『あまんじゃく (2)』 ネタバレ 感想~はじける松本若菜!電王に原点回帰!?

スポンサーリンク

元外科医の殺し屋 最後の闘い


藤村いずみ「あまんじゃく」

あらすじはコチラ→

前半30分もせずにフグの毒で三波正昭(大鷹明良)を殺害。
10時前にはDV夫で悪徳取り立て人・啓介(中村俊介)を鼻からカテーテルを入れ脳みそに繋ぎ、サクッと殺害。
殺し終わった後、ホテルで三波の愛人だった煮雪梨花(松本若菜)と再会。
全てを知られている梨花にバラされたくなければ付き合って欲しいと言われる。
次の依頼は、妻・千代乃(大場久美子)の難病に悩む恩師・名和潤造(野口五郎)。
草原病で苦しんでいる妻を見ていられないので殺して欲しいと言う。
断るものの結局決行。
塩化カリウム溶液の点滴を打ち千代乃(大場久美子)を殺害する折壁嵩男(唐沢寿明)。

そんな時、嵩男のかつての恋人・梶睦子(木村多江)との息子・優雨がさらわれた。
椙山絵麻(柴本幸)は事情を話す。
相手はセルズ!←タイガーアイじゃなかった!
絵麻(柴本幸)はDV夫から逃れるための資金作りのため、妊娠をしたと言うのだ。
クライアントの精子と自分の卵子を組み合わせ、妊娠半年で中絶。
クライアントが糖尿病なら自分と同じDNAを持つ腎臓を手に入れることができる。
デザイナーベビーを作る為の巨大組織。それがセルズ!!
そこに登場した煮雪梨花(松本若菜)。
嵩男を監視していたのは、梨花だった。
そして梨花はなんとスィーイーエルエルエェス・CELLSのナカーマ!!!
組織の戦闘員の比留川(山中崇)らも登場し、絵麻(柴本幸)は連れ去られる。


嵩男は恩師・名和潤造(野口五郎)に呼び出された。
「君に頼んで良かったよ。」
名和は妻を殺したのが嵩男だと知っていた。
そして酒に薬を混ぜられ、意識が混濁する嵩男。
嵩男は拉致され、名和に拳銃を向けられる。
名和こそが組織のコミッショナー!
「オブリガード」
名和はためらいなく嵩男を撃ち殺す。

・・・CM開け、
相棒の弁護士・横倉義實(橋爪功)がマスクを用意していた。
なんと名和に殺された嵩男は嵩男のマスクをした比留川だった。
遺体が嵩男でないことに気づく名和。
本物の嵩男は逃げる途中、比留川のマスクをかぶった睦子(木村多江)と鉢合わせ。
給食当番風手術服のショッカーと梨花(松本若菜)が登場。
大立ち回り!
最後に残った梨花。
「クライマックスだぜ!!!」←電王の姉ちゃんだったなw
梨花、嵩男に胸をメスで刺され死亡。



とうとうコミッショナー・名和のもとへ。
なぜこんなことをしたのか。
「娘のためだよ。」
冷気の中の娘を見せる。
名和(野口五郎)は、娘を生き返らせると言う。
そのために最高のパーツを集める。
人を救う為に、20年前、何も出来なかった。
生まれつきの心臓病の娘を助けることはできなかった。
当時の日本は、子供の臓器移植が認められていなかった。
海外で臓器移植の順番を待っている間に亡くなった。
金を積めば順番を早められた。
富裕層へデザイナーベビーを提供し、資金を集めた。
「化学は医療を超える」

名和の狙いは娘とDNAのシンクロ率が高い優雨。
嵩男と自然に出会うために借金をしたり、妻をあの病院に入院させた。
「足りないフレッシュな臓器は貰う」

窮地に陥った嵩男と睦子だが、横倉義實(橋爪功)の機転でその場を救われる。
優雨と絵麻(柴本幸)を助ける。
再会を喜ぶ。
優雨にお父さんと呼ばれ、驚く嵩男。
息子を抱きしめると・・・瀕死の名和が嵩男を撃つ。
倒れる嵩男。

セルズは解体され、3ヶ月後絵麻は無事に出産。
嵩男の墓に手を合せる睦子と優雨。
しかし。。。嵩男は生きていた。
やたら下手クソなコイントスをする比留川の持っていたコインのおかげで(爆)

衝撃の「あまんじゃく」ネタバレ感想~高笑う伊藤蘭の二丁拳銃から1年半。
今回も視聴者を休ませない笑いの連発!!!

笑いすぎて、最初に何があったか思い出せないよ~。
「人間をチョコレートでコーティングすればしたいを気付かれずに運べるでしょう」
ってゲスなことを言っていたオッサン。
なんやってん。
ってか最初のエロはなんやってんw
中村俊介もあっけなく絶命。
自分が殺されかかっているのに、最初のオッサン三波正昭(大鷹明良)のように命乞いすることもなく、「殺すぞ!」と大口叩いているうちに絶命ww

ある程度、トンデモ演技が期待できる・・というか、絶対に後半悪に転じるやろ?って誰もが思っていた野口五郎。
もちろん予想通りの演技でした。
拳銃を持ったときのゴロンボったら、そりゃもう想像通り(爆)
この人はそういうの演る人じゃん。
山中崇さんもしかり。
鳴らない指笛。コイントス。ゲスのゲスのゲス井さん(@ごちそうさん)
この人も想定範囲内よ。

だけど!松本若菜さん!!
ぶっとばしてたねぇ。
ィーイーエルエルエェス・CELLS
以降、スゲーぶっとんだよ。
この人は元々、薄幸な役が多かったじゃん。
最近は悪役も演じることも少なくはないですが、こんな役する人ではないよね。
電王の面影ないじゃん。
って思っていたら、「クライマックスだぜ!!!」と電王を思い出させる。
最後は「ディスティーノ!」
死ぬ運命でした(爆)
よく笑わずに頑張った。
今日の松本さんは光ってたよ!

ほんでもって、生きてる唐沢寿明!!
んもう!!!あまんじゃくぅ~~~~!!!←どうしたw
よし、続編あるぞ!!!
もしかしたら木村さんのアクションタイムがないのかもしれないですが、続編はあるぞ!!!きっとw

いや、しかし。
ホンマ、おもろかったなぁ。
んで、マスク。
天地茂の明智小五郎シリーズを思い出す人が多いと思うんだけど、何十年も経っているのにあんまり進化しないんだなw
山中崇さんの顔で、木村多江さんの声のシーン。
これも笑けたわ~。満足満足!!!




にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

キャスト
折壁嵩男・・唐沢寿明
梶睦子・・・木村多江
三波正昭・・大鷹明良
椙山啓介・・中村俊介
宗村将史・・金田明夫
比留川茂・・山中崇
椙山絵麻・・柴本幸
煮雪梨花・・松本若菜
名和千代乃・大場久美子
名和潤造・・野口五郎
横倉義實・・橋爪功
ほか

コメント

  1. なお より:

    こんばんは
    エンタの神様でちっとも笑えず途中でやめてあまんじゃく見ました笑っ
    まうほんとに笑いっぱなし笑っ
    そうそう、前回も笑いっぱなしでしたよ、これ。何もかもがギャグ…?
    あの、鳴らない指笛で正解だったのですか?あのシーンから怒涛のギャグ?
    電王のお姉ちゃんの発音笑っ

    もうほんとに面白かったです。
    これ、もう少し消さないでとっておこうかな。

    木村多江は前回もあんなに動けるキャラでした?

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      今回も面白かったですね。
      小ネタ、拾えないくらい面白かったデス。
      鳴らない指笛もNGではなくOKなのが良いですw
      松本若菜さん、一皮むけました!!

      木村多江さん、初回もアクションシーンがありましたよ。
      でも木村さんはもう終わりなんですかね。
      「あまんじゃく」は続いて欲しいです!