「BG~身辺警護人~」第2話 ネタバレ 感想~ボディガード+探偵=キムタク

スポンサーリンク

「BG~身辺警護人~」第2話

あらすじはコチラ→

人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅で自転車に放火される事件が発生。
一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。
田中哲司裁判官には警視庁のSPが付くが、妻・亜佐美(大塚寧々)にはSPがつかない。
大塚寧々の警護は章(木村拓哉)ら、日ノ出警備保障の身辺警護課が担うことになる。

何かと1人になりたがる大塚寧々。
たっかい買い物をしたり、美容院に行ったり、不動産屋の若い営業・石黒英雄と会ったり・・・あげくキムタクを首にする。

夫の田中哲司に現状を報告をするキムタク。
若い男との浮気を疑っていた田中哲司。
裁判官という職務上探偵は雇えないので、SPを雇ったのだった。




大塚寧々に逃げられる菜々緒&間宮祥太朗
逃げた先は不動産屋の石黒英雄に紹介されたトランクルームだった。
キムタクがその場所に行くと、買い物した高級品がたくさんあった。
そこは大塚寧々がリラックス出来る場所だった。
しかしそこは危険な場所でもあった。

放火犯は石黒英雄。

田中哲司が下した過去の判決による逆恨みだった。
1年前のストーカー事件の被害者家族。
田中哲司は過去の判例を鑑みて執行猶予付きの判決を言い渡した。
しかし被害者の女性は心を病み半年後自殺をした。
彼女は結婚してお腹に子どもがいた。
石黒英雄はその夫だった。

「自分の妻は死んだ。
だからどうしても確かめたい。
自分の妻が死んでも裁判官が冷静に判決を下せるのか。」

なんだかんだで格闘のすえ、キムタクの勝利。
石黒英雄は逮捕。
連行される石黒英雄の背中に

「その人も被害者なんだよ‥」
とつぶやくキムタク。




大塚寧々、簡単に菜々緒と間宮祥太朗から逃げた!
忍者かよ!!
キムタク以外のSPがポンコツ過ぎるわ~。
で、結局最後、田中哲司と大塚寧々・・・ラブラブやん(苦笑)
二人とも言いたいことを言えば良かったんだよ。
+++++
石黒英雄の武器がハンマーって!!!
しかもそのハンマーを使いこなせしてたよねぇ。
で、必ず怪我をするキムタク。
なんで逃げようってときに、大塚寧々にハイヒールを履かせたのか。←お姫様抱っこするためか?
奥さんが亡くなったのは可哀想だけど、裁判官を恨むかなぁ。
弁護士、検事あたりを恨むんじゃないかなぁって思うんだけど。
しかも放火なんてしなくてもねぇ。
放火なんてするからSPがついちゃって、自分の目的を果たせなくなってんじゃん(苦笑)

斎藤工と江口洋介の理屈のこね方が同じベクトル。
中にも外にも敵がいるのは面倒だわねぇ。
なんでこんなにこの二人はキムタクに絡むんだろ?

1話より見やすくて良いかもって思っていたんだけど、身辺警護って言うより、探偵みたいなもんだったなぁ。
普通のボディガードの仕事はまだない(苦笑)

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
「BG~身辺警護人~」第1話 ネタバレ 感想~クネ男が強い。ゆり子が悪い。
「BG~身辺警護人~」第3話 ネタバレ 感想~吊橋と欄干と手錠と
「BG~身辺警護人~」第4話 ネタバレ 感想~大臣様がわがまま過ぎる
「BG~身辺警護人~」第5話 ネタバレ 感想~なんか物足りない。
キャスト
島崎章 …木村拓哉
落合義明…江口洋介
高梨雅也…斎藤工
菅沼まゆ…菜々緒
沢口正太郎…間宮祥太朗
立原愛子…石田ゆり子
村田五郎…上川隆也
河野純也…満島真之介
今関重信…永島敏行
氷川修 …宇梶剛士
清田春孝…阿部進之介
島崎瞬 …田中奏生

第2話ゲスト
行永亜佐美………(大塚寧々)
行永辰夫………(田中哲司)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする