『BG~身辺警護人~』 最終話 ネタバレ感想~誤差ナシ!ってこともない。

スポンサーリンク

前作

あらすじはコチラ→

劉(仲村トオル)社長は国外逃亡望んでいた。
日本で捕まったら拘置所で自殺した事にされる・・・らしい。
警察の検問も機転できりぬけ(市川実日子女医の機転でもある)。
車を乗り捨て山越えの際には島崎章(木村拓哉)を付け回していたロン毛で元警護課の警察官・加藤一馬(中村織央)に襲われるも、なんと高梨(斎藤工)が助太刀。
斎藤工は警察への出頭を進めるが、仲村トオル社長は、斎藤工を始末しろとキムタクに命令。
キムタクは斎藤工を崖から突き落とした。
・・・のは見せかけで、斎藤工と仲村トオルが入れ替わった。
そこにやってきたのは菅沼(菜々緒)菜々緒をつけてきたや沢口正太郎(間宮祥太朗)も一緒だ。
メールの縦読み手法で居場所がわかる。
仲村トオル社長は、菜々緒を抱きしめ、最後にお別れができて良かったと言う。


飛行場に着く。
仲村トオル社長が逃げることに納得ができないキムタク以外の面々。
「社長は ロスに戻れたら情報漏洩の件を全て公にすると言ってくれた。」
仲村トオル社長を信頼できないと口々に言う。
高梨に ボディーガードに必死になる理由を聞かれていたキムタク。
「多分 人を信じられるかどうか問われているらじゃないかな?」
いろんな依頼人に会って、人を信じる事に全力を傾ける。
たとえ 敵対する人間でも…信じて 護る。
今の依頼人を護る事が
その人の未来を護る事になる。
「それが俺たちの仕事なんじゃないの?」
しかし裏切られたら、犯人隠避罪。
ボディーガードとしての信用を失う。
辞めることになるかも。
「簡単に信じるなんて 島崎さんこそ仕事なめてるんじゃないですか?」
それでも反論するキムタク。
真面目で立派な人だったら信じる?
親切で優しかったら信じれるの?
これまでに 間違いを犯してなかったら信じられる?
「嘘かどうかなんて わかんないよ。
だから信じてみるしかないんだよ!
じゃなかったら…
護るのに命なんて懸けらんないだろ!!」
「その辺にしておこうか。
依頼内容を変更してもいいかな?
逃げるのはやめる。
行き先を変えたい。
私が信じるに足る人間かどうか
君たちが見届けてくれるなら。」
「クライアントの指示に従います。」
結局、みんなで警護にあたる。
「無線の周波数を合わせるぞ。
現在15時40分。誤差なし。」



仲村トオルの行き先は桑田代議士(小木茂光)
ロン毛・加藤がまた先回りしていた。
今度は拳銃で狙われるが、丸腰で戦うキムタク。
ロン毛を絞めあげたところで身辺警護課長・小俣健三(勝村政信)にバトンタッチ。

いざ突入。
仲村トオル社長は小木茂光に”友人として忠告”
そんな最中、キムタクは倒れる。
ロン毛に太股を撃たれていたのだ!

市川実日子女医に手術してもらってなんとか生きているキムタク。
恋愛は・・・市川実日子女医と大人の関係?
死なないように頑張れってさ!

菜々緒と間宮祥太朗はキックスに残る。
キムタクと斎藤工はバディ。
だけどキックスの下請け?協力会社?になる。
勝村政信はキックスは辞めたけど、他の警備会社に再就職。
小木茂光は逮捕。
仲村トオルは保釈会見でボディーガードに感謝してるって、やけに爽やかにコメント!!!

斎藤工と仲村トオル社長を入れ替えるために崖から突き落とすっての・・・なんで?
アレ?いる?
痕跡がいるの?
遺体があるわけやなし・・・・イマイチわからん。

丸腰でロン毛に向かうのはさすがに無謀。
撃たれたしさ、あのままダメ押しに撃たれたら死んでいたけど、良かったのか?
仲村トオル社長は菜々緒にホントに惚れていたのか。
でも菜々緒は斎藤工と・・・?

収まるとこに収まったけど、話数が減ったことの弊害はあちこちにあったなぁ。
ま、話数が少ないからボロが出なかったとこもあったのかもしれんが。
いや・・・やっぱり雑に見えたかなぁ。
勝村政信はなんだったんだろうか。
仲村トオルもいきなり爽やかになっちゃって。
すでにパート3は決まってんのかなぁ。
キムタクのがむしゃら正義がいつまで続くのかわからないけど、ドストレートな正義と恋愛ってちょっと恥ずかしいんだなぁ。
これは年齢的なものだよねぇ。
キムタクは若く見えるけれど、この役の性格って20代くらいのほうがしっくりくるような気がするんだよねぇ。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『BG~身辺警護人~』 第1話 ネタバレ感想~誤差なし!誤差あり!
『BG~身辺警護人~』 第2話 ネタバレ感想~キムタクが新撰組!?
『BG~身辺警護人~』 第3話 ネタバレ感想~菜々緒はスパイに?トオルは何を考える?
『BG~身辺警護人~』 第4話 ネタバレ感想~いきなりの人情話
『BG~身辺警護人~』 第5話 ネタバレ感想~仲村トオル社長がペラペラ喋る!
『BG~身辺警護人~』 第6話 ネタバレ感想~最後の依頼人は仲村トオル社長

キャスト
島崎章・・・木村拓哉
高梨雅也・・斎藤工
菅沼まゆ・・菜々緒
沢口正太郎・間宮祥太朗
中島小次郎・道枝駿佑 (なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
島崎瞬・・・田中奏生
笠松多佳子・市川実日子
小俣健三・・勝村政信
劉光明・・・仲村トオル

ゲスト
佐久間華絵・名取裕子
第1シリーズ
「BG~身辺警護人~」第1話 ネタバレ 感想~クネ男が強い。ゆり子が悪い。
「BG~身辺警護人~」第2話 ネタバレ 感想~ボディガード+探偵=キムタク
「BG~身辺警護人~」第3話 ネタバレ 感想~吊橋と欄干と手錠と
「BG~身辺警護人~」第4話 ネタバレ 感想~大臣様がわがまま過ぎる
「BG~身辺警護人~」第5話 ネタバレ 感想~なんか物足りない。
「BG~身辺警護人~」第6話 ネタバレ 感想~萩原聖人がアレだけなんて。
「BG~身辺警護人~」第7話 ネタバレ 感想~「ちょ!待てよ!」って聞こえた気がするトレンディ!
「BG~身辺警護人~」第8話 ネタバレ 感想~政治の不正と警察の圧力で終わる予感
「BG~身辺警護人~」最終話(第9話) ネタバレ 感想~脚本家との誤差あり

コメント