「相棒 season 16」 最終回 ネタバレ 感想~青木、特命に入るってよ!

スポンサーリンク

最終回2時間スペシャル 第20話「容疑者六人~アンユージュアル・サスペクツ」

あらすじはコチラ→

写真誌の記者・風間楓子(芦名星)が、エスカレーターから転落し、額を縫う怪我を負う出来事が発生。
現場に居合わせたのは、峯秋(石坂浩二)と美彌子(仲間由紀恵)、衣笠副総監(杉本哲太)と青木(浅利陽介)、内村刑事部長(片桐竜次)と中園参事官(小野了)の6人。
楓子は被害届をださなかったが、週刊誌が「警察の報復か?!」と報じた。
ネットに6人の素性がさらされた。

事件後、青木が男に突き落とされ階段から転落。
突き落とした男は、暴力団の構成員で檜山(遠藤雄弥)。
所属する風間燦王会はびトップは楓子の両親だった。
楓子の母・匡子(加賀まりこ)は娘が“傷物”にされたことに強い憤りを感じ、「犯人を特定して筋を通さなければ、若い衆が何をするか分からない」と口にする。。
次に、中園参事官(小野了)が風間燦王会の構成員・金剛地に突き落とされた。



右京(水谷豊)と冠城(反町隆史)は青木、刑事部長、副総監の3人に絞り込む。
二人は参事官に「事件を解決できるものならしてみろ。」と挑発されていた。
参事官は警察側の犯行を否定しているのに、一方で犯人を見つけろと挑発。
参事官は犯人を知っている。
参事官が告発し辛い人物が犯人。
この時点で、峯秋、美彌子が容疑者から外れる。
青木の詳しい供述調書からも峯秋、美彌子は容疑者ではないと推察された。
参事官は思わず犯人を
「女性を後ろから押すような卑怯者」
と形容した。
犯人は青木
副総監に正直に言えと言われ青木は情けない顔で
「呼び止めたんです。
傘でツンとしたら、転げ落ちた。
過失傷害です。」
と言い張る青木。

大河内春樹(神保悟志)にも「過失傷害」だと言い張る青木。
副総監は青木をかばう。
そして、青木は・・・特命送り。
青木が退場するのかと思ったのに・・・。
青木、特命係に入る!!
被害者は厳罰を望んでいないので、コレで終わり・・・。
加賀まりこだけが拳が折れるほど、青木を殴った様子・・・。

副総監は特命を潰す気なんだろうけど、青木はどうすんでしょうね。
警察嫌いなのに、なんで副総監が週刊誌嫌いだからって、青木がバツを与えたのか。どれほど親密なんだろ。
あの場面でなくても良かったのにさ。
特命、三人体制か~。
相棒三人??
そりゃ、コレで青木が退場だと、ダークカイトの二の舞だしなぁ。

でもやっぱり右京さん、優しすぎない?
あのなが~~いエレーベーターの上から落とすって、過失傷害ではなく殺人未遂だと思うけどね。

ダークナイトパパと呼ばれた峯秋にちょっと笑い、杉本哲太が大杉漣さんに寄せてセリフを言っているように感じて切なくなった。
大杉さんがいないのが寂しい。
でも後輩・哲太は頑張ってたなぁ。
ホント、大杉さんがお話になっているような、所作も大杉さんの雰囲気もあったもんなぁ。

昔、ドラマで加賀まりこが関西弁を話していてイラッときたことがあったのですが、今回も。
大阪弁と京都弁が合わさって見事に気持ち悪い関西弁でした。
正直、岩下志麻さんより・・以下省略。
檜山(遠藤雄弥)の関西弁も変で、徳井優弁護士が出てきてホッとしましたw

ま、何にせよ、冠城が次のシーズンも続投なのは決定。
半年後、青木がまたもとの部署に戻るかもしれないしね。
副総監との戦いは続き、美彌子さんはちょっと産休。
今回は最終回っぽくないお話でしたが、6人の中に犯人がいたことだけは良かった。
それにロシアのスパイよりは面白いと思う。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

「相棒season13~15」の感想はコチラ→
「相棒」season16~の感想はコチラ→
音楽はこちら

出演者
杉下右京………水谷豊  特命係・警部
冠城亘…………反町隆史 特命係・巡査
月本幸子………鈴木杏樹 花の里・二代目女将
伊丹憲一………川原和久 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二………山中崇史 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
角田六郎………山西惇  組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
青木年男………浅利陽介 サイバーセキュリティ対策本部・特別捜査官
益子桑栄………田中隆三 鑑識課・巡査部長
大河内春樹……神保悟志 警務部 首席監察官・警視正
中園照生………小野了  刑事部参事官・警視正
内村完爾………片桐竜次 刑事部長・警視長
日下部彌彦……榎木孝明 法務事務次官
衣笠藤治………大杉漣  警視庁副総監・警視監
社美彌子………仲間由紀恵 総務部広報課 課長・警視正
甲斐……………石坂浩二 警察庁長官官房付
ゲスト:加賀まりこ 芦名星 遠藤雄弥 とよた真帆




コメント

  1. saki より:

    こんばんはー。

    いま録画一時間経ったんですが、なんだか退屈でこちら見に来てしまいました。

    レンレンがいきなりの杉本さんですか。
    あまり違和感ないですが、ちょっとお茶目になってないかい(笑)

    薫ちゃん以外が3クールで終わったのに、
    反町さんは4シーズン目に突入ですかね。

    内村さんに黒い繋がりがあるとか、けっこう唐突ですねー。
    芦名さんも、実家がそういうとこなら、記者やってて、はちゃめちゃに切り込んでも怖くないよね。
    なんか記者として不公平な気もするのだけど。

    息子が犯罪者でも警察にいられるし、
    いろいろゆるいなぁとも。

    浅利くんは嫌いじゃないけど、怪しすぎるので退場してくれんかな?

