「相棒 season 16 」 第3話 ネタバレ 感想~菊池桃子の可愛さにただただ驚く!

スポンサーリンク



「相棒 season 16 」 第3話「銀婚式」の殺意!!結婚25周年…妻の車椅子に秘められた愛憎劇を特命係が暴く!!

桃子、うさぎの耳になりたいな。
奇跡の49歳だな。
こりゃ、声もウィスパーボイスのまんまじゃ~~ん。
菊池桃子、好きだ~w

[あらすじ]

大手商社の専務・瀬川(川野太郎)の家の玄関に灯油がまかれる騒ぎが発生。「エスカレートしないうちに犯人を見つけてほしい」と峯秋(石坂浩二)から内々に頼まれた亘(反町隆史)は、右京(水谷豊)と連れ立って瀬川家に向かう。その道すがら、車いすが大破した事故現場に遭遇。車いすに乗っていたのは瀬川の妻・楓(菊池桃子)で、瀬川がちょっと目を離した隙に坂道を滑り下りてしまったらしい。幸い楓は軽傷で済んだが、右京は車いすに細工がされていた可能性を感じ、灯油の一件との関連を含めて調べ始める。すると、楓が銀婚式の招待状配布を急きょ取りやめていたことや、顧問弁護士の事務所を訪ねていたことが判明。右京たちは、楓が離婚を考えているとしたら、娘婿として現在の地位を手にした瀬川が、先手を打って妻の謀殺を狙っているのではないかと考えるが…!?
車いすの令嬢の命を狙う犯人は、地位に固執する夫?
送られなかった銀婚式の招待状に謎を解くヒントが!?
小さなトラブルが、やがて思いがけない運命を導く!

[HPから引用]

犯人は菊池桃子。

いや~ん。
桃ちゃんが犯人だなんて!!
太郎がクズなのに!!

事件は銀婚式の招待状が届いた夜に始まった・・・!

注文通りの招待状が来たにも関わらず気に入らないと言い出したのは・・・・。
宅配便のインターホンに出た際、夫と愛人の様子を見てしまったからだた。

川野太郎と秘書は5年間もの間愛人関係にあった。

あの日、妊娠が分かった夫の愛人(秘書)は、その事実をマンションのロビーで伝えた。

それでも桃子は
「子供のいる生活を選ぶなら、自分に止めることはできない。」
落馬のことで夫は苦しんできたのだと思った。
弁護士事務所を訪ね、離婚を進めようとしていた。

それから2週間たっても夫から離婚の話は切り出されなかった。
車いすが坂道を滑り下りてしまう事故が起きた。

夫の殺意を感じた。

と同時に、なぜ自分が眠たくなったのかと考えた。
25年前も、落馬をしたときもそうだった。
急に眠くなったのだ。

川野太郎は最初から、創業家の娘と結婚がしたかった。
そして今度は離婚するのではなく、菊池桃子が相続した金も欲しかった。

介護士の牧野も川野太郎の殺意に気づく。
車椅子には細工がしてあった。
川野太郎と菊池桃子を二人にしては危険だ。
牧野は、少年時代に前歴があった。
しかしそれを知っていて雇ってくれた菊池桃子に恩があった。

ビデオレターを撮る前に、すでに細工は済ませていた。
川野太郎は廊下全体を撮影する前、階段の上に立つ。
そこにはラグがあった。
ラグをテグスで細工し、車椅子をバックさせると、ラグが引っ張られるようにした。
鳴らないはずの柱時計が鳴り、河野太郎が気を取られた瞬間に、車椅子を勢い良くバックさせ、バランスを崩した川野太郎は転落。
テグスで穴が空いたラグをタバコで焦がして証拠隠滅をしていたところに、やってきた牧野。
ライターを落として困っていた桃子を助ける・・・・。






サスペンスあるあるが発動されれば、車椅子の菊池桃子は歩けるはずだったけど、歩けなかった。
歩けなかったけど、犯人だった。

川野太郎、ホント、クズ。
25年前からクズやなぁ~。

菊池桃子は傷物にしないと一緒になれないくらいお嬢様やったってことねぇ。

ずっと信じてきた愛情

それを裏切られたんだから、殺したくなるよね。←え!?

菊池桃子の可愛さだけで、突っ走った回だったけど、いつもの「相棒」って感じw
先週に比べれば良かった。
トリックつき殺人も昔の「相棒」って感じがしたわ~。
上層部が出てこないだけで、こんなにスッキリするなんて!!

あ、灯油をまいていた犯人は、川野太郎の愛人。

もう、ほんまにクズ。
愛人の子どもにも川野太郎の財産が行くと思うと、なんかなぁ切ないなぁ。

毎回、こんな「相棒」でいいんだけどなぁ。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

「相棒season13~15」の感想はコチラ→
「相棒season16~」の感想はコチラ→
音楽はこちら

出演者
杉下右京 ………水谷豊  特命係・警部
冠城亘 ………反町隆史 特命係・巡査
月本幸子 ………鈴木杏樹 花の里・二代目女将
伊丹憲一 ………川原和久 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二 ………山中崇史 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
角田六郎 ………山西惇  組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
青木年男 ………浅利陽介 サイバーセキュリティ対策本部・特別捜査官
益子桑栄 ………田中隆三 鑑識課・巡査部長
大河内春樹…… 神保悟志 警務部 首席監察官・警視正
中園照生 ………小野了  刑事部参事官・警視正
内村完爾 ………片桐竜次 刑事部長・警視長
日下部彌彦…… 榎木孝明 法務事務次官
衣笠藤治……… 大杉漣  警視庁副総監・警視監
社美彌子……… 仲間由紀恵 総務部広報課 課長・警視正
甲斐峯秋……… 石坂浩二 警察庁長官官房付

ゲスト
菊池桃子 川野太郎 ほか




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする