『名探偵・明智小五郎』第1夜 ネタバレ感想~龍が踊れば明智が閃く。小ネタがストーリーの邪魔をする。

スポンサーリンク

『SHADOW~警察データベース流出!! 犯罪者連続殺人』』

あらすじはコチラ→

角田と言う男が殺された。
角田にいじめられ殺された兄を持つ寺崎真嗣が疑われる。
真嗣は角田殺害の当日、「あくるひ会」というサイトにアクセスしていた。
「あくるひ会は」犯罪被害者遺族が集うサイト。
チャットでは加害者に罵詈雑言を言う被害者遺族も・・・。

そこで真嗣も角田に対する罵詈雑言を書き込んだ。
そんな事を繰り返していたら、あくるひ会からメールが来た。
角田を代りに殺す。
報酬は受け取らない。
「あなたの復讐、代行いたします。
SHADOW」

復讐を依頼してしまった真嗣。

そんな時、3人の男がSHADOWに捕まる。
黒木、衣笠、佐藤。
いずれも少年犯罪を犯した人物だった。
誰に制裁を加えるかは、ネット中継を見ている一般の人々。

一方、あくるひ会が契約していたサーバーの契約者は野宮涼子(谷村美月)だった。
彼女もまた被害者遺族だった。

黒木、衣笠、佐藤が軟禁されていてる場所に気づいた明智たち。←小ネタが一杯あったのでいろいろ省略。
時限爆弾の装置解除したり、3人組の男と乱闘したり(明智が)、ゲームしたり・・・。
時限爆弾の装置は解除できた!

犯人は衣笠(忍成修吾)。
衣笠がSHADOW。

22年前、衣笠はひったくりをした。
女性は頭を打って死亡。
その女性は子供を宿していたが、お腹にいた赤ちゃんは無事だった。
その赤ちゃんが野宮涼子(谷村美月)。
出所して野間口徹が店長を務める熱帯魚店に勤めた。
毎月慰謝料を弁護士に送っていた。
17年、お金を送り続けた、
それは自己満足でしか無かった。
ある日、あくるひ会のサイトを見つけ、運営しているのが自分が殺した女性の娘だと知る。
名前を偽って登録。
それをきっかけに野宮涼子(谷村美月)とチャット話すようになった。
あるとき、衣笠の償いに意味があったのか聞いた。
「殺したい。
代行なんて必要ない、自分でやる。」

彼女はそう言った。

自分に復讐すると決めた衣笠。

犯人は捕まった。
しかしなんだかモヤモヤする明智小五郎と小林。



衣笠は警察と世間を巻き込んだのはなぜか?
人間爆弾椅子のプログラムが改ざんされていた。
黒木の爆弾装置だけ早く作動するしくみに変えられていたのだ。

SHADOWはもう一人いる。

黒木は少し前に週刊誌に追われていた。
そのとき、変な手紙きた。
「おまえも名前を捨てたのかそれで逃げられると思うなよ。」

山下由紀恵(奥貫薫)は、24年前に名前を捨てた。
名前を変えたきっかけは黒木が起こした無差別殺傷事件。
山下由紀恵(奥貫薫)は無差別殺傷事件の被害者の一人だった
当時の名前は山下聡美。
黒木は彼女を人質に3時間も逃げ回った。
その間、聡美の名前を何度も呼んだ。
彼女は無傷だったが、事件後、「聡美」と呼ばれる度に苦しくなった。
あのおぞましい黒木の声に震えた。

その後名前を由紀恵に変え、心理カウンセラーになった。
少年犯罪者をカウンセリングとしたが、無反省な子も多かった。
そんな子でも名前は公にならず守られる少年犯罪。
それが悔しい

そんな時、黒木が改名をしていると知った。
過去の罪をなかったことにしている。
元未成年犯罪者への復讐。
黒木に思い知らせたかった。
もう一人のSHADOWは山下由紀恵(奥貫薫)
殺したかったのは由紀恵(=聡美=奥貫薫)じゃ無い、世間のみんなだと言うことを!

衣笠には償いをしないかと持ち掛けた。
由紀恵が計画をたて、衣笠が実行。
衣笠が死んだあとは、復讐を受け継ぐ。
そのため前科者リストを盗んだ。

「彼(衣笠)とは死にたかったのではない、償いたかったのだ。
あなたにはわかっていて利用した。
あなたには同情します
だがあなたがやったことは許されることではない。」
と由紀恵を糾弾する明智。

衣笠も由紀恵との共犯を認めた。
そんな衣笠に接見した小林。
「罪を償ったあと、明智さんの事務所で犯罪捜査の働かないか。
本当に償いたいなら立派に更生できることを証明してください。」



SEとMOZUな人が多すぎてさ~。←そこ同列?
長谷川博己は出てこなかったけれど「長谷川」という人は出てきたよ。←誰に報告?
セリフの音量よりデカい効果音は辞めて欲しい。
そして龍のナゾ
なんで中華系?
そしてなんでかみ癖があるのか・・・。

明智小五郎の名前を借りずに制作した方が良かったのではないか?
その法が楽しかったかも。
BD集団の演劇コントももっと楽しく見られたかも。

楽しくないわけではないの。
木村ひさしさんの演出だし
小ネタが多いのも「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」と同じだし、わかる人がわかれば良いんだけど、イマイチさ~(苦笑)
ま、公式ツイッターもトンチキ路線だったしねぇ。

