョロい!!


論文のおかげで手術方法が見つかったものの、内野聖陽が心筋梗塞に・・・!!
緊急手術。
しかし難航。
手術室の真ん中で、橋本さとしが叫ぶ。
「なんとか教授を助けてください・・!」

ニノ黄門様の・・・遠隔操作!!!

医局のもう一つのカエサルを使い、手術室のカエサルにアクセーース!!

孝太郎はニノの思い通りに動くお人形。
カエサルで佐伯式の手術を行い、手術は成功。

その後、日本外科ジャーナルが発行された。
猿之助はインパクトファクターに喜ぶ・・・んが!!
孝太郎もまた論文を載せていた。
論文は、カエサルで佐伯式の手術を行う。しかも遠隔操作で。
孝太郎、大逆転!!




本日もペアンに関しての話は進まず・・・。

ニノがカエサルを操作しても、ゲーセンみたいだ。
ガンダム??って感じも(苦笑)
ニノも孝太郎もどこかに発進して飛んでいきそうだったわ。

内野聖陽以外、患者さんはいないか?
他の患者でも、一致団結して取り組めよ。
いつもいつも血液ぶっしゃーで危ない目にばかり遭わせてきたくせに。
孝太郎はいつの間に論文を書き上げたの?
論文を書くのに時間がかかるとか・・・言ってなかったっけ?

「あなたにとってカエサルとはなんですか!?!?!」
と孝太郎が猿之助に迫ったとこで、ちょっと失笑。
そしてその後のニノと孝太郎の共同作業はもう笑うしかなかったなw

ニノのセリフをオウム返しする孝太郎。
二人羽織感もあり、腹話術みたいでもあり・・・。
こんなおかしな医療ドラマ初めてだわ。
小田和正のテーマソングが流れてきても、コメディ感は拭えなかった。
よくこんな脚本で、号泣できたよねぇ、竹内涼真は。
偉い偉い!
対する加藤浩次はもっとお芝居がうまい人って印象だったのに。
激おこシーンも「スッキリ」の方が迫力あったし。

加藤浩次も寝返った。孝太郎も寝返った!猿之助悔しそう。
猿之助を初めてテレビドラマでみたのは、江角マキコの夫役。
「ブルドクター」
その時もこの人は、歌舞伎で輝く人なんだろうと思ったけれど、やっぱり今回も。
いとこの香川照之とちょっと顔立ちが似ているので、比べちゃうなぁ。
猿之助は歌舞伎っぽ過ぎるんだよねぇ。
狙っているのかもしれないけれど、すっごい性格が悪いのに、そこまで腹が立たない。
もっと腹が立ってないと、「ざまぁみろ」感が薄い。

今日は特に馬鹿馬鹿しくて笑っちゃったなぁ。
まぁ、笑えないよりマシよね。
来週は最終回。
爆笑に次ぐ爆笑ならエエね。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。
主題歌はこちら

小田和正「この道を」
感想はコチラ
「ブラックペアン」第1話 ネタバレ 感想~ニノも失敗しないので。
「ブラックペアン」第2話 ネタバレ 感想~スナイプとカトパンはお腹いっぱい
「ブラックペアン」第3話 ネタバレ 感想~ひとりでできないもんBy孝太郎
「ブラックペアン」第4話 ネタバレ 感想~ダーウィンがくる!!
「ブラックペアン」第5話 ネタバレ 感想~スナイプからダーウィンに変わっただけ
「ブラックペアン」第6話 ネタバレ 感想~RHマイナスは特殊な血液か?
「ブラックペアン」第7話 ネタバレ 感想~ニノがいなければ孝太郎も名医
「ブラックペアン」第8話 感想~安定の出血パニック!!
「ブラックペアン」最終回(第10話)ネタバレ 感想~ペアンでないとダメですか?
キャスト
渡海征司郎…二宮和也
世良雅志……竹内涼真
花房美和……葵わかな
黒崎誠一郎…橋本さとし
藤原真琴……神野三鈴
猫田麻里……趣里
垣谷雄次……内村遥
関川文則……今野浩喜
田口公平……森田甘路
速水晃一……山田悠介
島津塔子……岡崎紗絵
北島達也……松川尚瑠輝
宮元亜由美…水谷果穂
新井美緒……原アンナ
篠原健一……丸一太
福本真人……渋江譲二
守屋信明……志垣太郎
渡海一郎……辻萬長
渡海春江……倍賞美津子
木下香織……加藤綾子
池永英人……加藤浩次
西崎啓介……市川猿之助
高階権太……小泉孝太郎
佐伯清剛……内野聖陽

コメント

  1. naraku より:

    二宮和也が遠隔操作していたのはカエサルというより小泉孝太郎で、、手術関係者であの二人羽織を理解していた(知っていたのは)ニノと孝太郎と竹内涼真と趣里の4人だけだったのかな、、なんとなく既視感があったので思い出したのが「未解決の女」で波瑠がイヤモニターで指示通りに復唱していた場面。ニノは日頃ゲームを頑張っているというから、シミュレータ操作がゲーセンにいるみたいに感じられてしまって(笑)

    佐伯教授のオペの予定はかなり先まで決まっていて何か月も待ちがあったような気がしていたけれど、この病院は患者が後回しになる病院だなあ。猿之助医師にもかかりたくない。

    最終回にはペアンの写真の謎が解けるのかしら。

    • tarotaro tarotaro より:

      narakuさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      ホントだ「未解決の女」みたいですね。
      ニノがヘッドマイクつけて操作している姿を見ていたら、およそ医療ドラマとは思えない・・・。

      佐伯教授を助けないと、ほかの感謝も助けられない!って、その論理はわからんでもないけれど、ほかの患者は蚊帳の外ですね(苦笑)
      で佐伯教授の手術の間、みんながみんな固唾を呑んで見守るって、もう。
      「レクイエム」のBGMが流れてきても笑うしかなかったです。
      ペアンの写真の謎が解けなければ、このドラマを制作した意味・・・ないですよね(爆)