『スカーレット』第59回 感想~直子はチューした!喜美子は?

スポンサーリンク

第59回(第10週)「好きという気持ち」

「スカーレット」感想はコチラ→

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

直子が落ち込んでいる理由。
その話の前に、喜美子も百合子も茶の間から追い出された。
二人は子供だから男女のことはわからないと言うのだ。
直子の帰郷の理由は「痴情のもつれ」。
直子は新人指導の牛田さんに”自分だけ”映画に誘われた。
映画は面白くなく寝てしもた。
起きたら牛田さんが直子の顔をのぞき込んだ。
だからチューをした。
でも牛田さんには彼女がいる。
牛田さんは直子のことを妹のようにしか覚えていない。

「好きになってしもてん。」
「好きな人ができるいうんは、自然なことやで。
お母ちゃんに言わしたら直子は正直者や。
自分の中の好きに気づいて、好きいう気持ちを大切にしたんやな。」

その頃、草間さんと飲んでいた常治は草間さんから貿易の仕事で台湾に行くと聞く。
その前に喜美子の絵付け火鉢を見て欲しいと頼まれ、翌日。
「絵付け火鉢」を見て、喜美子が物を作り出すことが好きなんだなと微笑む。
今は陶芸にも興味があると言う喜美子。
「お見合いもするんだね。」
浮かない顔の喜美子に、二人で妻に会いに行ったときのことを回想。
上手くはいかなかったがあれはあれで良かった。
「好きな人ができると世界が広がるよ。」
そんな言葉を残し、草間さんは直子を連れて東京に帰った。

喜美子は八郎の陶芸を見学。
しかし八郎の顔ばかりじっと見ていたので、とうとう八郎は川原さんもやってみます?
と土のこねかたから教えてくれる八郎。
なんとなく意識する喜美子。

直子・・・直子らしいと言えば直子らしいが、これから失恋のたびに電報を打って里帰りするなら、もっと近いとこで働け。
大阪くらいにしとけ。
交通費が勿体ない。
それに「痴情のもつれ」ではないしな。
3姉妹からの信頼が厚いマツ。
だからマツに寄り添って貰えて嬉しいのかねぇ、直子は。
マツの言葉・・・草間さんの言葉より軽い軽い。
そしてマツ、甘いわ。
喜美子がなんぼ稼いでも、常治と直子がいる限り火の車やな。
もし百合子が教師になれたとしても、常治と直子がいる限り、川原家は貧乏なままやな。
失恋して帰ってきたのはわかったけれど、直子は仕送りを何につかったの?
自分の給料は自分のもの、実家のお金も直子のものなのか?

で、草間さん。
貿易の仕事で台湾に行く。
絵付け火鉢を台湾で売ってくれ(爆)
草間さんは良い人・・・できないんですかねぇ。
これで当分、草間さんはでてこないんでしょうかねぇ。
草間さんと荒木荘の皆さんにはちょくちょく出てきて欲しい。

んでもって・・・喜美子。
ちや子さんがいないと自分の恋心にも気づけないんですな!
陶芸でラブラブと言えば、ゴースト(古い!)
もっともっと後から手を持たな!!と思いつつ。
八郎が言うように、こりゃ誤解されるぜ?

思いのほか、喜美子と八郎の恋に盛り上がれないワタシ。
さっさと結婚して、陶芸のお仕事を見たいな。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香(幼少期 川島夕空)
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ(幼少期 やくわなつみ)
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
十代田八郎・・・松下洸平
熊谷照子・・・・大島優子(幼少期 横溝菜帆)
大野信作・・・・林遣都(幼少期 中村謙心)
熊谷敏春・・・・本田大輔
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
深野心仙・・・・イッセー尾形

語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント