「相棒 season 16」 第6話 感想~ラムネ回

スポンサーリンク

「相棒 season 16」 第6話『ジョーカー』

オープニング。
いつ見てもビーチフラッグみたいだ。

あらすじはコチラ→

元捜査二課の刑事・山田純大が、警視庁を訴えた。
山田純大の妻・幹子(宮本裕子)が半年前に歩道橋から転落死した一件について、警察は自殺と断定して捜査を打ち切ったが、早見は殺人の可能性を主張。
その後、知人に虚偽の目撃証言をさせた疑いで懲戒免職になった山田純大は、その処分は不当だとして損害賠償を請求していた。
山田純大の代理人は、特命係と禍根を残した弁護士・松尾諭だった。

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、幹子が本当に自殺だったのか大河内(神保悟志)と共同捜査を開始。
山田純大は妻が脅迫を受けていたといい、当時彼女がかかわっていた大規模な経営戦略プロジェクトを通して、不都合な真実を知ってしまったため、事件に巻き込まれたのではないかという。
その証言を受け、問題の企業を調べた右京と亘は、経理データ改ざんの痕跡を見つけた。

国税庁OB・根岸の脱税を告発するつもりだった幹子。
しかしそれ代議士の父に止められた。
脱税した金の一部が父に政治資金として流れていたのだ。
土下座してまで幹子に頼み込む代議士の父。

どうしても父親を告発することだできない父。

そんな中、根岸と会う幹子。

螺旋階段でもみ合う。
襲いかかってきた根岸を突き飛ばすと、螺旋階段から落ちて意識不明の重体になる。
根岸と会う約束を聞きつけた父がその場にやってきた。
警察に届けようとする娘を父が止める。
今、警察に通報されたら、政治資金のことがバレてしまう。
追い詰められる幹子。
ついに、経理データ改ざんをしてしまう。

意識不明だった根岸が死亡し、精神的に追い詰められる幹子。
その娘に
「お前が逮捕されたら、山田純大が犯罪者の妻」
になるぞとさらに追い詰める。

幹子が離婚を言い出したのは、警察官の夫に迷惑をかけたくないからだった。
その後、歩道橋から飛び降りる幹子。

幹子は自殺だった。



父親、クズ過ぎない?
こりゃ、右京さんがプルプル怒るのも当たり前だ!
娘が自殺するかもしれにあと思って、脅すかね。
やっすい大義だこと。

可もなく不可もなくってとこかなぁ?
ラムネ回。神保悟志は好きだからさ、満足っちゃ満足。

大杉漣VS石坂浩二

は、どう転んでも石坂浩二が勝ちそうではあるw
あの代議士が圧力をかけたのは、大杉漣なのかね?
叩けばホコリがでそうだな。

月曜日フリーザだった山田純大が今日は元刑事『信濃のコロンボ5「信濃の国」~殺人事件~』
どうしても月曜日の変な台詞回しの山田純大が頭から離れないぜ。

ゲストの弁護士役の松尾諭。
この人好きなんだけど、滑舌が悪いから弁護士役は似合わないなぁって思ったりw

もう心は来週ですw
来週は楽しそう!!

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

「相棒season13~15」の感想はコチラ→
「相棒」season16~の感想はコチラ→
音楽はこちら

出演者
杉下右京 ………水谷豊  特命係・警部
冠城亘 ………反町隆史 特命係・巡査
月本幸子 ………鈴木杏樹 花の里・二代目女将
伊丹憲一 ………川原和久 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二 ………山中崇史 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
角田六郎 ………山西惇  組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
青木年男 ………浅利陽介 サイバーセキュリティ対策本部・特別捜査官
益子桑栄 ………田中隆三 鑑識課・巡査部長
大河内春樹…… 神保悟志 警務部 首席監察官・警視正
中園照生 ………小野了  刑事部参事官・警視正
内村完爾 ………片桐竜次 刑事部長・警視長
日下部彌彦…… 榎木孝明 法務事務次官
衣笠藤治……… 大杉漣  警視庁副総監・警視監
社美彌子……… 仲間由紀恵 総務部広報課 課長・警視正
甲斐峯秋……… 石坂浩二 警察庁長官官房付

ゲスト
山田純大、藤田宗久、宮本裕子、松尾諭ほか




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする