『にじいろカルテ』 第6話 ネタバレ 感想 ~村人の大合唱はちと怖い

スポンサーリンク

『拝啓お母さんへ…いま伝えたいことがある-届かぬ手紙の行方』

あらすじはコチラ→

倒れた真空(高畑充希)は恥ずかしい。
情けないと思う。
夜になり村の人達が診療所の前で歌を歌ってくれる。
笑い泣きの真空。
感動しすぎて眠れなくなった真空は、リビングで母に病気のことを話せない理由を語り出す。
真空は父親が亡くなってから母一人の家庭で、母は「ごめんね」が口癖だった。
一人親で行き届かないことがあると謝罪。
多分、病気の事を話すと
”こんな体に産んじゃってごめんね”と謝ると思う。
母は優しい人に出会って、ラーメン店を出店。
この病気のことを知ったら、自分の幸せを捨てて、なんとか娘のために尽くそうとするだろう。
自分だけ幸せになれないと言うだろう。
「そういう人なんで。。。言えない。」
太陽(北村匠海)は
「頑張り過ぎないで良いと思っています。
充分頑張っているし」
お母さんに心配かけないかなとかそんな責任を感じすぎないほうが良いと助言。



「病気って面白い」
太陽に励まされた真空は、悲しいことのほうが多いけどそれだけじゃない。
病気になることは悲しいことばかりではないと。
悲しい時に距離が近すぎて背負い過ぎちゃう事もある
でもこの病気をしてなかったら、ここにも来ていなかったし、みなさんに会うこともなかった。
「辛いこととか悲しいことばかりじゃないなぁって思ったりする」
「それをぜんぶ伝えてあげれば良いんじゃないか。
わかってくれるだろ?」
と朔(井浦新)
真空がお腹が空いたと言い・・・ドリアを食べる三人

真空は母に手紙を書いた。
”今私はとても幸せだから聞いて欲しい。”
難病のことを手紙に書いた。
そして幸せな村人のたちとのたくさんの写真も同封。

教えてくれてありがとう。
今がとても幸せなのは写真を見てわかる
とりあえずありがとうね。
と母からメールが来た。

雪乃(安達祐実)の記憶を確認する。
犬、猫、真空のこと・・・覚えていたのに。
雪乃は何歳かわからなくなっていた。


父さんんが亡くなって医者になると決意。
なのに自分のほうが先に死んじゃうかも知れないなんて。
母子家庭で医大まで出るのはスゴく大変だったと思う。
奨学金の返済もあるみたいだし。

真空のお母さん。
娘が幸せだと言っても、心配で心配で仕方ないだろうなぁ。
娘が心配かけじと写真を送ったり、手紙に記したりしてくれても・・・。
でも心配だろうねぇ。
辛いなぁ。

真空、朔、太陽のリビングは良いんだけど、大勢の村人が関わるとちょっと怖いなぁ。
真空を励ますためにみんなが合唱したのはわかるけど、暗闇の合唱は怖い。
病人は寝ていると言うのに・・・。
真空先生が感動していたので良かったけれど、ワタシのような心の汚い人間は「宗教みたいで怖い!」って思っちゃったよ。
よかれと思ってるのはわかってんだよ。
それが村人さんたちの優しさなのもさ。

光の当たりかたとか、小道具とか衣装とか・・・。
めっちゃ癒やされるんだよなぁ。
出てくる食べ物は全て美味しそう。
ま、ドリアは苦手なので今日は食テロなかったけど・・w

そしてモト冬樹の「トゲで死んだハゲ!」はアドリブだったんでしょうか。
ちょっと笑ってしまったよ。

来週は、安達祐実ちゃん。
そうじゃった。
半月おきくらいに記憶を無くすんだった。
個人的には水野美紀の夫、泉谷しげるの息子の行方が知りたい。←締め上げたいぜ!!!

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『にじいろカルテ』 第1話 ネタバレ感想 ~医者で患者は最強か
『にじいろカルテ』 第2話 ネタバレ感想~おにぎりすら美味しそう
『にじいろカルテ』 第3話 ネタバレ感想 ~認知症もまろやかなファンタジー
『にじいろカルテ』 第4話 ネタバレ感想 ~命の選別、トリアージ
『にじいろカルテ』 第5話 ネタバレ感想 ~村の時間の時間です
『にじいろカルテ』 第7話 ネタバレ 感想~過酷な結婚式
『にじいろカルテ』 第8話 ネタバレ感想 ~勘違いが勘違いを呼んで結束!
『にじいろカルテ』 最終話 ネタバレ感想 ~雨が降らないと虹はでない
主題歌
藤井風『旅路』

キャスト
紅野真空(高畑充希)
浅黄朔(井浦新)
蒼山太陽(北村匠海)
橙田雪乃(安達祐実)
橙田晴信(眞島秀和)
霧ケ谷桂(光石研)
霧ケ谷氷月(西田尚美)
緑川嵐(水野美紀)
緑川日向(中野翠咲)
緑川日出夫(泉谷しげる)
白倉博(モト冬樹)
筑紫次郎(半海一晃)
桃井佐和子(水野久美)
雨尾結城(池田良)
紅野一海(長野里美)

コメント