『BG~身辺警護人~』 第4話 ネタバレ感想~いきなりの人情話

スポンサーリンク

前作

あらすじはコチラ→

島崎章(木村拓哉)は依頼人・生田大輔(岡田義徳)と父親生田洋次(平泉成)の仲を取り持つ。
平泉成に嫌われ役を演じて貰い、もう一度外に出ることになった岡田義徳。
「嘘つきでいい加減でどうしようもないヤツなんですよ。
ずるしてタイムカプセルあけようだなんて。
体裁ばかりに気にして、そんなにみんなにバカにされるのが怖いのか!」
「あんたなんかにそんなことを言われる筋合いないんだよ。」
なんとか小学校に来た岡田義徳。
同窓会に行くのが苦手だとキムタクが言う。
斎藤工は数年前に同窓会に行ったが、自分のことを覚えていないヤツがいたからすぐに帰ったとか。
なんとなく気持ちがほぐれる岡田義徳。
笑顔で迎える自称・親友の谷口守治(丸山智己)
「一緒に理科室に行こう。」
ここで任務は終了だとキムタクと斎藤工に伝えた岡田義徳。
しかしなんとな~~~く気になるキムタクと斎藤工。


理科室に入ると人が変わる丸山智己。
「塩酸を盗まされた。」
小学校の頃、罰ゲームだと塩酸を盗むように岡田義徳に強要されたと言う丸山智己。
「本当に覚えていないの?」
警察まできて大騒ぎになった。
「でも君、最後まで自分が命じたって言わなかったよね?」
やっと思い出した岡田義徳。
「僕、あのおかげで中学受験パーになったんだよね
あのあとお母さん、心を病んじゃって僕が高校の時自殺しちゃった。
なのに忘れてた
そんなこと許されないと思う。
謝れよ。謝ってくれよ!」
仲裁に入るキムタクと斎藤工。
「生田さん(岡田義徳)は誰かに寝られわていたようです
あなたは卒業後の生田さんのことを大変よくご存じでしたよね?」
しかし今日はあとをつけていないと言う。
「これまでいろいろ刺激を与えてやったけどな。」
自転車のパンク、踏切に背中を押す。←25年で2回だけ?
「当然だろ
お前のせいで、俺の人生が壊れたんだ。」
「家族がいるじゃ無いか。」
「妻とは1年前に離婚した
お前に騙されて以来
人が信じられなくてさ
人間関係うまく行かないんだよ
一発くらい殴らないと気が済まないんだよ」
「でしたら私を殴って下さい。」



キムタクが前にでる。
上手く殴れない丸山。
「人を信用出来なくなったのは生田さんのせいではなりません。
あなた自身の問題です。」
「黙れ」
キムタクを殴ろうとするが交される!
羽交い締めにされた丸山に
「すまなかった。
なんも。。。知らなくて
すまない。
忘れてて
殴るなら俺を殴ってくれ。」
一発殴られる岡田義徳。
そのまま外に出ると、同級生が集まっていた。
ひげもじゃらで汚い格好の岡田義徳に注目があるまる。
「汚い」と声もする。
すると丸山智己が声をかけた
「なんだよ!その格好!」
目立ちたがり屋の岡田義徳がウケ狙いで汚い格好をしているかのようなフォローをする丸山智己。

タイムカプセルが開けられる。
25年後の自分への手紙。
持ち帰り両親に渡す。
手紙には父と同じ電車の運転手になりたいと書かれていた。
当時、父には”勉強をして良い会社に入れ、電車ではなく人を動かす人間になれ。”と言われていた。
でもオヤジに仕事に憧れていた
「25年後の自分にまで嘘をつきたくなかったんだな」
岡田義徳の部屋に入ってくる父・平泉成
「体裁バカり気にしていたのは父さんのほうだった。
すまん。大輔、この家を出ていけ。」

岡田義徳は就職活動。
ボディーガード料金はきちんと支払われた。
岡田義徳のことをつけていたのはキムタクをマークしているアイツだった!

今日の8時間8万円はボディーガード料金というより、カウンセラー料金だな。
親子の仲、友達との仲をとりもっただけっていうか。
こんなことまでやんの?ボディーガードってさ。
まったくアクションがないとはおもわなんだ。
丸山智己を羽交い締めにしたのは・・・アクションっていわないもんねぇ。
斜め上いう展開に、タイムカプセルのこともキムタクが狙われてたことも忘れてたよ。
丸山智己が良い人過ぎるよね。
ワタシなら殴ったくらいじゃ許せないわ。
しかもあんな騒ぎになってんのに忘れていただなんて。
きっと引きこもっていてもバリバリ働いていても腹が立つと思う。
母ちゃんも死んでいるんだしさ。

話が進むにつれて、キムタクの警備会社にみんなが入社するんだって思っていたけれど、斎藤工しか入社しないね。
ま、二人で十分な案件ばかりだけど。




キムタクと市川実日子の恋愛も気になるところ。
石田ゆり子よりはアリよりのアリなような気がしますわね(爆)
なんとなく似合うような。
少なくとも斎藤工と菜々緒よりはお似合い。

で・・・来週あたりからめっちゃ急展開になりそう。
まだ序盤のように思っていたけれど、短縮するみたいなので、このあたりからバンバン伏線を回収していかねばならぬのね。
もう呑気にカウンセラーはできないのね。

岡田義徳くんが良かったッス。
どんな役でもハマっちゃうのね、彼は。
スゴいねぇ。普通、あの格好したら笑けるぞ。
案外、重めな展開で・・・最後は引きこもり脱却。
頑張れ。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『BG~身辺警護人~』 第1話 ネタバレ感想~誤差なし!誤差あり!
『BG~身辺警護人~』 第2話 ネタバレ感想~キムタクが新撰組!?
『BG~身辺警護人~』 第3話 ネタバレ感想~菜々緒はスパイに?トオルは何を考える?
『BG~身辺警護人~』 第5話 ネタバレ感想~仲村トオル社長がペラペラ喋る!
『BG~身辺警護人~』 第6話 ネタバレ感想~最後の依頼人は仲村トオル社長
『BG~身辺警護人~』 最終話 ネタバレ感想~誤差ナシ!ってこともない。
キャスト
島崎章・・・木村拓哉
高梨雅也・・斎藤工
菅沼まゆ・・菜々緒
沢口正太郎・間宮祥太朗
中島小次郎・道枝駿佑 (なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
島崎瞬・・・田中奏生
笠松多佳子・市川実日子
小俣健三・・勝村政信
劉光明・・・仲村トオル

ゲスト
生田大輔・・岡田義徳
生田洋次・・平泉成
谷口守治・・丸山智己

第1シリーズ
「BG~身辺警護人~」第1話 ネタバレ 感想~クネ男が強い。ゆり子が悪い。
「BG~身辺警護人~」第2話 ネタバレ 感想~ボディガード+探偵=キムタク
「BG~身辺警護人~」第3話 ネタバレ 感想~吊橋と欄干と手錠と
「BG~身辺警護人~」第4話 ネタバレ 感想~大臣様がわがまま過ぎる
「BG~身辺警護人~」第5話 ネタバレ 感想~なんか物足りない。
「BG~身辺警護人~」第6話 ネタバレ 感想~萩原聖人がアレだけなんて。
「BG~身辺警護人~」第7話 ネタバレ 感想~「ちょ!待てよ!」って聞こえた気がするトレンディ!
「BG~身辺警護人~」第8話 ネタバレ 感想~政治の不正と警察の圧力で終わる予感
「BG~身辺警護人~」最終話(第9話) ネタバレ 感想~脚本家との誤差あり

コメント