『BG~身辺警護人~』 第1話 ネタバレ感想~誤差なし!誤差あり!

スポンサーリンク

初回拡大スペシャル

前作

あらすじはコチラ→

「あれは本当に事故だったんですか。」
松野(青木崇高)の言動に“ある違和感”を覚えた島崎章(木村拓哉)。
ただ本当のことを知っておかないと敬語の方法を決められない。
クライアントの護ることが仕事だと。
しかし島崎は事故だったと言い張る。
あの事故の件で研究に批判が集まる
だからどうしても坂上教授に会わなければいけないと・・・。

マスコミが青木崇高の出所を知ってしまい。
とりあえず事務所に泊まる事になった二人。
そこへやってきたのは被害者の弟。
青木崇高はドアを開けてしまう。
「今からでも遅くない
本当のことを言え!
あの夜姉ちゃんから連絡があったんだよ
”あんなヤツ訴えてやるから”」
なんとか弟をとっ捕まえたキムタク。
どうしようっかなぁ~ってとこでドアを4回叩く音。
高梨雅也(斎藤工)だった。
斎藤工に取り押さえられた被害者弟。


そして翌日、坂上教授(神保悟志)の研究室へ。
どうしてこんなに早くマスコミに漏れるのか
「あなたが携帯電話でリークしているのではないのですか?」
キムタクが青木崇高に聞く。
事務所ではドアを開けた。
記者の方をみた。
とてもマスコミに怯えている人のこうどうではない。
「全て話すわけないでしょう。
昨日、今日会ったボディーガードに!」
「そうですよね
実も僕も黙っていたことがあります。」
一人で自由にやりたいと会社を辞めたのではなく、社長と言い争いになってクビになったこと。
元犯罪者だろうがなんだろうが困っている人の役に立ちたいと思ったからだ。
後悔はしていない。
「僕はもうどの組織にも属していない。
法を犯してもあなたを護り守り抜くつもりです。」



研究室に入ると青木崇高は神保悟志教授と二人きりで話したいという。
しかしキムタクはその場を離れない。
「伊丹さんを死なせたのは先生なんだよ!」
青木は研究を守るために自ら出頭。
しかし取り調べの段階で気づく。
神保悟志にはめられたと。
神保悟志は伊丹さんに言い寄っていたのだ。
「液体窒素を蒔くように指示したのは先生だ。
写真がデスクから出てきた時に気づきましたよ
先生が撮ったって。
レンズにゴミがついていた。
伊丹さんに迫っていたのは先生だ。
訴えると言われて彼女を殺したんだ。
先生、マスコミ前で事実を発表して下さい。
事実を言わないのなら死んでいただきます。」
襲いかかる青木崇高
必死に止めるキムタク。

青木崇高の狙いは神保悟志にに自白させることだった。
「汚名を受けるなら死を選ぶしかないからね。
君が来ると聞いたときからそうするつもりだった。」
クソ寒そうな部屋に入り(研究室だけどねw)、施錠した神保悟志。
まんまと神保悟志の計画にハマってしまった。
「口封じの為に
松野さんを道連れにするつもりですか?」
「苦しみはない。」
「エゴイストじゃないか」
「研究者たりものエゴイストでなければならない。」
そんな言い合いをしてもクソ寒い部屋からは出られない。
あまりにも暴れる青木崇高を締め上げるキムタク!←やりすぎ!
凍え死にそうな三人
斎藤工が気づいてくれたので・・・事なきを得た。

「松野さんは復讐したかったわけではなくて、尊敬していたあなたのことをもう一度信じたかったのだと思います。」

警察に連行される神保悟志。
「確かにあなたバカです
僕がやろうとしていること気づいていて最後まで付き合って。
あなたは僕の未来を護ってくれました
ありがとう
止めてくれて。」
青木崇高も警察に連行された。

一連の事件を知った仲村トオル社長。
これがキムタクと斎藤工の最後の警護となるだろうと笑う。
斎藤工は菜々緒と付き合っていた???のかどうだかは知らんけど、多分、キムタクとともに警護する?