  2. masa より:

    いい最終回だったけど、放送前から犯人が予想出来てしまったのが・・。
    初期からのレギュラーである内村部長と中園参事官を犯人にするとは思えないし、代役を立てたばかりの衣笠副総監をいきなり退場させるようなことをするとも思えない。
    峯秋と美彌子は、これまでのキャラ設定を考えれば、単なる傷害事件の犯人にしてまで退場させる理由が無い。
    そう考えれば、残りは一人しかいないのよね・・。
    まさか青木がラストで退場ではなく、特命係に来るとは思いませんでしたが。

    内村部長の裏の顔も分かりましたし、次シーズンが楽しみになりましたね。
    気の早い話ですが、次シーズンで反町さんが降板して、さらにその次のシーズンで青木が新相棒になるんじゃないかと予想してます。
    さすがに3人体制の特命係を2シーズンも続けるとは思えませんし、反町さんは次で4シーズン目ですからそろそろ限界でしょうしね。

    • tarotaro tarotaro より:

      masaさん、コメントありがとうございます。

      相棒らしいストーリーだと思いました。
      ただ2時間は使いすぎw
      加賀まりこのくだりは全カットでも良かったかもしれません。

      結局は目撃者が2人もいた単純な事件でしたね。
      青木は今回は退場しませんでしたが、次のシーンの初回SPあたりで退場してくれるかもしれません(願望)
      でもmasaさんのコメントのように、初回で冠城退場もあるかもしれませんねぇ。
      3人編成はバランスが悪そうですよね。
      内村部長の裏の顔は何かのフラグなんでしょうね。

  3. saki より:

    連投すみません。夜中だったからか書き散らかして訳わかんなくごめんなさい!

    一応寝落ちを繰り返しながら、最後まで見ました。
    上の方がおっしゃってるように、次が青木?
    っていうよりも、青木も裏の顔があるのでは? さすがに2回連続で裏の顔が見抜けない右京さんは節穴過ぎるでしょう…。

    でもって、名古屋人の私ですらイライラした関西弁。
    徳井さん出てきてくれて、私もほっとしましたよww
    加賀まりこはいいとしても、芦名さんって宮城とかだったような…。
    せめて西日本の人なら、ちょこっとなじみはあると思うのだけど(うちは土曜12時は新喜劇だったし)。

    そうそう、杉本さん、レンレンに近づけてきてましたよね…。
    「あれ?」って思った瞬間もたくさんあったもん。
    バイプレーヤーズでも最後うるうる来てしまいましたが、
    本当にたくさんの方に愛されてたんだなってしみじみ。

    • tarotaro tarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。
      2ついっぺんにコメ返させていただきま~~す♪

      杉本哲太さん、すごく演じにくかったと思うし、思うとところもあったでしょうが、素晴らしかったと思います。
      ちょっとお茶目w
      大杉さんに比べ、お若いですが、代役を立てて良かったと思います。
      今シリーズは副総監は重要な役ですしね。
      バイプレーヤーも大杉さんの愛をたくさん感じられました。

      噂のあった仲間さんが妊娠されましたしね・・・。
      水谷さんと反町さんは家族ぐるみのお付き合いとどこかで見ましたし、引き受けてくれる俳優も少ないのではないでしょうか・・・。

      ワタシも内村さんと暴力団の繋がりは唐突だと思いました。
      なんの説明もなく加賀まりこと会っていて。
      なんかのフラグなんでしょうか?

      浅利くんは演技が上手いので、余計にイライラしますよねぇ、青木!
      青木の企み、右京さんが気づかないわけないんですけど、ダークカイトには騙されたし・・・。
      青木と副総監の繋がりもよくわかりません。
      警察嫌いの青木がなぜ副総監とだけ仲がよいのか。

      最近、広瀬アリスちゃんの大阪弁がすこ~~し良くなってきたのですが、加賀まりこ、遠藤雄弥の関西弁はなんの冗談かお思いました。
      芦名星は全部関西弁じゃなくて良かったw
      方言指導はなく、演者の感覚で関西弁を話していたんでしょうね。
      方言指導をつけないなら、関西人を起用すれば良いのに。
      三重県はわりと関西色が強いと思っていたのですが、愛知でも土曜12時は新喜劇だったんですね~。

  4. 信濃のコロンボファン より:

    私には今回の内容が無理やりの気がしました、偶然だらけの展開、3組の警察官が同じホテル・同じ時間・同じエレベーターホールで鉢合わせ、そこに週刊誌記者が鉢合わせする、しかも雨の日に傘が無ければ起こらなかった事件。

    1番得をしたのは週刊誌記者かも、警察の弱みを握ったので優先的に情報を提供してもらえる?期待外れの内容でした、科捜研の女に期待します。

    • tarotaro tarotaro より:

      信濃のコロンボファンさん、コメントありがとうございます。

      偶然が多いのはこのドラマの常套手段ですよね。
      青木は何のためにあんな事件を起こしたのか。
      よくわからなかったです。
      2時間超は退屈でした。

  5. 頭が惨事官 より:

    先日の相棒、方言指導の人いますよ~
    いてもあんなもんということですね

    • tarotaro tarotaro より:

      頭が惨事官さん、コメントありがとうございます。

      方言指導ついていたんですか・・・。
      さじを投げてしまったんでしょうかw