新・浅見光彦シリーズ(5)「天城峠殺人事件」ネタバレ感想~ひき逃げだけで3時間はキツい

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

内田康夫「天城峠殺人事件」

小林章夫(堀内正美)は20年前勤めていた会社(峰岡電機)で、最年少で本部長に抜擢された。
しかし人員削減が始まったとき、堀内正美はリストラを命じる立場となり、何百人もの社員の首を切った。

その中には堀内正美を慕っていた武上和真もいた。
武上和真は、武上慶子(音無美紀子)と武上清作(金田明夫)の息子だった。

彼は尊敬していた堀内正美に退職を勧告され、精神的に追い詰められた。
懸命に看病をした音無美紀子だが、和真は自殺した。

毎晩のように堀内正美を殺したいと酒に酔って言っていた音無美紀子。
そんなことをしたら、武上旅館はどうなるんだとなだめた金田明夫。

20年後、堀内正美と娘・朝美(谷村美月)が武上旅館に泊まりに来た。
宿帳を見た音無美紀子は号泣。

「もう二度と泊まりに来ないでください。」
金田明夫は堀内正美にそう伝えた。



堀内正美の千社札を頼りに、秩父トンネルに行き着いた光彦たち。
堀内正美が秩父トンネルにいたとき、音無美紀子と金田明夫も秩父にいた。
音無美紀子は運転が大好きで気晴らしに金田明夫がドライブに誘ったのだった。

秩父トンネルを歩く堀内正美を撥ねてしまった音無美紀子。
遺体が堀内正美だと気づくと
「罰が当たったのよ。」
と言い出した。
”これは事故ではなく殺人なんだ”と思った金田明夫。
旅館を守るため、罪を隠すために天城に遺体を運んだ金田明夫。

20年前、谷村美月を置いて出て行った母(市毛良枝)。
堀内正美はリストラ宣告人になったことで、家では荒れた。
谷村美月を連れて家をでようとした市毛良枝だが、幼い谷村美月は泣いている父親を置いて家を出ることができず、母親の手を離した。
捨てられたのでは無かった。

ほんで・・・?



長い・・・。
長いわ~。
殺人っていうか、ひき逃げに3時間。

尾美としのり家のエピソードをすっ飛ばしたら2時間できちんと収まるよねぇ。
十津川警部に続き、浅見光彦も3時間にする意味!!
何も無いぞ。

2時間のドラマを制作するのも3時間に引き延ばすのも予算が変わらないので、こんなことになってんでしょうか?
とにかく長すぎて、困るよ。
ホント。

原作とも全然違うしさ。
免許取り立てのアイドル歌手がひき逃げした話をどこをどうしたらこうなってん。
内田康夫先生が亡くなったとたんに、やりたい放題やな。

「温かい家庭」を見せつけられるのも辟易としたし、お約束は2時間後。
ホームドラマか!?

3時間もダラダラと・・・。
3時間やるなら連続殺人じゃないと無理ではないか。
原作を改悪してまで3時間ドラマを制作するくらいなら、原作のまま2時間で良いではないか。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

新・浅見光彦シリーズシリーズ
「漂泊の楽人 越後~沼津・哀しき殺人者」 ネタバレ 感想~もこみちより光彦っぽい平岡祐太登場
「後鳥羽伝説殺人事件」 ネタバレ 感想~”かりんとう”だけでピンとくる?
「新・浅見光彦シリーズ 平家伝説殺人事件(3)」ネタバレ 感想~年の差キスは禁断の愛に見えちゃう
新・浅見光彦シリーズ(4)「華の下にて」ネタバレ感想~秘め事は墓場まで持ってって!

キャスト
浅見光彦:平岡祐太
笠原清美:市毛良枝

小林朝美:谷村美月

小林章夫:堀内正美

保田友久:尾美としのり

保田香菜:鈴木梨央

武上慶子:音無美紀子

武上清作:金田明夫

浅見陽一郎:石丸幹二

浅見雪江:竹下景子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加