小ネタが多すぎるのは考えものなのよ。
肝心なストーリーの邪魔をするからさ。
深夜だと良いんですけど。
ツッコんだら負けなのもわかっているし。
小ネタが無ければ1時間で終われた。
だって主人公の明智小五郎がスーパーコンピュータなんだもの。
ちなみにワタシは「SHADOW」と聞いて、ブルーコメッツではなく、深キョンの「専業主夫探偵~私はシャドウ」を思い出した。←どうでも良い。

伊藤淳史は小林少年の役だと思っていたのに、明智小五郎とは初対面でした。

ワタシは小林少年(中年?)とズブズブの関係かと思っていたのに~。
そして文代さん(小五郎嫁)は、体が弱い美人だと思っていたら、バリキャリだったのも予想とは違う。

松本清張作品でも現代設定には無理がある。
江戸川乱歩や横溝正史なんてもっと古いけれど・・・どうですかねぇ。
今回のドラマはアレンジというレベルではない。
全く違っていた。
せめて金田一少年の事件簿くらいにとどめておいてくれたら・・・。

ストーリーはそこまでつまんないと思わなかったのに、小ネタが多いとこうなっちゃうもんか。
だけど西島秀俊ファンとしては、格好良かったよねぇ。
アクションも見られたし、文代さんが腹が立つという明智小五郎のニッコリ笑顔は大好物ですから。

一つ評価できるとしたら、一話完結だったこと。

完結していなければ、脱落する人が大勢いたと思う。
そして視聴率が良ければ、シリーズ化しそう。
原作はたっくさんあるしさ。
ま、江戸川乱歩の原作とは思えないくらい別モノだけどねw

『名探偵・明智小五郎』第2夜 ネタバレ感想~江戸川乱歩要素は「氷柱の美女」のみ?



にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

キャスト
明智小五郎・・・・西島秀俊
小林芳雄・・・・・伊藤淳史
羽柴壮二・・・・・池田鉄洋
桂正一・・・・・・大倉孝二
常川・・・・・・・長谷川朝晴
野上愛子・・・・・真飛聖
柴崎始花・・・・・上田遥
衣笠亮太・・・・・忍成修吾
野宮涼子・・・・・谷村美月
山下先生・・・・・奥貫薫
熱帯魚店店長・・・野間口徹

影のキーパーソ・・でんでん
黒電話・・・・・・生瀬勝久
小林真由美・・・・岸井ゆきの
真弓の母・・・・・ふせえり
今野・・・・・・・庄野崎謙

尾美としのり
宇田川副頭取・・・中尾彬
明智文代・・・・・石田ゆり子
浪越謙次朗・・・・香川照之
中野剛 谷充義ほか

コメント

  1. らんぜ より:

    はじめまして。
    アガサクリスティドラマの感想(マイナス感想)を求めてさまよい、辿り着いた先がこちらなので約1年経ちます。着眼点と突っ込み処がツボでして毎日訪問してました。
    明智小五郎と言えば天知茂!な私。CSでシリーズ放送も観たばかりなのでなんだかなあ~って感じでした(5分で脱落)。松本清張、赤川次郎などもリメイクで楽しめるモノは本当になくて。でも観ちゃうんですけど。でがっかりするの繰り返し。
    アガサクリスティは今年もありますね。tarotaroさんの記事を楽しみにしてます。

    • tarotarotarotaro より:

      らんぜさん、初めまして。こんにちは。
      1年も見続けて頂いていたなんて、光栄です。
      ありがとうございます。

      ワタシも天知茂版は好きです。
      ツッコミどころは満載ですが、今回のようなネタっぽさはなく、真剣に作っているからこそ面白いトンチキ感があります。
      時代も違うので、いろんな発見とエロとバイオレンスが混じっているのが楽しいですよね。
      ワタシは西島秀俊ファンなので、最後まで視聴しました。
      前半に比べラスト1時間は小ネタも弱冠抑えめでなんとか見ることが出来ました(苦笑)

      アガサ・クリスティは沢村一樹版でしたね。
      前回は渡瀬恒彦さんの遺作(厳密にはちがうかも?)で最後の独白シーンはしんみりした記憶がありました。
      今回はどうでしょうか???
      ドキドキしなが待ちたいと思いますw

      • らんぜ より:

        お返事ありがとうございます。
        ざっくりしたコメントでした。
        がっかりだったのは去年の天海さんと沢村さんのアガサドラマで。。
        渡瀬恒彦さんのが良かっただけに…。亡くなってもう2年経つんですねぇ。
        また沢村さんなので私もドキドキです^^

        トンチキ感!
        長年、天知版のファンとしてはこの言葉がぴったりだったりして。
        なんというか、やはり表現が上手ですねw

        • tarotarotarotaro より:

          らんぜさん、おはようございます。
          コメント、ありがとうございます。

          フジテレビのドラマは楽しかったです。
          渡瀬恒彦さんの遺作はホント、良かった。
          これは渡瀬さんの最期と重なってしまったのも・・・。
          しかし昨年のは酷かったです(苦笑)
          「大女優殺人事件」「パディントン発4時50分」 はもう。
          その後に見た「黒井戸殺し」の出来がよく見えたことw

          天知茂さんの明智小五郎美女シリーズは人気がありますが、地上波は無理ですよねぇ。
          あの脚本をそのままやっても、ウケそうにはないです。
          今回の作品はエセトンチキだったのかも(苦笑)