「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第3話 ネタバレ感想~トランスジェンダー役の戸塚純貴がリアル

スポンサーリンク

「愛の力」


『ディア・ペイシェント』南杏子

あらすじはコチラ→

千晶(貫地谷しほり)が研修医時代、何かと励まされていたバイトのてっちゃんが胃潰瘍で入院することになった。
てっちゃんはトランスジェンダーで香織(戸塚純貴)と名乗っていた。
病院にはトランスジェンダー患者のマニュアルがなく、香織は男性の病室に入ることになった。
様々な偏見と差別にさらされてしまう香織。
同じ部屋の患者の妻・阿知波悟美は特に厄介で騒ぎ立てる。
阿知波悟美は病院に抗議すると息巻く。
「子供の教育に悪い」
と言う阿知波悟美に浜口(内田有紀)が
「多様性を否定する大人のほうが教育に悪い」
と言い換えされしょぼん。
しかし香織は恋人が自分のためと言い阿知波悟美に抗議したことを許さなかった。
何かと理由をつけ、別れを切り出す香織。



退院の日、千晶は恋人を呼ぶ。
恋人は自分の家族に会わせ、嫌な思いをさせたことで香織を追い詰めたことを反省していた。
家族より香織を優先すると誓う。
そんな恋人を香織は背負い投げ!
家族思いの恋人が好きだった。
香織はやっぱり別れることを選んだ。
追いかけた千晶。
香織は号泣し、良い人だから、それがわかっているから別れるのだ。
香織自身も20才で女として生きると決めてから一家離散となってしまった。
恋人にはそうなって欲しくない。
普通に結婚して子供が欲しい。
自分もそういう思いがある。
だから別れるのだ。
「女のくせに女心がわかっていない」
と叱られた千晶。

千晶が医局に戻ると、金田(浅香航大)に座間(田中哲司)のHPを見せられた。
「魔の千晶」と写真付きで千晶に対する罵詈雑言が書かれていた。

戸塚純貴くん。
声が素敵だったわね。
戸塚純貴くんの地声とは全然ちがって、トランスジェンダーだった。
リアルティがあったわ。
ただなぁ、ハッピーエンドでも良いのにって思ってしまった。
女性として生きることで、自分は家族を壊してしまった。
理解のない父親。
理解のある母親。
二人は別居中。
だけどさ。
トランスジェンダーの恋愛って、大抵最後には女性になりたい人が身を引くのよ。
彼は香織が好きなので身を引く必要はないのよ。
なのに・・・・反対されたから別れる。
彼を思って!
それはもうないよ。
そんな綺麗ごとじゃないよ。
みんなに祝福されなくても、家族とは会えなくても好きな人といないさいよ。
そんな風に思ってしまったよ。


で、座間。
またまた怖いわねぇ。
HPまで作っちゃって。
同僚の浅香航大。
結構、楽しげに貫地谷しほりちゃんにHPの存在をチクってたね。
普通、もっと心配しないか?
あれは誹謗中傷だし、営業妨害じゃん。
浅香航大、ニラニラしながらHPを見せていたので、お前は共犯なのか?って言いたくなってしまった。
とにかく最後は座間で終わるだな。
不気味な座間で。
なんで深夜に病院に出入りできるのか。
その理由も知りたいが、座間の件は最終回まで引っ張るんだろうな。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌: 宮本浩次「P.S. I love you」

その他の感想はコチラ
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」 第1話 ネタバレ感想~2月に撮影開始でも・・・
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第2話 ネタバレ感想~ひたすら田中哲司が怖い。
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」 第4話 ネタバレ感想~院内裁判が怖い
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」 第5話 ネタバレ感想~介護士の暴言
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第6話 ネタバレ感想~ワンオペ育児に夫の不倫
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」 第7話 ネタバレ感想~陽子先生の死
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第8話 ネタバレ感想~訴訟取り下げ。もう誰も死なないで。
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」第9話 ネタバレ感想~座間に拒否される千晶先生
「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」最終回(第10話) ネタバレ感想~月3万円と治療費でモンスターペイシェントに
キャスト
真野千晶・・貫地谷しほり
浜口陽子・・内田有紀
座間敦司・・田中哲司
金田直樹・・浅香航大
真野万里・・高梨臨
沼田晋也・・浜野謙太
吉良大輔・・永井大
浅沼知恵子・鷲尾真知子
高峰修治・・升毅
西園寺光隆・竜雷太
佐々井宗一郎・石黒賢
真野佑子・・朝加真由美
蓮見勇夫・・平田満
真野徹・・・伊武雅刀

笠松将,小川紗良,戸塚純貴,松澤一之,阿知波悟美,

コメント