一課長に番宣で出ていた菜々緒と間宮祥太朗・・・あんま出演シーンなかったやんw

「BG~身辺警護人~」最終話(第9話) ネタバレ 感想~脚本家との誤差あり
そう。
前のseasonも楽しめていなかったのに、また見てしまった。
前回の最終回。
当時の健太郎、今の伊藤健太郎が出ていたんだよね。
ワタシが若君(@アシガール)に入れあげていた頃だから(!)、え?続編には健太郎くんが!?
なんて思ったけれど、かなり売れっ子になったから無理なのかw
健太郎くんはキムタクのd大ファンだそうですが。
無理だったか~!!!

何事もやり過ぎると引くんだよね。
昨日の「ハケンの品格」もそうなんだけど、パワハラセクハラをやり過ぎると、「こんな会社いねーだろ」と思っちゃう。
そしてこのドラマも・・・。

前のseason。
なぜ面白くなかったかってーと、「それボディガードの範疇じゃないよね?」ってケースが多かったから。
ボディガードはサービス業ってのはある意味あっていて、いろんな警護があって良いと思うんだけどねぇ。
これから仲村トオルはキムタクと対立して、徹底的に潰そうとするんだろうなぁ。




ま、それでも視聴率をとるのがキムタクです。
王道な話でも大丈夫なのです。
とにかく上と対立し、弱者を助けるヒーローなんです。

しかし仲村トオルに青木崇高ってワタシの好み過ぎる!
青木崇高の短髪はヅラだったんだろうか。
見慣れない。けど格好良い!
青木君はあんまり仕事しないよねぇ(苦笑)
もっともっといろんなドラマで見たいなぁ。
主役も見たいなぁ~~~!!

んで、キムタクの子ね。
大きくなったね~。
斎藤工と面識あったっけ?
簡単に家に上げたり、名刺差し出したり・・・と危機管理がなってねーなw
今回は息子くんももっともっと話にからんできそうかな?

山口智子も出るのか?
江口洋介はどうなのか?
上川さんは・・・幽霊でお願いしますw

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。


感想はコチラ
『BG~身辺警護人~』 第2話 ネタバレ感想~キムタクが新撰組!?
『BG~身辺警護人~』 第3話 ネタバレ感想~菜々緒はスパイに?トオルは何を考える?
『BG~身辺警護人~』 第4話 ネタバレ感想~いきなりの人情話
『BG~身辺警護人~』 第6話 ネタバレ感想~最後の依頼人は仲村トオル社長
『BG~身辺警護人~』 最終話 ネタバレ感想~誤差ナシ!ってこともない。
キャスト
島崎章・・・木村拓哉
高梨雅也・・斎藤工
菅沼まゆ・・菜々緒
沢口正太郎・間宮祥太朗
中島小次郎・道枝駿佑 (なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
島崎瞬・・・田中奏生
笠松多佳子・市川実日子
小俣健三・・勝村政信
劉光明・・・仲村トオル

ゲスト
松野信介・・青木崇高
坂上司・・・神保悟志

第1シリーズ
「BG~身辺警護人~」第1話 ネタバレ 感想~クネ男が強い。ゆり子が悪い。
「BG~身辺警護人~」第2話 ネタバレ 感想~ボディガード+探偵=キムタク
「BG~身辺警護人~」第3話 ネタバレ 感想~吊橋と欄干と手錠と
「BG~身辺警護人~」第4話 ネタバレ 感想~大臣様がわがまま過ぎる
「BG~身辺警護人~」第5話 ネタバレ 感想~なんか物足りない。
「BG~身辺警護人~」第6話 ネタバレ 感想~萩原聖人がアレだけなんて。
「BG~身辺警護人~」第7話 ネタバレ 感想~「ちょ!待てよ!」って聞こえた気がするトレンディ!
「BG~身辺警護人~」第8話 ネタバレ 感想~政治の不正と警察の圧力で終わる予感
「BG~身辺警護人~」最終話(第9話) ネタバレ 感想~脚本家との誤差あり

コメント